2017/07/31女子スコットランドオープン

宮里藍は13位 イ・ミヒャンが逆転でツアー2勝目

(オーストラリア)の2人。通算4アンダー4位にカルロタ・シガンダ(スペイン)と、クリスティカーが並んだ。 20位から出た宮里藍は4バーディ、1ボギーの「69」とスコアを伸ばし、通算1オーバーの13位
2017/03/24キア・クラシック

畑岡奈紗が18位発進 首位3打差まで17人の混戦

◇米国女子◇キア・クラシック 初日(23日)◇アビアラGC (カリフォルニア州)◇6593yd(パー72) クリスティカー、モー・マーティン、チョン・インジ(韓国)が「66」をマークして、6
2017/07/30女子スコットランドオープン

宮里藍は20位 カリー・ウェブ、キム・セヨンが首位浮上

・セヨン(韓国)の2選手が通算6アンダーの首位に並んだ。42歳のカリーは今季初優勝、24歳のキムは今季2勝目がかかる。 首位で出たクリスティカーは「73」で通算4アンダーの3位に後退した。通算2
2017/07/18全米女子オープン

トランプ大統領は「全米女子オープン」で何をしたか?

よれば、クリスティカー、ポーラ・クリーマー、サンドラ・ガル(ドイツ)、スーザン・ペターセン(ノルウェー)、レキシー・トンプソン、そして15歳のアマチュア、レイチェル・ヘックがスカイボックスに招待された
2017/07/28女子スコットランドオープン

カリー・ウェブが首位発進 宮里藍と野村敏京は37位

位につけたのは、6バーディ、ノーボギーの「66」とした39歳のクリスティカー。3位以下に3打差をつけ、ベテラン2人がフィールドを引っ張る形だ。3アンダーの3位で朴仁妃、キム・セヨン(ともに韓国
2017/06/29KPMG女子PGA選手権

宮里藍 全英リコー出場権獲得へ「一打が左右」

ないかと思っている」と意気込みは強い。初日はクリスティカー、チャーリー・ハル(イングランド)との3サムでスタートだ。(イリノイ州オリンピアフィールズ/桂川洋一)
2017/05/07ロレーナ・オチョア マッチプレー

ジュタヌガン、ウィらが準決勝へ コーは3回戦敗退

キム・セヨン(韓国)、25位のハー・ミジョン(韓国)、65位のミッシェル・ウィの4人が準決勝へ進出した。 ジュタヌガンは準々決勝で、クリスティカーを19ホールまでもつれ込む接戦で下した。ミッシェル
2017/05/08テキサスLPGAシュートアウト

みなぎる自信 米ツアー3勝目の野村敏京が帰国

。 最終日を単独首位から出た野村敏京は、クリスティカーに並ばれてプレーオフに突入。そして、スタートから約7時間半後。日没が迫るなか、6ホールに及んだ死闘を制した。 一時は5打のリードを築きながらも
2016/07/24UL インターナショナルクラウン

カーの策略?渡邉、鈴木組はペースをつかめず完敗

米国女子ツアーの8カ国・地域代表の対抗戦「ULインターナショナルクラウン」の3日目。渡邉彩香と鈴木愛は、米国代表のクリスティカー&レクシー・トンプソン組と対戦したが、序盤からリードを許し4&2で
2017/04/30テキサスLPGAシュートアウト

2打差首位 野村敏京が米ツアー3勝目に前進

女子」、2勝目の「スウィンギングスカートLPGA」のどちらも首位で最終日をスタートし、後続を振り切っている。 通算6アンダー2位に朴仁妃(韓国)、クリスティカー、アマチュアのソン・ウンジュン(韓国
2016/11/16CMEグループ ツアー選手権

野村敏京に年間女王戴冠のチャンス 今季最終戦に日本勢4人が出場

。日本勢は他に宮里藍、宮里美香、横峯さくらが出場する。 前年大会はクリスティカーが優勝。ともに首位タイから出たジャン・ハナ(韓国)との争いを制してシーズン2勝目、通算18勝目を飾って一年を締めくくった。優勝スコアは17アンダー。ことしもバーディ合戦が予想される。
2017/05/01テキサスLPGAシュートアウト

「ステーキで祝杯を」野村敏京、日本勢優勝数4番手に

◇米国女子◇ボランティア・オブ・アメリカ テキサスLPGAシュートアウト 最終日(30日)◇ラスコリナスCC(テキサス州)◇6441yd(パー71) 野村敏京がクリスティカーとの6ホールに及ぶ
2016/07/24UL インターナショナルクラウン

日本は米国に連敗 予選3位タイでワイルドカード争奪戦へ

&野村敏京はジェリーナ・ピラー&ステーシー・ルイスに3&1(1ホールを残して3アップ)、鈴木愛&渡邉彩香はクリスティカー&レクシー・トンプソンに4&2で、いずれも敗れた。この日はポイント(勝ち点)を
2016/07/25UL インターナショナルクラウン

地元米国が逆転で初優勝!日本は健闘及ばず5位

。レクシー・トンプソンがリュー・ソヨン(韓国)に2&1で敗れたものの、クリスティカーがメリッサ・リード(イングランド)を3&2で下して勝利をつかんだ。 タイ、中国とのプレーオフを制して決勝に進出した日本