2011/10/15ポルトガルマスターズ

S.カーンが単独首位!カイマー、ハリントンは予選突破

◇欧州男子◇ポルトガルマスターズ2日目◇オセアニコヴィクトリアGC(ポルトガル)7,231ヤード(パー72) 首位と1打差の2位タイからスタートしたサイモンカーン(イングランド)が、2つのボギーを
2008/07/13The Barclaysスコットランドオープン

S.カーンとG.マクドウェルが首位に浮上!

スコットランドのグラスゴー、ロックロモンドで開催されている、欧州男子ツアー第31戦「The Barclaysスコットランドオープン」の3日目。サイモンカーン(イングランド)と、グラエム
2007/07/01フランスオープン

S.ハンセンが単独トップに!S.カーンが1打差で追う

「66」でラウンド。通算7アンダーとしてトップに立った。 これを追うのは前日トップのサイモンカーン(イングランド)。カーンはこの日、3バーディ、2ボギーとスコアを1つ伸ばすにとどまり一歩後退、通算6
2004/06/05ケルティックマナーリゾート・ウェールズオープン

S.カーンが「61」を叩きだして単独首位!佐藤は大乱調

ヒートアップしてきた。 大会2日目、ベストスコア「61」をマークし首位に踊り出たのは、サイモンカーンだ。出だしから怒涛のバーディラッシュを披露したカーンは、5番パー5でイーグルを奪取し、前半「27」の
2007/07/27ドイツバンク プレーヤーズ選手権 of ヨーロッパ

手嶋多一が好スタートを切る! 単独首位はS.カーン

欧州男子ツアー第32戦「ドイツバンクプレーヤーズ選手権ofヨーロッパ」が、ドイツのグート・カーデンで開幕。初日首位に立ったサイモンカーンを始め、上位をイングランド勢が独占した。 1番から連続
2004/06/07ケルティックマナーリゾート・ウェールズオープン

P.ケーシーは逃げ切れず S.カーンが逆転優勝

・ケーシーだったが、思うようにスコアを伸ばせず、2位につけていたサイモンカーンとの一騎打ちになった。 前半から順調にバーディを積み重ねたカーンは、16番パー4でバーディを奪い通算21アンダーで首位にたった…
2013/06/05ヨーロピアンツアー公式

5月の月間最優秀選手賞に輝いたマナッセロ

・ウォーレンを破り、そしてイングランドのサイモンカーンを4ホール目で破って勝ち取った。そしてモエ・シャンドンのシャンパンとトロフィーを手にした。 2009年にアマチュア選手権でイタリア人として初の
2013/10/02ヨーロピアンツアー公式

セベトロフィーへの初参加を楽しむカーンとオルセン

サイモンカーンとトービヨン・オルセンは共に、今週のセベトロフィーへの初出場を喜んでいるが、彼らはそれぞれ日曜の(最終日の)夜の異なるエンディングを思い描いている。 カーンはサン・ノム・ラ
2016/02/05レオパレス21ミャンマーオープン

矢野東が首位に2打差で決勝へ 2週連続V狙うソンは3差

したショーン・ノリス(南アフリカ)とSSP.チャウラシア(インド)の2人が通算12アンダーとして首位で並んだ。サム・ブラゼル(オーストラリア)、ラシド・カーン(インド)が1打差の3位タイにつけた
2013/07/12ヨーロピアンツアー公式

スコットランドでのお手本を示したパリー

試合で予選落ちを喫していたが、26位で終えた全米オープンをきっかけに調子を上向きに。その後ドイツでもトップ10入りを果たし、今大会は8バーディを奪うゴルフで同胞のサイモンカーンに1打差で首位に立った
2013/10/03ヨーロピアンツアー公式

最多出場記録を光栄に感じるヒメネス

とても高い。ゴンザロと一緒にプレーできることをとても楽しみにしているよ」 サイモンカーンと組み、イタリアのフランチェスコ・モリナリ/マッテオ・マナッセロ組と3番目のマッチで戦うイングランドのポール
2014/03/02セイルSBIオープン

ラシード・カーンが地元インドでツアー初優勝

カーンだった。その後はサスペンデッド続きとなった大会で首位の座をキープし、最終日こそスコアを1つ伸ばすにとどまり、通算18アンダーで並んだシディクール・ラーマン(バングラデシュ)とのプレーオフ1
2013/10/05セベトロフィー by GOLF+

英国・アイルランド選抜が1ポイント差に迫り後半戦へ

・オルセンの大陸ヨーロッパ選抜と、ポール・ケーシー&サイモンカーンの英国・アイルランド選抜の対戦。カーンが3番でバーディを奪って1アップとすると、ケーシーも攻勢をかけ3アップと差を広げて主導権を握った
2013/10/04セベトロフィー by GOLF+

7大会ぶりのタイトル奪還を狙う大陸ヨーロッパ選抜が好発進

・マナッセロのイタリアコンビと、英国・アイルランド選抜ポール・ケーシー、サイモンカーン(ともにイングランド)の対戦は両者譲らぬ一進一退の攻防で、オールスクエアとしポイントを分けた。 続く第4試合、大陸
2014/05/21ヨーロピアンツアー公式

ウェントワースでの特別な1週間を楽しみにしているマナッセロ

・ウォーレンとサイモンカーンを制して、イタリアのマナッセロは、史上最年少でヨーロピアンツアーにおける最も重要な大会での優勝を果たした。 それは当時20歳だったマナッセロにとってヨーロピアンツアーでの4