2014/08/22ヨーロピアンツアー公式

ライダーカップ出場のチャンスを高めるドナルドソン

ピーター・ユーラインがそのまま単独首位に躍り出るかに見えたが、彼はショートホールの16番でトリプルボギーを叩いて2アンダーまで後退してしまった。 イングランドのケネスフェリーは大会出だしの6ホールで
2006/06/29

丸山茂樹、今田竜二の順位は?/男子各種ランキング

・ドナルドをランク外にはじき出した。 「全米オープン」でも活躍したケネスフェリーが「ジョニーウォーカー選手権」で9位、自動選出圏内に復活している。「ブーズアレンクラシック」で2位タイとなったハリントンは
2003/04/28カナリアオープン・デ・エスパーニャ

スペイン勢撃沈!イングランドのK.フェリーがツアー初優勝

・ローリー、スウェーデンのピーター・ヘドブロム、そして、イングランドのケネスフェリーの3人は、プレーオフ1ホール目の18番パー5が全員バーディ。続く2ホール目も同じ18番が使用され、フェリーが2オン2
2011/08/27ジョニーウォーカー選手権 at グレンイーグルス

I.ガリードが単独首位に浮上!モリナリ兄弟は決勝R進出

(デンマーク)、ロレンツォ・ガグリ(イタリア)、ケネスフェリー(イングランド)、ピーター・ローリー(アイルランド)の4選手が並んでいる。 兄弟対決が注目されるモリナリ兄弟は、兄のエドアルドが2ストローク
2005/07/04スマーフィット・ヨーロピアンオープン

大逆転!イングランドの伏兵K.フェリーが優勝

を収めたのがケネスフェリー(イングランド)だった。彼自身、2003年「カナリアオープン・デ・エスパーニャ」以来のツアー2勝目となる。 大逆転での勝利だった。難しいコンディションの中で行われた最終日
2011/09/26オーストリアン・ゴルフオープン

K.フェリーがプレーオフを制しツアー通算3勝目!

オーストリアのダイアモンドCCで開催されている、欧州男子ツアーの第41戦「オーストリアン・ゴルフオープン」の最終日。ケネスフェリー(イングランド)がサイモン・ウェイクフィールド(イングランド)を
2005/09/16HSBCワールドマッチプレー選手権

R.グーセンやM.キャンベルら強豪勢が順当に2回戦へ進出

&7でケネスフェリー(イングランド)を下し圧勝。若手成長株のルーク・ドナルド(イングランド)は、ベテランのベルンハルト・ランガー(ドイツ)相手に7&6のスコアで大勝。カブレラもトレバー・イメルマン
2011/08/29ジョニーウォーカー選手権 at グレンイーグルス

T.ビヨーンがプレーオフを制し、今季2勝目!

噛みしめた。 通算10アンダーの6位タイには、ステファン・ギャラシャー(スコットランド)ジョエル・ジョルム(スウェーデン)、通算9アンダーの8位タイには、ビクター・デュビッソン(フランス)、ケネスフェリー
2010/06/28BMWインターナショナル・オープン

D.ホージー、大逆転優勝!

近づいていたが、後半スタートホールでボギーを叩くと状況が一変。そこから1ホールおきにスコアを落とし、16番でダブルボギーを叩いて万事休す。ケネスフェリー(イングランド)、アレックス・チェイカ(ドイツ
2009/08/23KLMオープン

P.ヘドブロムが優勝に王手をかける!

。続く通算10アンダー、4位タイには、ブラッドリー・ドレッジ(ウェールズ)、ケネスフェリー(イングランド)、ベストスコアをマークしたサム・リトル(イングランド)、テリー・ピルカダリス(オーストラリア)の4人。このあたりまで…
2004/04/20カナリアオープン・デ・エスパーニャ

スペインシリーズ第2戦!歴史ある大会を制するのは

・ヘドブロム(スウェーデン)、そして、ケネスフェリー(イングランド)の3人によるプレーオフに突入。激戦の末、ケネスフェリーがツアー初優勝を飾った。 フェリーは、今季9…
2011/09/25オーストリアン・ゴルフオープン

T.ノレットが単独首位!アマのシュワッブは大きく後退

9アンダー単独首位となった。 2打差の通算7アンダー2位タイにはヨースト・ルイテン(オランダ)をはじめ、ロバート・コールズ、サイモン・ウェイクフィールド、ケネスフェリーといったイングランドの3選手が
2009/08/22KLMオープン

D.クラーク、P.ヘドブロムが首位タイ!

(ウェールズ)、ケネスフェリー(イングランド)、オスカー・ヘニングソン(スウェーデン)、ピーター・ラウリー(アイルランド)、ウェド・オムスビー(オーストラリア)の5人。ラウリー以外はいずれも順位を上げてきて
2010/09/10KLMオープン

N.コルサーツが初日単独首位!

ホールアウト。文句ナシの内容で初日首位に立った。 2打差の6アンダーでコルサーツを追うのは、ケネスフェリー(イングランド)とシブ・カプール(インド)の2人。両者とも途中ボギーを叩きながらも、ラストをイーグルで