2014/12/26中古ギア情報

RBZ、X-HOTが起こした“スプーン革命”の余波

-HOTは鍛造カップフェース構造という、フェースの反発をルールギリギリまで高める技術を投入し、ボール初速UPを追及したモデル。どちらも爆発的な大ヒット。そんな新たな流れにより、頑固なツアープロたちの
2014/10/08ギアニュース

ワークス、“ちょい不良オヤジ”ジローラモ氏を起用

”へ、ワイルドな飛びを。」をアピール。 シニア日本記録404ヤードの遺伝子をもつ『マキシマックス』 2014年3月に発表した3代目『マキシマックス』は、シルバーカラーのルール適合モデルと、ゴールド
2014/10/06ギアニュース

『ナナメッティ』に蛍光色モデルを追加

見つけやすいだろう。また前作同様、無駄なスピン量を減らし、通常のティアップよりも4・7ヤードの飛距離アップを実現したという。R&A承認済みで、公式競技ルールでも使用可能なアイテムだ。 ボールやクラブに
2014/09/16マーク金井の試打インプレッション

ブリヂストン J715 B5 ドライバー

、スイング中にフェースを開閉させて打ちたくなるドライバーである。 そしてB3同様、このB5もフェースの弾き感が心地良い。ルール適合ドライバーであるがボールの初速が出やすく、芯を喰うと自分のイメージより
2014/08/29中古ギア情報

“6本縛り”の試合でツアープロは何を選んだ!?

プロなど有名プロも多数参加した豪華な試合となった。 ゴルフルールでは14本となっているが、プロは6本縛り。どんなクラブを選ぶのか!?プロ自身とても悩むのではと思ったが、塚田プロは「全然悩まなかった
2014/08/19マーク金井の試打インプレッション

ブリヂストン J715 B3 ドライバー

J715 B3 ドライバー。ヘッド体積はルール最大級の460CCあるが、見た目はそれほど大きく感じない。黒くて光沢感があるヘッドは塊感があり、なおかつディープフェースが採用されているので引き締まって
2014/07/22マーク金井の試打インプレッション

つるや GOLDEN PRIX X9 ドライバー

ブランドであるゴールデンプリックス。その最新モデルとなるのが今回試打するゴールデンプリックス X9 ドライバー。ヘッド体積はルール最大級の460cc。ブラック仕上げのヘッドはオーソドックスな丸形で
2014/07/11ギアニュース

発売前に話題の『G30』が打てる!関東・西でコンペを開催

。同素材は、これまでにない超軽量高強度の素材だという。その結果、劇的に軽量&薄いフェースが完成。前作比センターで約7%、周辺部で約10%の薄肉化に成功したとか。フェースの反発性能(ルール適合内)を高めた
2014/07/08ギアニュース

ドラコン世界大会4年連続優勝ドライバーが日本上陸

/s前後のゴルファーまで幅広いユーザーを対象にしている。 USGA、R&Aともにルールに適合しており、世界中のすべての公式戦で使用可能。工房向けにヘッド単体での販売も行うので、ドラコンプレイヤーのみ
2014/07/02ギアニュース

日韓両ツアーを『i‐EZONE』使用選手が快走

KAIZA(レクシス・カイザ)」。先述したハワイの大会では、360ヤード越えのドライバーショットに同伴競技者から、ルール違反ではないかと指摘を受けるほどだったとか。 「ヨネックスのクラブなら、自分のプレーをし
2014/06/17ギアニュース

『飛王 PREMIUM』シリーズを発売

ユーティリティ『ENA 飛王 PREMIUM Utility』(3万2000円)は、振りぬけの良さを重視した、ラウンドソール設計。番手はU4(19度)・U5(22度)・U6(25度)。 最後に、新溝ルール適合の
2014/06/13ギアニュース

船橋市非公認キャラのふなっしーが非公認ボールで登場

にプリントされたファスナーは、パターのライン合わせに利用できるなど、機能面でも充実している。 同商品はキャラクター同様、非公認球で2ピース。公認にはゴルフ規則の「付属規則III球」の条件を満たし、認定
2014/05/20マーク金井の試打インプレッション

本間ゴルフ BERES S-03 ドライバー

。 まずはシャフトの硬さに合せて軽めにスイングで打ってみると、「シュパーン」という澄んだ響きの金属音。フェースの弾き感が非常に強い。ルール適合モデルだが、高反発ドライバーを打った時のような鋭い弾き感が
2014/05/07ギアニュース

ゴルフ用品販売技術者講習会 第39期受講生募集

フィッティング:清水俊充(ミズノ)12.ゴルフ用具規則:大久保裕司((公財)日本ゴルフ協会 用具規則担当)13.ツアープロのクラブサポート:女部田真弘(ミズノ)14.接客技術:渡辺満枝(E…
2014/03/17ギアニュース

格調高いゴールドの輝き『GIII SIGNATURE』誕生

ハイパーチタン」をフェースに採用。SLEルール規制当時の基準値(0・830)を遥かに上回る同社過去最高レベルの反発係数0・875を実現。圧倒的なボール初速と最適な重心設計により生み出される低スピンの強弾道が未知
2014/03/13ギアニュース

2年振りのRYOMA高反発ドライバー

リョーマゴルフは3月11日、都内ゴルフ場(江戸川区)で3月22日から発売する高反発ドライバー、MAXIMAレフティドライバー(SLEルール適合)、ユーティリティ、パターの新製品メディア試打会を行った