2020/09/16ヨーロピアンツアー公式

全米オープンで知っておくべき5つのこと

1984年大会の一度みとなっている(この際の優勝スコアは通算4アンダー)。 ウィングドフットで最後に大会が開催された2006年は、フィル・ミケルソンとコリンモンゴメリーが最終ホールでダブルボギーをたたく
2020/08/19AIG女子オープン(全英女子)

ローラ・デービース「全英女子」40回目のティオフで大会開幕へ

言える大役は、大会を主催するR&Aが演出した。前週、最高経営責任者のマーティン・スランバーズ氏から、デービースのもとにメールが届いたという。「名誉なこと。モンティ(コリン・、モンゴメリー)が男子の全英
2020/07/29ヨーロピアンツアー公式

「ヒーローオープン」で知っておくべき5つのこと

た。 1994年には、コリンモンゴメリーがフォレスト・オブ・アーデンでトロフィーを掲げた最初の選手となり、翌1995年にはフィリップ・ウォルトンにプレーオフで敗れ、その翌年はロバート・アレンビーと1
2020/07/25記録

「全米プロゴルフ選手権」記録集

)266フィル・ミケルソン(2001年/アトランタAC)ジミー・ウォーカー(2016年/バルタスロールGC)267スティーブ・エルキントン(1995年/リビエラCC)コリンモンゴメリー(1995年
2020/07/17

ゴルフきょうは何の日<7月17日>

大メジャーを各2勝以上挙げるダブルグランドスラムを達成した。1971年のジャック・ニクラス以来、史上2人目となった。 初日から首位を守り、2位のコリンモンゴメリー(スコットランド)に5打差をつける
2020/07/06ヨーロピアンツアー公式

今季これまでを振り返る: 歴史的快挙

選手としてエリートクラブの仲間入りを果たした。彼以外では、セベ・バレステロス(50勝)、ベルンハルト・ランガー(42勝)、タイガー・ウッズ(41勝)、コリンモンゴメリー(31勝)、サー・ニック
2020/06/27ヨーロピアンツアー公式

8度の年間王者 偉大なるモンティの黄金期を振り返る

コリンモンゴメリーは史上最も成功を収めたヨーロピアンツアーの選手の一人であり、彼が1993年から2005年にかけて年間王者を8度獲得した記録は、今後当分の間、破られることはないだろう。ヨーロピアン
2020/03/30ヨーロピアンツアー公式

ヨーロピアンツアー最多勝選手は?

、タイガー・ウッズ、コリンモンゴメリー、そしてサー・ニック・ファルドがその5人のレジェンドで、各選手はヨーロピアンツアーでの勝利を通してそれぞれ支配的な強さを証明してきた。 セベ・バレステロス:50勝
2020/03/25ヨーロピアンツアー公式

ヨーロピアンツアー史上最高のシーズンを送った選手たち

これまでヨーロピアンツアーでシーズン6勝を達成したのは、たった4人である。 とはいえ、セベ・バレステロス、コリンモンゴメリー、リー・ウェストウッド、そしてニック・ファルドはいずれもヨーロピアン
2020/02/18ヨーロピアンツアー公式

リー・ウェストウッド ツアー25勝の足跡

王者と低迷期 1990年代後半を通じ、欧州の内外で成功を収めたウェストウッドだったが、スコットランドのコリンモンゴメリーによる93年から99年にかけての7年連続年間制覇を阻むには至らなかった
2020/02/05ヨーロピアンツアー公式

「ISPS HANDA ヴィックオープン」について知っておくべき5つのこと

・ミケルソン、そしてコリンモンゴメリーに1打差をつけて「全米オープン」を制覇したオギルビーは、豪州出身選手として十数年ぶりにメジャー制覇を果たした。彼はこの「全米オープン」制覇に加え、世界ゴルフ選手権でも、「マッチ
2020/01/09ヨーロピアンツアー公式

ホブランと今平周吾のドバイデビューが決定

、過去にはセベ・バレステロス、アーニー・エルス、フレッド・カプルス、ロリー・マキロイ、コリンモンゴメリー、そしてタイガー・ウッズといった名選手たちが大会を制している。
2019/11/25ヨーロピアンツアー公式

セベ・バレステロス以来 スペインから若き年間王者が誕生

、そしてコリンモンゴメリーといった偉大なるスコットランドの先人たちの仲間入りを果たした。 ラームは直近に出場した「スペインオープン」を制覇しており、6週ぶりの出場となった今大会も制覇したことで
2019/11/19ISPS・ハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメント

首位にソク・ジュンヨル 深堀圭一郎は8位発進

、深堀圭一郎、米山剛ら6人が並んだ。 賞金ランキング2位のタワン・ウィラチャン(タイ)、招待選手のコリンモンゴメリー(スコットランド)はイーブンパーの28位。賞金ランク1位で今週不在のプラヤド
2019/11/18ISPS・ハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメント

シニア賞金王争いが決着! コリン・モンゴメリーが出場

賞金王が決まる。 ディフェンディングチャンピオンは寺西明。主催するISPSインターナショナルのアンバサダーを務めるコリンモンゴメリー(スコットランド)が推薦で出場する。
2019/11/06ターキッシュエアラインズオープン

ローズが3連覇に挑む 谷原秀人、川村昌弘が出場

を制し、大会連覇を飾った。ローズが勝てば、コリンモンゴメリー(スコットランド)が2000年に達成して以来4人目のヨーロピアンツアー3連覇という偉業を成し遂げる。 日本からは、大会スポンサーの