2019/07/16全英オープン

2019年「全英オープン」出場者&資格

・ビェルレガード ラファ・カブレラベロー パトリック・カントレー ポール・ケーシー コーリー・コナーズ ジョエル・ダーメン ジェイソン・デイ ブライソン・デシャンボー トニー・フィナウ マシュー
2019/05/15全米プロゴルフ選手権

全米プロのドラコン王者はマックス・ホマ

たシェーン・ローリー(アイルランド)、パトリック・リード、テキサス州のクラブプロ、ラッセルケーシーが並んだ。 同大会では1952年から80年代までドラコン大会を実施し、2014年大会からイベントが
2019/03/22バルスパー選手権

ツアー未勝利のダーメンとストラカが首位 小平は29位

アンダーで首位に並んだ。4アンダー3位には、11番(パー5)でアルバトロスを決めたラッセル・ノックス(スコットランド)と、ケビン・キズナー、ルーク・ドナルド(イングランド)の3選手が続いている。 3
2019/03/20バルスパー選手権

フロリダシリーズ最終戦 “スネークピット”に小平智が初挑戦

。“スネークピット”の呼称を持つ難易度の高い上がり3ホールが名物のカッパーヘッドコースがその舞台となる。 昨年は、ポール・ケーシー(イングランド)が最終日に「65」で回り、通算10アンダーとして、タイガー・ウッズ
2018/08/12全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」組み合わせ

・ワトニージョナサン・ベガス 8:23(22:23) ホアキン・ニーマンケビン・チャッペル 8:32(22:32) ラッセル・ヘンリー松山英樹 8:41(22:41) オリー・シュナイダージャンズロス
2018/08/01ヨーロピアンツアー公式

ファイヤーストーンで注目すべき欧州勢3人

注目すべき選手として、次の欧州勢3人を選出した。 本命: ポール・ケーシー ポール・ケーシーは世界ランク15位で今週の大会を迎えるが、これにはそれなりの理由がある。ここ1年、世界中の25大会に出場した
2018/07/22全英オープン

「全英オープン」最終日組み合わせ

:00) ブルックス・ケプカキャメロン・デービス 9:10(17:10) ケビン・ナブレット・ラムフォード 9:20(17:20) ポール・ケーシーヘンリック・ステンソン 9:30(17:30) ライアン
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

キラデク・アフィバーンラト ダニエル・バーガー ラファ・カブレラベロー パトリック・カントレー ポール・ケーシー ケビン・チャッペル ジェイソン・デイ ブライソン・デシャンボー トニー・フィナウ ロス
2018/06/25トラベラーズ選手権

ワトソンが6打差を逆転V 大会&今季3勝目をマーク

、この勝利でシーズン3勝目も一番乗りとなった。 通算14アンダーの2位には、首位から出たポール・ケーシー(イングランド)のほか、この日ベストの「62」で回ったスチュワート・シンクと、ボウ・ホスラー、J
2018/06/24トラベラーズ選手権

ポール・ケーシーが今季2勝目へ4打差首位

◇米国男子◇トラベラーズ選手権 3日目(23日)◇TPCリバーハイランズ (コネチカット州)◇6841yd(パー70) 5位から出たポール・ケーシー(イングランド)が1イーグル6バーディの「62」を
2018/06/23トラベラーズ選手権

ブライアン・ハーマン首位 小平智は「80」で予選落ち

回り通算10アンダーの首位に浮上した。首位発進したザック・ジョンソン、ラッセル・ヘンリー、マット・ジョーンズ(オーストラリア)が通算9アンダーの2位で続いた。 ブライソン・デシャンボー、ポール
2018/06/11記録

「全米オープン」出場選手&資格

・スネデカー マーク・レイシュマン 12.前シーズンフェデックスカップ・プレーオフ最終戦進出者 ダニエル・バーガー パトリック・カントレー ポール・ケーシー ジェイソン・ダフナー トニー・フィナウ リッキー
2018/06/11全米オープン

「全米オープン」最終ラウンド組み合わせ

・カブレラベローチャールズ・ハウエルIII 11:50(0:50) ブレンダン・スティールスコット・ピアシー 12:01(1:01) トミー・フリートウッドラッセル・ヘンリー 12:12(1:12) ラッセル
2017/03/21WGCデルテクノロジーズ マッチプレー

松山は“死の組”か 池田&谷原は予選同グループで直接対決

・ダフナー <グループ10> ティレル・ハットン、ラファ・カブレラベロー、ワン・ジョンフン、チャールズ・ハウエルIII <グループ11> ダニー・ウィレット、ラッセル・ノックス、ビル・ハース、キム・キョンテ
2016/10/28ヨーロピアンツアー公式

「公園で散歩をするよう」カールベリが単独首位発進

柔らかいコースコンディションをフルに活用したリカルド・カールベリが、「WGC HSBCチャンピオンズ」の初日を終え、単独首位に立った。 1年前のこの大会では、ラッセル・ノックスが世界ゴルフ選手権
2016/10/01ヨーロピアンツアー公式

今年のメジャー王者4人が上海でそろい踏みへ

。 ディフェンディングチャンピオンのラッセル・ノックスは、メジャー4勝のロリー・マキロイ、2016年「アブダビHSBCゴルフ選手権」王者のリッキー・ファウラー、そして「マスターズ」2勝にして2014年の「WGC HSBC
2016/09/21ツアー選手権byコカ・コーラ

1000万ドルをめぐるプレーオフ最終戦 松山英樹が3年連続の出場

・リード、アダム・スコット、ジェイソン・デイ、ポール・ケーシー、ロリー・マキロイ、ジョーダン・スピース、ラッセル・ノックス、エミリアーノ・グリージョ、ジミー・ウォーカー、ブラント・スネデカー、ジャスティン
2015/05/02ヨーロピアンツアー公式

終盤に輝きを見せたマキロイとウェストウッド

たジェイミー・ドナルドソンと勝敗で並び、直接対決の成績により決勝トーナメントへ駒を進めている。 一方、ポール・ケーシーはフランチェスコ・モリナリに対し、残り9ホールで4ダウンという厳しい状況を逆転し