2017/09/17女子プロレスキュー!

ショートパット、これだけは…! 加賀其真美

点を押さえればカップイン率は自然と上がってくると思います。 力を入れるなら「手」ではなく「腕」! 入れなければという意識が強すぎると、グリップをギュッと強く握ってしまいます。こうなるとストロークが
2017/09/14サイエンスフィット レッスン

プロとアマチュアでは体重配分が逆!?

改善できます。つまり、ボールポジションは体の正面と想定して、そこにヘッドを据えます。左足かかと線上付近にあるボールとヘッドは、結構離れてしまいますが、その位置でグリップして体勢を整えれば、体重配分は
2017/09/10女子プロレスキュー!

ウソみたいに寄る! 3パット撲滅ドリル 加賀其真美

、最近私が発見した効果バツグンの練習法をお教えします♪ 「左手」は人差し指のみで支える! まずは、右手だけをいつも通りグリップしてみてください。左手はグリップを握らず、人差し指だけでグリップエンドを
2017/09/03女子プロレスキュー!

ピンが近いときのバンカーショット 加賀其真美

、しっかり大きく開きましょう。 「腰」の高さで一度確認する フェースを開く際に注意してほしい点は、開くタイミングです。多くの人はグリップを握ってからボールの上でセットしますが、これでは手首の角度が開くだけで
2017/08/24サイエンスフィット レッスン

ドライバーの左足体重に要注意!

ボールに合わせ、その位置でグリップを決めてから、アドレスを整える方法です。ドライバーでは、アッパーブローでインパクトするため、ボール位置を左足寄りにセットするのが理想です。ですが、ボール位置にヘッドを
2017/08/03サイエンスフィット レッスン

スイングの欠点丸見え!新システム始動【2】

グリップとクラブヘッドが、ほぼ等速で動いていることです。プロのインパクトとの大きな違いがここにあります。プロのインパクトでは、ダウンスイングの早い段階からグリップが先に減速し始め、インパクト付近で
2017/07/27サイエンスフィット レッスン

スイングの欠点丸見え!新システム始動【1】

示す「減速タイミング」などがわかります。松原さんの場合、コックをあまり使っておらず、グリップの減速が少ないことが分かります。つまり、ヘッドが走っていないのです。 女子プロでもヘッドを走らせています
2017/07/09女子プロレスキュー!

ドライバーでも「ダウンブロー」でOK 加賀其真美

できる打ち方をお教えします♪ ティは低めに、グリップは短めに♪ まずはセットアップですが、2つのポイントがあります。1つは“ティアップ”を低くすること。2つ目は、“グリップ”を短く握ることです。ティを
2017/06/08サイエンスフィット レッスン

つかまえようとしないほど球はつかまります!

ないのです。一方、プロは山外さんよりもずっと前に、リリースが始まっています。リリースの始まりとは、グリップのスピードが減速し、ヘッドが加速し始めるポイントを指します。 リリースの始まりが遅いので、当然
2017/05/30プロの目を盗め!

下りパットの“目”を盗め! 田村尚之編

狙うほど、強めに打ってオーバーというミスを引き起こしてしまいます。気分的には2パットでOKと考えるのが得策。半径1グリップほどの大きな穴に、ボールを落とすくらいの気持ちで挑むことをおすすめします
2017/05/25サイエンスフィット レッスン

開きすぎたフェースは絶対に戻せない!

に取り組むべからず! 球がつかまらないほとんどの原因は、そもそもグリップに対してフェースが開いているか、テークバックで開いてしまうか、あるいは、その両方です。これを無視して、ダウンスイングだけで
2017/05/16プロの目を盗め!

上りパットの“目”を盗め! 田村尚之編

あれば、ボール位置は真ん中でいいのです。 通常グリップなら“右目の下”でよし! 通常のノーマルグリップなら、右手が左手より下になるので、最下点は真ん中より少し右にくるのが正解です。私の場合は、ちょうど
2017/04/27サイエンスフィット レッスン

100度も開く人がいる!?トップでの開きをなくそう!

以内です。ちなみに、スライサーの方では、トップで100度以上開く人も珍しくありません。 フェースを開かせないグリップの決め方 まず、グリップに対するフェース向きを、いつも一定のシャットにすることを覚え
2017/04/23女子プロレスキュー!

方向性を上げる裏技 大山亜由美

です。人間は頭の中でいろいろ考えても、見たもの、感じたものに対して一番に反応する習性があります。グリップエンドから指3本分短く持ったグリップを見る。いつもよりちょっと握り心地が違うことを感じる。これ
2017/04/16女子プロレスキュー!

力みをとる3つの準備運動♪ 大山亜由美

に力が入った状態となり、逆効果となってしまうので注意しましょう! 【その2】アドレス前に「ギュッ!」 二つ目は、アドレスに入る前にグリップを一度、目いっぱい握ることです。少し痛くなるくらい意図的に両腕
2017/04/04プロの目を盗め!

つま先下がりの“目”を盗め! 田村尚之編

ことで、大きなミスヒットを未然に防いでいるのです。 フェースを“ややクローズ”にセット! 最後にポイントをもう一つだけ。フェースの向きを、ややクローズにグリップしています。これは、前回のつま先上がりで
2017/02/23サイエンスフィット レッスン

90をコンスタントに切るためのスイング改善【3】

理想的なリリースができているかどうかは、フォローのフェース向きを見ると一目瞭然です。前田さんのフォローは、フェースが左上を向いていますよね。また、グリップと体の距離が近い感じになっています。一方、プロ
2017/02/15女子プロレスキュー!

突然アイアンが曲がりだしたら… 木戸愛

、正しいグリップの位置がつくれる姿勢といえます。 それでも“引っかけ”が出てしまう人は… アドレスを見直したとしても、ショートアイアンなどで引っかけが出てしまうというケースがあります。「残り距離わずか