2018/12/28ツアーギアトレンド

年間勝利数が最も多かったシャフトは?/国内女子

」と使用感を説明した。 3位は5勝のピンとグラファイトデザイン。ピンは契約する鈴木愛が4勝をあげて勝ち星を大きく伸ばした。グラファイトデザインは、アン・ソンジュ(韓国)が年間5勝のうち3試合で使用した
2018/12/26ツアーギアトレンド

年間勝利数が最も多かったシャフトは?/国内男子

選択。初勝利を含む2勝をあげ「藤倉さんを使って2年目。フィーリングがよくて、自分のスイングにあっている」と振り返った。 3位は5勝をあげたグラファイトデザインとUSTマミヤ。グラファイトデザインは前年
2018/11/21ツアーギアトレンド

宮里優作が極小ヘッド 260ccの1Wを実戦投入へ

実戦投入する。ブリヂストンスポーツがツアーBのプロトタイプとして開発し、19日(月)に公認リスト入りを果たしたばかりの「P43-1」というモデルで、ロフトは9.5度。シャフトはこれまでと同じ「グラファイトデザイン
2018/10/22優勝セッティング

2本のウェッジがこだわり 今平周吾の14本

> ドライバー:ヤマハ RMX 116 ドライバー(10.5度) シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD TP6(44.75インチ、S) フェアウェイウッド:キャロウェイ GBB エピック
2018/10/16マーク金井の試打インプレッション

高い操作性でイメージ通りの弾道「タイトリスト TS3 ドライバー」

ヘッドスピードのストライクゾーンは、42~46m/sぐらいか。 シャフトはこのほか、フジクラの「スピーダー 661 エボリューション 5」、グラファイトデザインの「タイトリスト ツアー AD VR-6」もラインアップされている。 (※下記の弾…
2018/10/13topics

最新シャフト4本を打ち比べてみた ~2018年版~

ツアーAD、ディアマナ、スピーダー、アッタス 大手4社モデルの特性比較 ことしもシャフトメーカー大手4社の最新モデルが出そろった。グラファイトデザイン「ツアーAD VR」(※以下VR)、三菱ケミカル
2018/10/09マーク金井の試打インプレッション

飛びの性能とミスへのやさしさ「タイトリスト TS2 ドライバー」

エボリューション」のヘッドスピードのストライクゾーンは41~46m/sぐらいか。 シャフトはこのほか、三菱ケミカルの「タイトリスト クロカゲ 50」、グラファイトデザインの「タイトリスト ツアー AD 60」もラインアップされている。 (※…