2018/07/09ゴルフ昔ばなし

セベ・バレステロスの記憶/ゴルフ昔ばなし

は負けない 意地とプライド ―1980年、1983年には「マスターズ」で優勝。世界のゴルフシーンはパーマー、ニクラス、ゲーリープレーヤーの“ビッグ3”の後退の後、当時、元気のなかった欧州ツアー出身
2018/05/16ゴルフ昔ばなし

PGAツアーを発展させたリーダーたち/ゴルフ昔ばなし

は「強くなるより、より人間らしくあれ」というスローガンを打ち出したんだ。 宮本 当時はもちろん、アーノルド・パーマー、ゲーリープレーヤー、そしてニクラスがゴルフ界のカリスマになり、トム・ワトソンらが
2018/04/25ゴルフ昔ばなし

米ツアー転戦の先駆者・中嶋常幸の苦悩/ゴルフ昔ばなし

、ジャック・ニクラス、ゲーリープレーヤーのビッグ3が目立った時代から、ノーマンやセベが大活躍する時代に移り、ゴルフはいっそう派手になった。彼らはショットを曲げても、どこからでもピンを狙う。トミーも必死に
2018/03/21ゴルフ昔ばなし

遥かなる…ゆえに美しきオーガスタ/ゴルフ昔ばなし

ゲーリープレーヤー(南アフリカ)が2度目の優勝をした年でした。もう45年くらい経つんですね…。当時、最初に思ったのは「とにかく遠いなあ」と。ただ僕は、オーガスタがこのように都市から離れていること
2013/05/24WORLD

【WORLD】「パーオン率」の真実

いなかったに違いないと言えそう。確かにそれも正しいだろうが、それ以上に、そのような高いパーオン率となるのは、簡単なコースでプレーしていたからなのだ。トッププレーヤーが、メジャー競技など硬いグリーンや
2013/02/02WORLD

【WORLD】米国と欧州ツアーの掛け持ちは背信行為?

・ドナルド、ジャスティン・ローズ、イアン・ポールター、セルヒオ・ガルシア、グレーム・マクドウェルらの後を追い、今ではアメリカ開催の大会に年間最低でも15大会は出場している傾向を不安視する。とはいえ
2012/09/26WORLD

【WORLD】欧州選抜の強さの秘密とは/ライダーカップ

引き分け)。誰もがその理由を知っている。プレーヤー、解説者も、ここ何年も前から同じことを声とペンで主張し続けてきた。ヨーロッパがより優れた選手を生み出しているのではなく、よりレベルの高いツアーが存在する