2013/12/10マーク金井の試打インプレッション

ダンロップ ゼクシオ エイト ドライバー

フェース面が大きく見える配慮がなされているのだ。 長さは前作同様45.5インチ。ヘッド重量は前作よりも1g重くなり、グリップ重量は10g軽くなっている(メーカー値)。結果、総重量は前作よりも10g軽くなっ
2010/03/01新製品レポート

「密着感が最高!」スーサス SS50グリップ

【ミーやん】スーサスのグリップは、実は初めて握ったんですけど、グリップ力がかなりいいですね。細かく菱形の溝が入っていますが、これが手のひらに食いつく感じです。 【タッキー】そうそう。密着感があるから
2012/06/29ギアニュース

『ツアーベルベット』の軽量モデルが登場

日本フェィウィックは8月より、ゴルフプライド社製グリップ『ツアーベルベット・ライト M62X』(オープン価格/店頭実勢価格840円前後)の発売を開始する。 同製品は、米国、欧州、日本プロツアーで
2010/10/18ギアニュース

NO1グリップデモイベント開催

NO1グリップでお馴染みのナウオンは11月6日、明治神宮外苑ゴルフ練習場にて、ツアープロコーチ井上透氏によるグリップ診断会を実施。現在、グリップ診断モニターを限定20名募集している。 また、当日は
2008/05/27マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド ツアー バーナー ドライバー(2008年モデル)

バランスが重めだが、これはグリップ重量が軽いのが影響しているのだろう。(長さはヒールエンド法計測(※3)で、その他のスペックは実測) 硬さの目安となる振動数(※2)は、ノーマルが265cpmでTPが
2015/12/08マーク金井の試打インプレッション

グラファイトデザイン ツアーAD GP

、ツアーAD GPの設計コンセプトは「高初速」「強弾道」で大きな飛距離を実現するという。手元(グリップ内)の剛性を上げることにより振り遅れを防ぎ、グリップ下から中間部分にかけてのしなりを感じることで
2014/02/10ツアーギアトレンド

「AT&Tペブルビーチ」でプロが使った道具

.0のグリップが装着されている。 ブライアン・ゲイはR1からSLDRに変更: PGAツアー4勝のブライアン・ゲイが、テーラーメイドのR1ドライバーに変更していきなり優勝した昨年の「ヒュマナチャレンジ
2009/05/12ギアニュース

超軟シャフトとグリップ矯正で一挙両得

国際興業は5月1日、『プロプレイプラクティスウッド』と『プロプレイプラクティスアイアン』(共にオープン価格)を発売する。これは、グローブとグリップのラインを合わせることで毎回同じグリップができる
2014/11/14ツアーギアトレンド

テーラーメイドが新R15メタルウッドを発表

Speeder Evolution 661ツアースペックシャフトと、Lamkin Utxグリップを装着。20種類以上のカスタムTPシャフトも追加料金なしで利用可能となっている。 R15フェアウェイウッド
2016/11/15マーク金井の試打インプレッション

ヨネックス EZONE XPG タイプHD ドライバー

角、ロフト角が調整できる。長さはメーカー値、実測値とも45.25インチ(60度法計測)。EZONE XPG ドライバー同様、今回もグリップのエンド側にタングステンが配合され、エンド部分だけで20gと
2017/11/07マーク金井の試打インプレッション

低スピン弾道で飛距離を 「ピン G400 LSテック ドライバー」

。ヘッドの座りの影響だと思われるが、ポンと地面に置くとフェースが開く方向にヘッドが少し回転するのだ。このタイプのドライバーは、ヘッドを地面に置いてからグリップするよりも、宙にに浮かせた状態でグリップをした
2016/06/28マーク金井の試打インプレッション

ヨネックス EZONE XPG ドライバー

おり、顔にこだわるゴルファーにも好まれるデザインだ。 長さはメーカー値、実測値とも45.25インチ。(60度測定法)。前作同様、今回もグリップが凝っている。グリップエンド側にタングステンが配合され
2012/12/13ギアニュース

ナイキ人気グローブ「デュラフィール」がリニューアル!

により、確かなグリップ力を実現しているという。また、フィーリングと耐久性のバランスを最適化。伸縮性に優れたライクラ素材を取り入れることで柔軟性と通気性も兼ね備えたグローブに仕上がっている。 そのほか、機能
2013/09/25ギアニュース

米国発の本格削り出しパター『KRONOS GOLF』登場

センターシャフトタイプのモデルとなっている。 なお、シャフトは日本限定で、UST社製の「振動フィルタード・シャフト」を採用。グリップは、イオミック社製のオリジナルグリップを採用し、天然牛革のヘッドカバーに
2014/10/15ギアニュース

ワークスからパーフェクトプロに新色登場

いる。 素材は振動吸収性に優れた特殊合成ゴム「ABR」を採用しており、スイング中、インパクトにおけるオフセンターヒットの衝撃をグリップが吸収し、手に響かないという。また、コード入りタイプでもカサカサ感や
2010/08/31マーク金井の試打インプレッション

アキラプロダクツ TM ドライバー(2010年モデル)

も関わらず、クラブ重量めなのは・・・標準装着のグリップが薄く作られているのが影響しているのだろう。 アイアンでウオームアップ後、さっそく打ってみると・・・やや控えめなインパクト音。チタンヘッドなのだ
2015/11/10マーク金井の試打インプレッション

藤倉ゴム工業 Speeder EVOLUTION II

藤倉ゴム工業独自のテクノロジー「MCT」をグリップ部分(手元側)に採用。これにより、手元側の重量感が増し、スイング中に手元が浮いてしまうような動きを抑制できる。また、インパクトゾーンで長く球を押すことが