2018/03/26アジアンツアー公式

新たな門出 アジアンツアーCEOジョシュ・バラック

とともに、賞金総額2000万元(315万ドル)の豪華大会に出場するチャンスがあります。 私は「ISPS HANDA ワールドスーパー6パース」を制したキラデクアフィバーンラトに、心からの祝福を送り
2018/03/25WGCデルマッチプレー

ジャスティン・トーマスが世界1位に前進 ベスト4出そろう

チャールズ・ハウエルIIIを1アップで下し、アジア勢としてただ1人準々決勝に進んだキラデクアフィバーンラト(タイ)は、2月の「ジェネシスオープン」で2年ぶりの優勝を飾ったワトソンに5&3で敗れて…
2018/03/24WGCデルマッチプレー

日本勢4人は決勝進めず 世界ランク上位も続々敗退

) グループ1:ケビン・キズナー(36) グループ2:ジャスティン・トーマス(2) グループ3:キラデクアフィバーンラト(32) グループ4:パトリック・リード(23) グループ5:キャメロン・スミス…
2018/03/11旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.29ブルネイ編

していたキラデクアフィバーンラト(タイ)選手も大移動の末、やってきました。世界ランクでも上位の彼は、ブルネイの王子様との「試合ができたら、出場する」という約束を果たすのが目的だったそうです。予選…
2018/03/03WGCメキシコ選手権

マツヤマに続け…アジア勢2人目のWGC制覇なるか

・シャルマ(インド)が通算11アンダーの単独首位で2日目を終えた。7アンダーの5位タイにはキラデクアフィバーンラト(タイ)。アジア発、欧州ツアーの常連選手がビッグタイトル獲得に近づいた。 シャルマは…
2018/03/02WGCメキシコ選手権

ウーストハイゼンが首位 日本勢3人は苦戦

・シャルマ(インド)の3人。5アンダーの5位にキラデクアフィバーンラト(タイ)とラファ・カブレラベロー(スペイン)がつけている。 ディフェンディングチャンピオンのダスティン・ジョンソンは、2アンダー
2018/02/12世界ランキング

最終日マッチ進出も…小平智&宮里優作はランクダウン

12日付けの男子ゴルフ世界ランキングが発表された。オーストラリアで行われた欧州、アジアン、豪州の3ツアー共催「ISPSハンダ ワールドスーパー6パース」で優勝したキラデクアフィバーンラト(タイ)が…
2018/02/12GDOEYE

欧州ツアーで実施 6ホールのゴルフは不完全か?

プレーでいえば、1つのゲームが“通常の3分の1”で完了する方式は、勝敗が流れや運に委ねられる部分が大きかったが、ギャラリーからは好意的な意見も少なくなかった。 優勝したキラデクアフィバーンラト(タイ…
2018/02/12ヨーロピアンツアー公式

1週間前に出場が決定したアフィバーンラトがV

決勝でジェームス・ニティーズを2&1で退けたキラデクアフィバーンラトが「ISPS HANDAワールドスーパー6パース」を制覇し、ヨーロピアンツアー4勝目を挙げた。 タイのアフィバーンラトはわずか7…
2018/02/11ISPS HANDA ワールドスーパー6パース

優勝者に延長負け 宮里優作はメキシコから再始動

が送られた。2回戦から登場した宮里優作は大会を制したキラデクアフィバーンラト(タイ)と対戦。正規の6ホールにわたって行われたマッチプレーでは決着がつかず、延長5ホールを戦った末、敗退が決まった…
2018/02/11ISPS HANDA ワールドスーパー6パース

アフィバーンラトが3年ぶり欧州V 宮里優作はベスト16敗退

が、ノックダウン方式のマッチープレー(6ホール/全5回戦)を行い、キラデクアフィバーンラト(タイ)が決勝でジェームス・ニティーズ(オーストラリア)に2&1で勝利し優勝した。欧州ツアーは2015年…
2018/02/11ISPS HANDA ワールドスーパー6パース

【速報】宮里優作は2回戦敗退 延長5ホール目で散る

)から登場。キラデクアフィバーンラト(タイ)と対戦したが、6ホールのマッチプレーでは決着がつかず、サドンデス方式の延長戦5ホール目で敗れた。 スタートホールを落とした宮里は3ホール目から2連続で長め…
2018/02/08ISPS HANDA ワールドスーパー6パース

片岡大育が4位発進 宮里&小平33位 谷原は出遅れ

。 片岡大育は5バーディ、ノーボギーの「67」でプレーし、5アンダー。キラデクアフィバーンラト(タイ)、ウェイド・オームスビー(オーストラリア)らとともに9人の4位グループを形成した。 宮里優作と小平智は2アンダーの33位でスタートした。谷原秀人は2オーバーの116位と出遅れた。
2018/01/13ユーラシアカップ

池田、谷原は連勝 アジアが大会初制覇へ前進

・ビョンフン、K.アフィバーンラト(2&1)○P.ケーシー、T.ハットン マッチ3:○池田勇太、G.グリーン(1UP)●R.カブレラベロー、A.レビ マッチ4:●カン・スンフン、P.サクサンシン(3&2