2010/02/05ノーザントラストオープン

石川遼が暫定9位タイ発進! 首位にD.ジョンソン

首位に立ったのは、7バーディ、ノーボギーでラウンドしたダスティン・ジョンソン。6アンダーの暫定2位タイに、アンドレス・ロメロ(アルゼンチン)とケビンスタドラーが続いている。他の日本勢では、今田竜二は
2007/11/09HSBCチャンピオンズ

K.スタドラー、首位をキープ!2位にP.ミケルソンが浮上!

中国・上海のシャーシャン・インターナショナルGCで開催されている、2008年の欧州ツアー開幕戦「HSBCチャンピオンズ」の2日目。ケビンスタドラー(アメリカ)が初日に続いて首位の座を守っている
2009/08/01ビュイックオープン

タイガーチャージ炸裂!90人ごぼう抜きで5位タイ浮上!

見せつけ、優勝争いに名乗りを上げた。同じ5位にはY.E.ヤン(韓国)、ケビンスタドラーらも並んでいる。 首位に立っているのはセンデン。2位の好位置からスタートしたセンデンは6バーディ、ノーボギーと
2006/02/12ジョニーウォーカークラシック

K.スタドラーが優勝を遂げる!A.スコットは6位タイに終わる

オーストラリア、パース、ザ・バインズ・リゾート&CCで開催されている、欧州男子ツアー第9戦「ジョニーウォーカークラシック」の最終日。トップからスタートしたケビンスタドラー(アメリカ)が、そのまま
2007/11/03チルドレンズ ミラクル ネットワーク クラシック

来季シード権争いの渦中にいる選手たち

、いよいよ最終戦を残すのみとなった。 2008年のシード権獲得を狙うケビンスタドラーは、「フライズエレクトロニクスオープン」と「ギン・シュールメールクラシック」で予選落ちを喫し、賞金ランキング127位へ
2007/11/10HSBCチャンピオンズ

P.ミケルソン、満を持して首位!

。 首位のケビンスタドラー(アメリカ)から1打差の単独2位でスタートしたミケルソンは、3バーディ、2ボギーと、まずまずの内容で前半を終える。スタドラーが崩れたこともあり、首位となって迎えた後半は、14
2007/11/11HSBCチャンピオンズ

ミケルソンまさかの失速もプレーオフで決着つける!

が、2ホール目でミケルソンがバーディを奪い勝負あり。 初日から2日間首位をキープしたケビンスタドラー(米国)は、9アンダーで1打足りずプレーオフ進出を逃し単独4位。8アンダー5位には、ビジェイ・シン
2006/02/11ジョニーウォーカークラシック

K.スタドラーが再びトップに。2打差で崔京周らが追う

オーストラリア、パース、ザ・バインズ・リゾート&CCで開催されている、欧州男子ツアー第9戦「ジョニーウォーカークラシック」の3日目。ケビンスタドラー(アメリカ)が、一度は明け渡したトップの座を再び
2006/11/28ブルーチップニュージーランドオープン

2007年から欧州ツアーに復帰! イングランド勢のプレーに注目!

スタートを切る。 ビッグスポンサーがついただけに出場選手も実力者揃いだ。ケビンスタドラー(アメリカ)を始め、ニック・ドハティやサイモン・ダイソンとったイングランドの強豪達が凌ぎを削る。彼らのプレーから目が離せない!
2007/02/27ジョニーウォーカー選手権

世界の強豪を相手に日本の片山晋呉、高山忠洋が挑む!

、オーストラリア、欧州の3ツアーが共催。過去にタイガー・ウッズやアーニー・エルスなど、世界のトッププレーヤーたちが歴代優勝者に名を連ねている。 昨年の大会では、最終日に単独首位からスタートしたケビン
2007/08/06リノ・タホオープン

S.フレッシュが首位を守り抜き、完全優勝を果たす!

伸ばせなかったことも手伝って独走状態を保ち、2位以下に差を縮められることなく優勝を手にした。 首位から5打差の2位タイには、5位スタートのチャールズ・ウォーレン、6位タイでスタートしたケビンスタドラー
2007/08/05リノ・タホオープン

S.フレッシュが2位を引き離す!2位タイには3人並ぶ混戦模様

し、通算8アンダーとしたケビンスタドラーは38位タイからジャンプアップ、ホセ・コセレス(アルゼンチン)らと共に、6位タイにつけている。同じく「65」をマークしたジェフ・マガートも通算7アンダーとして9位タイに再浮上している。
2006/11/21マスターカードマスターズ

2007年シーズンから欧州ツアーに仲間入り! 強豪も数多く参戦する

オーストラリアのロバート・アレンビーがバッバ・ワトソン(アメリカ)とのプレーオフを制して、勝利の栄冠に輝いている。 今年もポール・ケーシーを始め、ニック・ドハティやジャスティン・ローズといったイングランド勢、さらにベテランのケビンスタドラー(アメリカ)ら強豪が数多く参戦。接戦となるの必至だ。
2006/06/06全米オープン

ミッシェル・ウィ「全米オープン」挑戦は最終予選で敗退!

フィニッシュ。通算3オーバーで通過ラインの4アンダーには及ばなかった。 通過を果たしたのは、36ホールで11アンダーをマークしたブレット・クイグリーを筆頭に、ケビンスタドラーやフィル・タタランギなどツアーで
2006/02/10ジョニーウォーカークラシック

崔京周がトップに!伊沢利光、溝口英二は共に予選落ち

バーディ、1ボギーの通算13アンダーで、2位に2打差をつけている。 単独2位につけたのが、首位タイからスタートしたケビンスタドラー(アメリカ)。1イーグルを奪取したものの、2バーディ、1ボギーとして、初日