2014/06/21ヨーロピアンツアー公式

イロネンが首位を堅持

」。 2009年のカウンティーロースではプレーオフの末にシェーンローリーに敗れたロックだったが、当時ローリーはまだアマチュアだった為、ロックは優勝賞金の50万ユーロを手にしており、2006年は5位に、昨年…
2013/02/22PGAコラム

アクセンチュアマッチプレー選手権2日目 レビュー

しまったのだ。 ドーブマウンテンは、既におかしなことになっていたのだが、そこにはびっくりするような結末があった。シェーンローリー(アイルランド)が18番ホールで4フィートのパーパットを決めて
2017/03/23ヨーロピアンツアー公式

復調のケルドセンがマキロイを撃破

から、ここへ帰ってきてプレーしたいと思っていた」とカブレラベロー。 グループ7では、セルヒオ・ガルシアとシェーンローリーが熱戦を繰り広げ、アイルランドのローリーが最終ホールで勝利を決める1.8メートル
2015/11/02ヨーロピアンツアー公式

デュビッソンがトルコで再びタイトル奪取

、ピーター・ユーラインと並ぶ6位タイで大会を終えた。シェーンローリーはその1打後方の通算15アンダーで大会を終え、更に1打後方にはリー・スラッテリーが入り、続く通算13アンダーの単独10位には
2020/04/27ツアーギアトレンド

世界トップ50の最新セッティングはこれだ!

.ウッドランド 19 L.ウーストハイゼン 20 Sh.ローリー 21 T.ハットン 22 松山英樹 23 任成宰 24 P.ケーシー 25 M.フィッツパトリック 26 B.ヴィースベルガー 27 R
2016/05/19ヨーロピアンツアー公式

アイルランドオープンの思い出深きシーン10選

してホールインするのを見届け、新車をゲットしたのである。 ■シェーンローリーがアマチュアとして2009年大会を制覇 リーダーボードのトップに立つだけでなく、プレーオフでロバート・ロックを下して
2015/06/26ヨーロピアンツアー公式

輝きを放ったカブレラベロー

・カイマー、そしてアイルランドのシェーンローリーと共に、注目のグループでラウンドしたステンソンは、バックナインからスタートすると、11番と12番で連続バーディを奪う理想的なスタートを切るも、319ヤードの
2013/09/29ヨーロピアンツアー公式

輝き続けるユーライン

・カイマー、リチャード・マケボイ、そしてカーヌスティの最終ホールでボーギーを叩いたにも関わらずコースレコードと同スコアの「64」をマークしたアイルランドのシェーンローリーらが続いている。 イギリスのポール
2014/11/22ヨーロピアンツアー公式

ドバイで輝きを見せたステンソン

有利になっちゃうからね」 183ヤードを6番アイアンで打って見事ホールインワンを達成したシェーンローリーは、自身にとってヨーロピアンツアーで初の快挙を遂げ、これにより首位に1打差までせまったものの
2015/11/23ヨーロピアンツアー公式

マキロイがドバイでダブル制覇を達成

を終えている。 ジャスティン・ローズは「レース・トゥ・ドバイ」を4位で終え、その後はシェーンローリー、ルイ・ウーストハイゼン、アン、サリバンという順位になった。 年間トップ10残りの2枠には9位に
2019/08/05ヨーロピアンツアー公式

「レース・トゥ・ドバイ」シーズン中間総括

の年間ポイントレースで浮かび上がった鍵となるストーリーラインは次の通りである。 シェーンローリーがリード キャリア最高のシーズンを送っているシェーンローリー(アイルランド)が、主に
2015/11/14ヨーロピアンツアー公式

得意な舞台は中国? ビェルレガードが奪首

」で回り、ルイ・ウーストハイゼンと並んで通算3アンダー。ジャスティン・ローズは通算5アンダーで週末を迎えることとなった。 一方、3位のシェーンローリーは6番でトリプルボギーを叩くなど「75」と振るわ
2015/10/31ヨーロピアンツアー公式

バンジルがトルコで首位の座をキープ

としてスコアを伸ばすも、10番でトリプルボギーを叩き、その後、13、15、17、18番とバーディを奪って盛り返し、2日目を「66」でラウンドし通算スコアを6アンダーとした。 シェーンローリーも通算6
2015/11/12佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑178>ダウィー・ファン・デルバルト

ランク3位となり、今季からPGAツアーへ昇格、初めてフル参戦する。ツアーの巨漢トリオ、米国のケビン・スタドラー(115キロ)、ジンバブエのブレンドン・デ・ヨング(105キロ)、アイルランドのシェーン
2017/03/24ヨーロピアンツアー公式

ケルドセンがマキロイ押しのけベスト16進出へ

ことになるからね。胸が躍るよ」 グループ7では、ラームが2&1でシェーンローリーを下し、今大会での全勝をキープした。 ローリーがティショットをミスした4番で先行した22歳のラームは、6番のボギーで一旦