2020/02/26ニュージーランドオープン

日本勢17人がエントリー 女子メジャー覇者も参戦

(スウェーデン)も、男子プロが並ぶリストに名前を連ねた。 前年大会はザックマレー(オーストラリア)が単独首位から逃げ切って優勝。プロのストローク競技と並行して、プロ1人とアマチュア1人がチームを組んでプロアマ
2020/01/17ザ・アメリカンエキスプレス

ファウラーが1打差3位 ブレアとマレー首位

、カリフォルニア州) 隣接した3コースを舞台とするプロアマ形式の大会。29歳で初優勝を目指すザック・ブレアがラ・キンタCCで8バーディ、ノーボギーの「64」。8アンダーでグレイソン・マレーと並んで首位
2019/03/03ニュージーランドオープン

星野陸也と時松隆光は5位 21歳のマレーが優勝

) 単独首位からスタートしたザックマレー(オーストラリア)が1イーグル4バーディ、2ボギーの「68」とし、通算21アンダーで優勝を飾った。後半13番(パー5)でイーグを奪うなどバックナインで3つ伸ばし
2019/03/02ニュージーランドオープン

時松隆光と市原弘大が首位に3打差 星野陸也「63」で6位浮上

) 最終組で出たザックマレー(オーストラリア)が5バーディ、3ボギーの「70」でプレーし、通算17アンダーで単独トップをキープして最終日に臨む。地元のジョシュ・ギアリー(ニュージーランド)が通算16
2019/03/01ニュージーランドオープン

時松隆光が2位で週末へ 市原弘大、竹谷佳孝も好位置キープ

から出たザックマレー(オーストラリア)が、ヒルズを1イーグル6バーディ、1ボギーの7アンダー「65」でプレーして、通算15アンダーの単独首位。同じく首位から出た時松隆光は、ミルブルックをプレーして4
2019/02/28ニュージーランドオープン

時松隆光が首位発進 市原弘大は2打差4位

初日、8アンダー「64」で回った時松隆光が、ザックマレー(オーストラリア)、地元のハリー・ベイトマン(ニュージーランド)と並び首位発進を切った。2打差の6アンダー4位に市原弘大が続く。 5アンダーの