2016/11/25ツアーギアトレンド

池田勇太が使用する1Wが販売停止 ツアーでの継続使用は?

停止すると発表した。ゴルフルールを統括するR&Aから、同クラブが反発規制ルールに違反している可能性への指摘を受けてのものだが、この発表にツアー現場がにわかにザワめいた。賞金王争いをリードし、この日通算8
2015/05/07ギアニュース

話題の『アキュロックパター』がいよいよ上陸!

、今回、ダイヤコーポレーションが国内代理店として担う。すでに、米PGAツアーで活躍するヒース・スローカム選手が使用中のモデル。無論、ゴルフ規則に適合している。 アキュロックパターが注目されるのには理由が
2010/12/22ギアニュース

『挑戦者、求む!』GLFが開幕!

】 ●GOLFZON Live Festival 【予選期間】 ●12月18日(土)~1月23日(日) 【予選ルール】 ●ザ・サザンリンクスGC OUTコース(9Hスストロークプレー) ※予選期間中
2010/06/08ギアニュース

女性のためのゴルフ入門講座

グローブ1枚 ■内容:クラブの握り方からゴルフスイングの基本レッスン、コースラウンド実践レッスン(3ホール前後)、楽しくゴルフを覚えるためのルール・マナー(エチケット) ■指導:ダンロップゴルフ
2014/08/29中古ギア情報

“6本縛り”の試合でツアープロは何を選んだ!?

プロなど有名プロも多数参加した豪華な試合となった。 ゴルフルールでは14本となっているが、プロは6本縛り。どんなクラブを選ぶのか!?プロ自身とても悩むのではと思ったが、塚田プロは「全然悩まなかった
2016/12/19ギアニュース

プロギア「RS-F」ドライバーに、R&Aルール不適合裁定

したと発表した。 RS-Fは今年8月26日に発売され、今期の国内ツアー賞金王の池田勇太も使用した人気ドライバー。同社は、世界のゴルフルールを統括するR&Aから、SLEルール(反発規制ルール
2013/09/13中古ギア情報

プレーオフに強い秘密はパターにあった?

、グリップエンドを体にくっつけて打つ(固定式ストローク)、いわゆるアンカリング・ストロークをルールとして禁止する新規則14-1b(アンカリング・ストローク)が、2016年1月1日からすべてのレベルの
2017/08/18ギアニュース

キャロウェイが「エピック」アイアンを9月に発売

、すでにテストを行い、「スター アイアン」7番を使用して193.8ydを記録(※現在使用中の「APEXアイアン」7Iでは155yd)。「3番手ぐらい違う感じ。違反(ルール不適合)並みの飛びです」と話す
2009/06/23ギアニュース

こんな時代だから意外なモノが売れる

:ホワイト/ブラック ■サイズ:21cm~26cm(6サイズ)■全天候型:R&Aルール適合品 このような値ごろ感のあるアイデア商品の動きはいい。典型的な商品としては、エムアイティインクのスイング矯正
2014/07/02ギアニュース

日韓両ツアーを『i‐EZONE』使用選手が快走

KAIZA(レクシス・カイザ)」。先述したハワイの大会では、360ヤード越えのドライバーショットに同伴競技者から、ルール違反ではないかと指摘を受けるほどだったとか。 「ヨネックスのクラブなら、自分のプレーをし
2014/12/26中古ギア情報

RBZ、X-HOTが起こした“スプーン革命”の余波

-HOTは鍛造カップフェース構造という、フェースの反発をルールギリギリまで高める技術を投入し、ボール初速UPを追及したモデル。どちらも爆発的な大ヒット。そんな新たな流れにより、頑固なツアープロたちの
2011/01/13中古ギア情報

名器だけじゃない!中古ドライバーの選び方 フッカー編

大きくなると必然的に重心距離(シャフト軸線上からヘッドの重心までの距離)が長くなってしまうためだ。ヘッドの容量(大きさ)が460ccとルールで定められたため、460cc以上の大型化がルール上できなくなった
2014/01/31中古ギア情報

スピードゴルフで絶対外せないクラブとは

する速さ「スピード」と、ストローク数「スコア」を争うスピードゴルフ。速く走るためには当然クラブは少ないほうがいいのだが、スコアを考えると、あまりクラブの本数は減らしたくない。スピードゴルフルールでは
2011/01/20中古ギア情報

冬こそ中古ショップで大胆チャレンジ

。オートマチックに打てる長尺パターは、シニアのプロはルール規制されたらどうしようと心配になるぐらい良いらしい。ただじっくり練習する期間が必要。冬の間自宅で練習して、自分のモノにすればシーズン開幕猛ダッシュできる
2015/07/24中古ギア情報

“ぶっ飛び系アイアン”でゴルフが変わる!?

の反発もルール規制に迫る高反発を実現し、飛距離を追求しているのだ。飛んでボールが上がる魔法のようなアイアン、それが“ぶっ飛び系アイアン”なのだ。 そんな“ぶっ飛び系”の中でも人気の高い『ヤマハ イン