2019/03/04ヨーロピアンツアー公式

カート・キタヤマが逆転 ルーキーイヤーで早くも2勝

ハンソンは「73」、そしてピータースは「71」で最終ラウンドを終え、その1打後方の9位タイにはアシュリー・チェスターズとクリス・ペイズリーのイングランド人コンビとスコットランドのスコット・ジェイミソンが入り、トップ11の顔ぶれには10カ国の選手が並んだ。
2018/09/12ヨーロピアンツアー公式

「KLMオープン」で知っておくべき5つのこと

)、ベルンハルト・ランガー(1984、1992、2001年)、ホセ・マリア・オラサバル(1989年)、コリン・モンゴメリー(1993年)、ミゲル・アンヘル・ヒメネス(1994年)、そしてリー
2018/08/15ヨーロピアンツアー公式

「ノルデアマスターズ」で知っておくべき5つのこと

。これまで、イェスパー・パーネビック(1995年、98年)、ヨアキム・ハエッグマン(1997年)、ピーター・ハンソン(2008年)、リチャード・ジョンソン(2010年)、そしてアレックス・ノレン(2011
2017/09/30英国マスターズ

ポールターらが2位浮上 マキロイは25位で決勝へ

バーディ、1ボギーの「65」でプレーして通算12アンダーとし、後続に3打のリードをつけて大会を折り返した。 通算9アンダー2位にイアン・ポールター、リー・ウェストウッド、クリスハンソン、アシュリー
2017/09/29英国マスターズ

大混戦の幕開け マキロイは4打差24位発進

)、クリスハンソン(イングランド)、ミッコ・イロネン、ミッコ・コルホネン(ともにフィンランド)の5人。5アンダー8位にグレーム・ストーム(イングランド)ら5人が並び、2打差に12人がひしめく混戦となって
2017/09/12ヨーロピアンツアー公式

「KLMオープン」の大会アラカルト

、2016年の「ライダーカップ」ではチームメイトとして共に戦ったアンディ・サリバンとクリス・ウッドも出場する。 その他にも、今大会のフィールドには、ニコラス・コルサーツ、ジェイミー・ドナルドソン
2017/01/28ヨーロピアンツアー公式

カタールはツアー史上初の9人が首位で並ぶ展開

クリスハンソン、ジョーダン・スミス、そしてアンソニー・ウォールのイングランド勢、そして米国のダニエル・イムがつけており、リーダーボードの上位は首位から3打差に31選手がひしめく大混戦となっている
2016/12/04ヨーロピアンツアー公式

ストーンが堂々の首位で最終日へ

クリスハンソンがつけている。 一方、この日ベストの「64」をマークしたスコットランドのデビッド・ドライスデールは、一気に順位を6位まで上げている。 ストーンは1番で短いバーディパットを沈める完璧な
2016/12/03ヨーロピアンツアー公式

ストーンが南アフリカで単独首位に浮上

アンダーの2位タイにはディフェンディングチャンピオンのシュワルツェルとイングランドのクリスハンソンがつけており、更に1打差でキース・ホーンとジョージ・クッツェーが続いている。 木曜を「67」でラウンド
2016/12/03アルフレッド・ダンヒル選手権

ストーンが首位 連覇懸かるシュワルツェルは1打差を追う

、2ボギーの「66」をマークして、通算11アンダーで単独首位に立った。 首位を1打差で追う通算10アンダー2位には、大会5勝目を狙うシャール・シュワルツェル(南アフリカ)と、クリスハンソン
2016/09/18ヨーロピアンツアー公式

イーグルスタートのレビが急浮上で暫定首位

・ウィレット、そしてウィレットのイングランドの同胞であるクリスハンソンがつけている。 木曜と金曜に発生した長時間にわたる遅延により、土曜の朝の時点でフィールドの半数がまだ第2ラウンドをスタートさえしていない状況だった
2016/09/18イタリアオープン

日没順延 ウィレットは1打差の暫定2位で最終日へ

目指すフランチェスコ・モリナリ(イタリア)が3Rを8ホール残し、1打差の通算13アンダーで暫定2位。クリスハンソンクリス・ペイズリー、「マスターズ」王者のダニー・ウィレット(いずれもイングランド
2016/09/17ヨーロピアンツアー公式

雨中のイタリアオープン ペイズリーが暫定首位

ラウンドを終えることができたわずか4人の選手のうちの一人。通算8アンダーでクリスハンソンとアレクサンダー・レビと並んでおり、1打差でアンディ・サリバンとリカルド・カールバーグが続いている。 ペイズリーは1
2016/09/12ヨーロピアンツアー公式

ラウテンがザ・ダッチで2度目の母国制覇

し、一方、カニサレスは「68」をマークした。 通算11アンダーの8位タイにはイングランドのクリスハンソンとフランスのミシェル・ロレンゾベラが入り、更に1打後方にはトミー・フリートウッド、スコット・ジェイミソン、サイモン・カーン、ミッコ・コルホネン、イ・スミン、そしてブランドン・ストーンが続いた。
2016/09/09ヨーロピアンツアー公式

シード末席に滑り込んだ男・エバンスが単独首位発進

ランキングでの大幅なジャンプアップを狙える位置につけた。 1打差の2位タイには、アン・ビョンフン、ニノ・ベルタシオ、クリスハンソン、ピーター・ハンソン、ミッコ・コルホネン、ヨアキム・ラガーグレン
2016/09/07ヨーロピアンツアー公式

「KLMオープン」の知っておくべきアラカルト

戦うクリス・ウッドが、この大会での自己最高位である2010年の11位タイを更新すべく、オランダのナショナルオープンに9度目の出場を果たすことになる。 アン・ビョンフンは今年5月、2015年に優勝した