2003/11/30

パーフェクト・タイ(完璧な引き分け)

オーランドで近所同士のクリスディマルコとオーストラリア出身のスチュアート・アップルビーは18ホールを全力で戦い、ディマルコの勝利となった。その後、二人は並んでプレーオフを観戦した。このような光景を
2002/01/31

世界で活躍する日本選手たち

横尾要 124位 77アップ ★ USPGAツアー フェニックス オープン 昨年後半から好調なゴルフを続けている クリスディマルコが通算17アンダー、1打の僅差で優勝、ツアー3勝目を飾る。 2位
2001/08/16

世界で活躍する日本の選手たち(8月9日-8月19日)

クリスディマルコ(23アンダー)。あとビリー・メイフェアーが最終日バック9を9アンダー27というツアー記録を達成する。61で54位から14位タイまで上がる急上昇。2日目のカットラインは4アンダー
2002/03/07

世界で活躍する日本選手たち

(10試合を消化) 1位 クリスディマルコ ($1,175,254) 10位 タイガー・ウッズ ($855,500) 32位 横尾要 ($366,993) 52位 丸山茂樹 ($208,965) 106
2002/03/01

世界で活躍する日本選手たち

)。 推薦出場の深堀圭一郎は 73-71 で予選落ち。 賞金ランキング (9試合を消化) 1位 クリスディマルコ ($1,165,807) 29位 横尾要 ($366,993) 30位 タイガー・ウッズ
2002/06/25

CVSチャリティクラシック初日

、または米国男子ツアー賞金ランキングの上位30に入っている名プレーヤーたち。 初日に11アンダー(60)をマークしたクリスディマルコ、ダドリー・ハート組はフロリダ大学のゴルフ部に所属していた仲間。ピタリ
2002/09/12

9月11日追悼式典

。プロ・アマ全プレーヤーのキャディバッグには星条旗のヘッドカバー。全選手が星条旗カラーのリボンを着用。クラブハウス前には半旗が掲げられ、ピンの旗もティマーカーも星条旗に変えられてあった。 クリス
2001/08/09

世界で活躍する日本の選手たち(8月2日-8月12日)

ディマルコ、エルスらにもチャンスがあったが、詰めが甘かったようだ。この試合日本人選手の参加はなかった。 この試合を終え、賞金ランキングを見ると、丸山茂樹が27位、横尾要が120位、尾崎直道が122位
2002/10/24

世界で活躍する日本選手たち

クラシックでは63-68-67-65、通算25アンダーで2位のクリスディマルコ(24アンダー)、3位のタイガー・ウッズ(23アンダー、最終日63)を振りきって優勝した。 4位には田中秀道が入った。 田中は
2001/11/01

世界で活躍する日本の選手たち(10月25日-11月4日)

た。 優勝を飾ったのは去年から好調なクリスディマルコ。 個性的なパッティンググリップで有名。 去年の優勝は比較的出場選手の層が薄めだったペニシルベニアクラシックだったのでこの優勝は価値があると語って