2017/11/20ヨーロピアンツアー公式

ローズは1打に泣く…年間王者にフリートウッド

挙げた実り多きシーズンの最終戦を21位で締め括った。 ラームと1打差の2位タイにはシェーン・ローリーとキラデクアフィバーンラトが入り、その1打後方の4位タイにはローズ、ディーン・バームスター、ディラン
2016/11/18ヨーロピアンツアー公式

最終戦はL.ウェストウッドが単独首位発進

キラデクアフィバーンラト、マシュー・フィッツパトリック、マーカス・フレイザー、アレクサンダー・レビ、ルイ・ウーストハイゼン、そしてヤコ・バンザイルがつけている。
2012/05/25ダイヤモンドカップゴルフ

藤田が単独首位に浮上! 3打差をつけて決勝へ

を迎える。通算9アンダーの単独3位にキラデクアフィバーンラト(タイ)、通算8アンダーの単独4位に宮瀬博文が続く。片山晋呉とキム・キョンテ(韓国)は通算6アンダーの8位タイ
2017/01/22ヨーロピアンツアー公式

ハットンが首位 上位に実力者多数で混戦の最終日へ

、2014年の大会王者パブロ・ララサバル、タイのキラデクアフィバーンラト、そしてイングランドのトミー・フリートウッドがつけている。首位から3打差に15人の選手がおり、その中には「全英オープン」王者の
2017/01/20ヨーロピアンツアー公式

“ほどほどの練習”が奏功したステンソンが首位発進

。 ノーボギーの「64」でラウンドしたステンソンは8アンダーとし、大会3勝のマルティン・カイマー、タイのキラデクアフィバーンラト、イングランドのオリバー・フィッシャー、そしてスコットランドのマーク
2012/07/29サン・クロレラ クラシック

B.ジョーンズが逆転で今季2勝目!松山は2打及ばず2位タイ

戦いを終えた。 11アンダーの5位にキラデクアフィバーンラト(タイ)。10アンダーの6位に片山晋呉が入った。 <最終18番、ジョーンズの脳裏に浮かんだのは・・・> 同じ最終組を回る塚田好宣に、1
2013/03/21メイバンク・マレーシアオープン

第1Rはサスペンデッド!暫定首位はK.アフィバーンラト

」の初日は、雷による中断を余儀なくされ、回復見込みが立たないと判断した大会事務局がサスペンデッドを決めた。そんな中、7アンダーで暫定首位に立っているのは、第1ラウンドをホールアウトしているキラデク
2016/04/21ヨーロピアンツアー公式

深センインターナショナルの下馬評

ヨーロピアンツアーは今週、「深センインターナショナル」で今季初めて戦いの舞台を中国に移す。キラデクアフィバーンラトがタイトル防衛に臨む。 先週のスペインでは注目選手たちがトップ5入りを決めたが
2016/06/01アジアンツアー公式

アジアンツアー通信/2016年6月号

「アジアの勃興」by アジアン ツアーコミッショナー・チラハン ワン・ジョンフン、イ・スミン、李昊桐。彼らの名前を覚えておくことだ。 アニルバン・ラヒリやキラデクアフィバーンラトが今や世界でも有名
2016/03/09ヨーロピアンツアー公式

母国タイでの飛翔を目指すアフィバーンラト

今週、欧州ツアーは戦いの舞台を再びアジアへと戻し、第2回「トゥルータイランドクラシック」が開催されるなか、地元タイ出身で実力者のキラデクアフィバーンラトは同大会にて2016年シーズンに弾みをつけ
2017/10/16ヨーロピアンツアー公式

ハットンがモンツァで2週連続優勝を達成

を奪うなど、日曜に6バーディの「65」をマーク。ロレックスシリーズ初制覇を果たした。 ハットンが18番のティに立った時点では、すでにホールアウトしていたロス・フィッシャーとキラデクアフィバーンラト
2015/02/11ヨーロピアンツアー公式

タイでの勝利を目指すビヨーン

ツアー6勝のトンチャイ・ジェイディーを筆頭に、キラデクアフィバーンラト、そしてホアヒン出身のプロム・ミーサワットらが栄冠を目指してプレーすることになる。
2011/07/28サン・クロレラ クラシック

単独首位の平塚を、池田が1打差で追う!遼は大乱調

を奪って、一気に首位に躍り出た。 首位と3打差の単独3位には、キラデクアフィバーンラト(タイ)が続いている。ディフェンディングチャンピオンの高山忠洋はイーブンパーの40位タイ。 前週の
2013/07/12ヨーロピアンツアー公式

スコットランドでのお手本を示したパリー

・イロネン、イングランドのジェームス・モリソン、タイのキラデクアフィバーンラト、同じくタイのトンチャイ・ジェイディ、そして午後スタート組のベストスコアとなったスコットランドのクリス・ドークがミケルソン
2013/03/22メイバンク・マレーシアオープン

K.アフィバーンラトが暫定首位をキープ!小林は予選通過なるか

でサスペンデッドを迎えた。そんな中、2日目を暫定首位からスタートしたキラデクアフィバーンラト(タイ)が、バックナインを残して、通算10アンダーと伸ばし首位をキープしている。通算9アンダーの暫定2位