2007/03/27マスターズ

惜しくも「マスターズ」出場を逃した有力選手たち

1996年以来となる。 デビッド・デュバルは、98年からの4年間で2位が2回、3位が1回と「マスターズ」で活躍を見せたが、過去4年続けて予選落ちに終わっている。 「マスターズ」でトップ10が3回のコーリー
2007/02/11AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ

P.ミケルソンが首位の座をキープ!K.サザランドが並走

、首位の座をキープしたミケルソンを捉えている。 通算13アンダーの単独3位には、スコアを4つ伸ばしたジョン・マリンガー。通算9アンダーの4位タイにコーリーペイビンとデービス・ラブIIIが浮上している
2007/02/09AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ

P.ミケルソンら3人がトップに並ぶ! V.シンは81位タイと出遅れる

アンダーの4位タイには強豪のジム・フューリックら3人がつけ、4アンダーの7位タイにはディーン・ウィルソン、コーリーペイビンら11人が顔を揃える大混戦となった。 その他の注目選手では、トム・ワトソンが2
2004/08/27ビュイック選手権

C.ペイビンが8アンダー首位、田中は6打差16位スタート!

ていたため、今週はランキング上位勢が揃って欠場。若手にチャンスと思われたが、初日はベテランがゲームを引っ張った。 首位に立ったのは、メジャーチャンピオンのコーリーペイビン。2番パー4でチップ
2006/01/31ビュイックインビテーショナル

タイガー・ウッズ“プレーオフ”では無類の強さ!?

“汚点”かもしれない。 現役のPGAツアー選手で最も多くプレーオフ勝利を挙げているのは言うまでもなくタイガー。その後にミケルソンとビジェイが7回ずつ。フレッド・カプルスとコーリーペイビンが5回ずつと
2005/01/13

ビジェイのキャディが辞めた理由「ただの重労働だった」

◇ 2006年のライダーカップ米国チームキャプテンにはトム・レーマンが選出されたが、この度コーリーペイビンとローレン・ロバーツの2人が副キャプテンに選ばれた。ペイビンはライダーカップに3回出場し、戦績は8勝5敗。一方、ロバーツは1995年に唯一の出場を果たし戦績は3勝1敗。
2005/02/08HNZオープン

ニュージーランドの地で佐藤信人の活躍に期待

ニュージーランドを代表する大会で、今回その功績が認められ、今年から欧州ツアーとの共同開催となった。 歴代のチャンピオンには、コーリーペイビン、マイケル・キャンベルなどオーストラリア、ニュージランドを代表する選手が
2004/08/29ビュイック選手権

田中秀道6位浮上!!首位ファンクに3打差!

た。1998年以来6年ぶりのツアー6勝目まであと一歩となった。 ファンクを1打差で追うのは、トム・バイラムと初日首位に立っていたコーリーペイビンの2人。さらに1打差には、新鋭のハンター・メイハンと
2004/06/15全米オープン

タイガーなど実力者か!それとも7連続初優勝か!?

つのゴルフ場の1つ。これまで3度全米オープンが開催されている。前回1994年には、コーリーペイビンが通算イーブンパーで優勝を果たした。今年もイーブンパーが優勝ラインになるのか、全米オープン特有の我慢