2014/11/08WGC HSBCチャンピオンズ

岩田寛が1打差単独2位! 日本勢初制覇の快挙向け最終日へ

・オルセン(デンマーク)がつけている。 ヨナス・ブリクスト(スウェーデン)が通算6アンダーの9位。リー・ウェストウッド(イングランド)、クリスカーク、ブラント・スネデカーら5人が4アンダーで、10位に並ぶ展開だ。
2014/11/07ヨーロピアンツアー公式

マクドウェルが首位発進

につけており、南アフリカのティム・クラーク、そしてリッキー・ファウラー、クリスカーク、ブラント・スネデカーの米国勢トリオも同スコアで初日を終えている。これで現「全米オープン」王者のカイマーの当地での
2014/11/06WGC HSBCチャンピオンズ

松山英樹トリプルボギー…マクドウェルが首位発進に成功

・マクドウェル(北アイルランド)が3度の2連続を含む7バーディ、2ボギー「67」をマークして5アンダーの単独首位で滑り出した。 2打差の3アンダー2位タイにリッキー・ファウラー、ブラント・スネデカー、クリス
2014/11/05ヨーロピアンツアー公式

スター選手が上海の夜空をライトアップ

、フェデックスカップ王者のビリー・ホーシェル、2014年にPGAツアーで3勝を挙げたジミー・ウォーカー、日本が誇るスター選手の松山英樹、14年にPGAツアーで2勝したクリスカーク、「ライダーカップ」の
2014/10/28BMWマスターズ

ファイナルシリーズに突入 ステンソン、カークらが出場

ランキング5位のヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、6位のジャスティン・ローズ(イングランド)ら世界の強豪が集結する。米ツアーで前週4位タイに入ったクリスカークも出場する。 連覇を狙うフェルナンデス
2014/10/28ヨーロピアンツアー公式

ファイナルシリーズへ準備を整えた主役たち

注目株の一人、米国のクリスカークも出場者リストに名を連ねており、「レース・トゥ・ドバイ」のクライマックスを飾る高額賞金のかかった4大会から成る、欧州ツアーのファイナルシリーズのグローバルな魅力を反映
2014/10/27マックグラッドリークラシック

ツアー2年目のストレブが初優勝 三つどもえのプレーオフを制す

・デューク、クリスカーク、ラッセル・ヘンリーの4選手。首位タイから出たアンドリュー・スボボダは、最終日に「71」とスコアを落として通算11アンダーの8位タイに沈んだ。 今大会がPGAツアーデビュー戦となった
2014/10/25マックグラッドリークラシック

地元出身のヘンリーが首位浮上 カークが4打差で追う

、ファビアン・ゴメス(アルゼンチン)の3人が7アンダーの5位。 6アンダーのケビン・チャッペル、スコット・ピアシーを挟み、29位から順位を上げたディフェンディングチャンピオンのクリスカークが、5アンダーの5位
2014/10/24PGAコラム

パーなら御の字?シーサイドの超難関ホール

グラッドリークラシック」の短い歴史でもかなりのドラマを生んでいる。 「シーサイドの18番は間違いなく、難関ホールだ」と言うのは、ディフェンディングチャンピオンのクリスカーク。昨年、ブライニー・ベアードと最終
2014/10/24PGAコラム

シーサイドコースの戦い、着目したいもう一つの視点

スタートしてから4人の優勝者が誕生しているが、その内の3人はサウスイーストにある大学出身者。3人の中の1人であるクリスカーク(2013年優勝者)だけが、SECに加盟している大学に進学した。 木曜の結果
2014/10/21マックグラッドリークラシック

フェデックスカップ2位 クリス・カークがタイトル防衛に挑む

大会は、クリスカークがベテラン、ブライニー・ベアードを1打差でかわして優勝。シーズン終盤のフェデックスカップ・プレーオフ第2戦「ドイツバンク選手権」でシーズン2勝目を挙げたカークは、同ランク2位で
2014/10/19PGAコラム

「マックグラッドリークラシック」アラカルト

、2013-14シーズンのフェデックスカップレースで2位だったクリスカークが出場。「ライダーカップ」米国選抜チームのメンバー、マット・クーチャーとザック・ジョンソンも名を連ねている。クーチャーと
2014/10/15PGAコラム

「ライダーカップ」特別委員会にウッズとミケルソンも参加

「ライダーカップ」は、大会前からキャプテンの直観による選手選考が注目を集めた。ワトソンは、キャプテンピック最後の選手に、フェデックスカップ・プレーオフの「ドイツバンク選手権」を優勝したばかりだったクリスカーク
2014/09/23ヨーロピアンツアー公式

米国代表を過小評価しないマギンリー主将

ている限りはね」。 マッギンリーは、好調のクリスカーク、そしてフェデックスカップ王者のビリー・ホーシェルを外したワトソンのキャプテンピックの人選を疑問視しているが、その人選が米国勢のやる気を刺激し