2013/12/19トップアマのコース攻略

Vol.29 ラインヒル ゴルフクラブ

差の少ないホールが多いのが特徴です。特にアウトコースはほぼフラットで、松林の間から隣のホールやその隣のホールが見えるまるで林間コースのような作り。広々とした印象を受けるホールですが、マネジメントを…
2020/11/14クラブ試打 三者三様

ディアマナ TBを万振りマンが試打「しなり戻り△」

な人向き? 「飛距離より方向性を重視している人。一発の飛びを求めるより、コースマネジメント通り狙っていきたい人向きと言えます。コンパクトに振りにいくことで、イメージ通りの弾道を生み、しかも飛距離も
2015/03/04サイエンスフィット レッスン

ダメなループと良いループ

で、どっちに行くか分からないとなると、コースマネジメントにも暗い影を落とします。何故、右にも左にも行くかというと、フォローで腕の通り道が塞がれているからなのです。 もっと、具体的にいえば、腰が回転せず
2013/02/08PGAコラム

AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ初日 レビュー

の長いバーディチャンスも、一度だけだった。 この上ない素晴らしいスタートを切ったメイハン。今大会は全く異なる3つのコースが日替わりで使われる上に、天候は何の前ぶれもなく変化する。さらにコースの1つは…
2013/11/14トップアマのコース攻略

Vol.24 ザ ナショナルカントリー倶楽部 池や樹木などの自然の地形を巧みに活かしてレイアウト。大自然の中でゴルフの醍醐味を味わえる18ホール

続かない面白さがあります。高低差が大きいホールがあるので、他のコース以上に距離感に対して繊細になる必要があるかもしれません。コースマネジメントでは、ティショット、セカンド、グリーン周りとどのショットも
2021/03/02進藤大典ヤーデージブック

データ“そこそこ”でも「人生イチ」モリカワ快挙を導いたパットスタイル変更

。さらにキャディのJJ(ヤコバック)さんも、ライアン・ムーアの相棒を長く務めた経験豊富なベテラン。まだ若い選手をうまくリードしている雰囲気が伝わってきました。 ウッズをほうふつとさせるスキのないコースマネジメント。記録で肩を並べるにふさわしい、見事な勝利でした。(解説・進藤大典)
2016/09/26近藤共弘プロの超シンプル思考

第2回「フェードとドローを打つためのティアップの位置」

ゴルファーでも簡単なことではありません。また、仮にストレートボールを打とうとしても、少しミスすると右にも左にも曲がる可能性があります。どっちに曲がるか分からない弾道ではコースマネジメントをしにくくなっ…
2018/05/13女子プロレスキュー!

風の読み方 いまさら聞けない基本のキ 岡村優

た軌道の最頂点から落ち際にかけてだからです。 6. 余裕があれば天気予報やレイアウトを加味 さらにツアープロは、追加要素として上空の雲の流れやコースレイアウト、天気予報なども参考にしています。ただし
2019/06/22クラブ試打 三者三様

M5 フェアウェイウッド/ヘッドスピード別試打

? 「適度な高さでしたね。たぶん3Wでもグリーンで止まることができる高さではないかと思います。これくらいの高さが出ていれば、コースでもマネジメントしやすいと思います。ボールの勢いも強いので、多少風が吹いて
2012/06/15全米オープン

2人のレフティーと明暗を分けたタイガーの洞察力

、タイガーは確実に優勝争いに入るであろう1アンダー「69」でラウンド。その内容は目を見張るものがあった。ショットメイキング、判断力、コースマネジメント-全てにおいて彼は持っている技術をフルに活用した…
2016/01/28GDOEYE

宮里美香が感じる“We”な戦い 2016年開幕戦へ

」や「日本オープン」の出場経験もある加藤氏は、キャディとしてのコース上でのマネジメントはもちろんのこと、工藤氏とともに今の宮里に必要な体の特性についても考えている。 「たとえば、アイアンで打つ球を…
2002/04/08マスターズ

タイガー、オーガスタのコース延長は望むところ

攻めていけばよかったんですけどね」 しかしウッズのコースマネジメント、そして精神の強さたるや恐るべきものがあることを我々はつねに目撃してきた。父親が確信しているように、改修されたオーガスタを正確に把握し…
2013/02/09PGAコラム

AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ2日目 レビュー

大物スターにひるむことなく、ブラント・スネデカーはペブルビーチでの優勝を目指している。今週こそは、と。 昨年のフェデックスカップチャンピオンのスネデカーは2日目、スパイグラスヒルコースをノーボギーの…
2014/10/19PGAコラム

「マックグラッドリークラシック」アラカルト

(直訳:湿地帯の9ホール)”を設計し、トム・ファジオが1999年にこの2つを一緒にすることになった。干満のあるクリークや砂丘、塩沼に向かって造られたシーサイドのコースは、ショットの選択やコースマネジメント
2016/09/19近藤共弘プロの超シンプル思考

第1回「ティショットで危険ゾーンを避ける」

ティショットを打ちますか。「右サイドにボールを打ちたいから」とティグラウンドの右側にティアップする人は多いですが、実は右に立ってコースの右サイドを見ると、右サイドが狭く見え、反対に左サイドが広く見えてしまい…