2019/11/06ターキッシュエアラインズオープン

ローズが3連覇に挑む 谷原秀人、川村昌弘が出場

を制し、大会連覇を飾った。ローズが勝てば、コリンモンゴメリー(スコットランド)が2000年に達成して以来4人目のヨーロピアンツアー3連覇という偉業を成し遂げる。 日本からは、大会スポンサーの
2019/09/04ヨーロピアンツアー公式

「ポルシェヨーロピアンオープン」で知っておくべき5つのこと

・ファルド、リー・ウェストウッド、レティーフ・グーセン、ダレン・クラーク、そしてコリンモンゴメリーと、錚々たる顔ぶれが並んでいる。 なかでもヨーロピアンツアー31勝のモンゴメリーは、ザKクラブで開催されたこの大会で、その最後の勝利を飾っている。
2019/06/07マスターカード日本選手権

プロ資格を放棄して不動産業も 異色の51歳が首位発進

。 出身は神戸で「5、6歳の時にアメリカに移りました」と日本語も話すが、英語のほうが得意そうな51歳。「きょうはトム・ワトソンとモンティ(コリンモンゴメリー)とプレーができて嬉しかった。特にここ、日本で
2019/05/27マスターカード日本選手権

日本開催の米シニアツアーに伊澤利光が出場へ 推薦追加発表

・成田ゴルフ倶楽部)の大会事務局は27日、主催者推薦で伊澤利光が出場すると追加発表した。 米ツアーからの出場60選手も合わせて発表され、17年に同じ会場で開催された同ツアー「JAL選手権」覇者のコリン
2019/05/18GDOEYE

ニューヨーカーの激しい野次 それは強者の勲章か?

応戦したのは、ホワイトシャークことグレッグ・ノーマン(オーストラリア)だ。同州開催の1986年「全米オープン」で、罵った観客を見つけて駐車場に呼びつけたという。また、しつこく標的にされたコリン
2018/11/05GDOEYE

トルコのゴルフ ツアーへの関心と環境のギャップ

ホテルリゾートだ。場内にトルコ語、英語、ロシア語、ドイツ語の案内があることからも、あらゆる地域から旅行者が訪れることが分かる。周辺にはピート・ダイやコリンモンゴメリー、ニック・ファルドらが設計した
2018/10/08ヨーロピアンツアー公式

「自分が優勝するとは」ビェルレガードがリンクスの王者に

嬉しいですね」とビェルレガード。 「32」でハーフターンしたハットンはニック・ファルド(イングランド)、コリンモンゴメリー(スコットランド)、タイガー・ウッズ(米国)、アーニー・エルス(南アフリカ)に
2018/09/12ヨーロピアンツアー公式

リー・ウェストウッドらオランダで注目の3人

欠かさず開催されている6大会のうちの一つである。 スパイクにあるコリンモンゴメリー設計コースは全長6983ydでティショットが難しい。フェアウェイヒットの難度が高いながらも、パーオンに重きが置かれた
2018/09/12ヨーロピアンツアー公式

「KLMオープン」で知っておくべき5つのこと

)、ベルンハルト・ランガー(1984、1992、2001年)、ホセ・マリア・オラサバル(1989年)、コリンモンゴメリー(1993年)、ミゲル・アンヘル・ヒメネス(1994年)、そしてリー
2018/08/28ヨーロピアンツアー公式

「メイド・イン・デンマーク」で知っておくべき5つのこと

までこの偉業を達成したのは、デービッド・ハウエル、サム・トーランス、ミゲル・アンヘル・ヒメネス、バリー・レーン、コリンモンゴメリー、ロジャー・チャップマン、ポール・ローリー、イーモン・ダーシー
2018/08/15ヨーロピアンツアー公式

「ノルデアマスターズ」で知っておくべき5つのこと

を達成するのだが、これはサム・トーランス、ミゲル・アンヘル・ヒメネス、コリンモンゴメリー、ポール・ローリーらに続く10人目の快挙となる。 舞台は再びヨーテボリへ 「ノルデアマスターズ」は16年振り
2018/08/14

米シニアツアーが2019年に再び日本開催へ

日間大会として行われる。 賞金総額は250万ドルで、68選手が出場する予定という。米シニアツアーは2017年9月に、同じ成田ゴルフ倶楽部で「JAL選手権」を開催。初開催で注目を集める中、コリン
2018/07/23ヨーロピアンツアー公式

神童がイタリア初のメジャー王者となるまで

「ワールドカップ」でイタリアに優勝をもたらす。19試合連続予選通過を果たした2010年は、同年の「ライダーカップ」欧州代表に選抜された。 同大会には兄のエドアルドもコリンモンゴメリーによるキャプテン
2018/04/18ヨーロピアンツアー公式

「ハッサンIIトロフィー」で知っておくべき5つのこと

スケジュールに正式に組み込まれたが、それ以前から、アーニー・エルスやパドレイグ・ハリントンといったメジャー王者たちや、「ライダーカップ」でキャプテンを務めたコリンモンゴメリーやサム・トーランスといったスター
2017/09/15マンシングウェアレディース

「おじさんは楽しそう」諸見里しのぶはシニア生観戦で刺激

・ワトソン、コリンモンゴメリー(スコットランド)、ジョン・デーリーら名プレーヤーの技に心を奪われた。 「シニアのおじさんはみんな元気で楽しそうにしていた。自分が50、60歳になっても、ああいう風に