2019/10/03日本女子オープン

【速報】渋野日向子と畑岡奈紗は5アンダー発進

を決めた。 同組でプレーした畑岡奈紗は7バーディ、2ボギーとし同じく「67」。前年大会を制したユ・ソヨン(韓国)は4アンダーで終えた。 8アンダーで回ったペ・ヒギョンが暫定首位。キムハヌル、ペ
2019/07/05資生堂レディス

ペ・ヒギョンが首位守る 永井花奈「65」で2位浮上

首位をキープした。2打差の8アンダー2位にイ・ミニョン、キムハヌル(いずれも韓国)のほか、7バーディ「65」をマークした永井花奈が21位タイから浮上した。 7アンダー5位に稲見萌寧。この日「67」で
2019/07/04資生堂レディス

ペ・ヒギョンが首位発進 1打差にキム・ハヌルと稲見萌寧

。「66」をマークしたペ・ヒギョン(韓国)が6アンダーの単独首位発進を決めた。 1打差の2位にキムハヌル(韓国)とツアー未勝利の稲見萌寧がつけた。3アンダー4位に小野祐夢、柏原明日架、エイミー・コガ
2019/06/28アース・モンダミンカップ

単独首位に申ジエ 大城さつき、原英莉花が続く

アンダー4位に続いた。 前年大会覇者の成田美寿々はキムハヌル(韓国)と並び7アンダー5位。ツアー史上2人目の3週連続優勝がかかる鈴木愛は2日続けて「71」にとどまり、2アンダー26位タイで決勝ラウンドに
2019/06/27アース・モンダミンカップ

首位発進の19歳・菅沼菜々 飛行機に乗れず出場断念の苦悩も

ジエ、原英莉花、キムハヌルと並んで5アンダーの首位で発進した。台風接近を感じさせる強風が吹く中、「ドライバーは風が吹くほうから乗せていく感じに。2打目からは振り切らないでラインを出すように気を付けた
2019/06/27アース・モンダミンカップ

原英莉花ら4人が首位 3週連続V狙う鈴木愛は16位

)、菅沼菜々、キムハヌル(韓国)が5アンダーの首位で発進した。 1打差の4アンダー5位に宮崎乙実。ディフェンディングチャンピオンの成田美寿々は大城さつき、宮里美香と並び3アンダー6位につけた。 賞金
2019/04/10スタジオアリス女子オープン

日本人開幕6連勝なるか 比嘉、鈴木、上田、河本は今季2勝目を狙う

、第4戦「アクサレディス in MIYAZAKI」でツアー初優勝を飾った20歳のルーキー河本結も出場する。 韓国勢は昨季賞金女王のアン・ソンジュが母国で頸椎ヘルニアの内視鏡手術を受けるため、今週から2週連続で出場しないが、申ジエ、イ・ボミ、キム
2018/11/16大王製紙エリエールレディス

予選落ちの笠、川岸らシード喪失 有村首位

「63」をマークしたテレサ・ルー(台湾)。通算9アンダーの4位に松田鈴英とキムハヌル(韓国)が続く。 賞金ランキング2位で逆転女王には残り2戦全勝が最低条件となる申ジエ(韓国)は通算5アンダーの17
2018/10/26樋口久子 三菱電機レディス

三ヶ島かなが単独首位発進 15位まで2打差の混戦

今季2度目となる単独首位発進を決めた。1打差2位に辻梨恵とペ・ヒギョン(韓国)がつけた。 3アンダー4位に比嘉真美子、原英莉花、キムハヌル、勝みなみ、アマチュアの鬼塚貴理と高久みなみら12人が並んだ
2018/10/22マスターズGCレディース

高額大会で上位 キム・ハヌルと原英莉花は賞金シード当確

の賞金シード(賞金ランキング50位まで)を確定させた。通算10アンダーの単独2位としたキムハヌル(韓国)は1584万円を加算し、同ランク48位から28位に浮上。通算8アンダーの4位タイで終えた原英莉
2018/10/21マスターズGCレディース

アン・ソンジュが今季5勝目 2打差2位にキム・ハヌル

バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「74」とスコアを落としながらも、通算12アンダーで8月の「ニトリレディス」に続くツアー28勝目となる今季5勝目を飾った。 ホステスプロのキムハヌル(韓国)は4バーディ
2018/10/20マスターズGCレディース

アン・ソンジュが今季5勝目へ独走 菊地絵理香が5打差追う

。東浩子と松田鈴英が通算8アンダーの3位につけた。さらに1打差でキムハヌル(韓国)が追う。 2位で決勝ラウンドに進んだ原英莉花は「76」と崩れ、通算5アンダーの12位に後退し、鈴木愛、木戸愛らと並んだ。
2018/09/23ミヤギテレビ杯ダンロップ女子

【速報】第2ラウンド終了 佐伯三貴が単独首位

た。通算8アンダーの首位は佐伯三貴。通算7アンダーの2位に大江香織、通算6アンダーの3位に葭葉ルミとキムハヌル(韓国)がつけ、引き続き行われる最終ラウンドに進む。 暫定首位で15番からプレーを再開し
2018/09/22ミヤギテレビ杯ダンロップ女子

佐伯三貴が暫定首位 日没で51人がホールアウトできず

首位に立った。 1打差の通算6アンダー暫定2位に、葭葉ルミ(16ホール終了)、原江里菜、(14ホール終了)、大江香織(13ホール終了)の3人が並んだ。 通算5アンダーの暫定5位にキムハヌル(韓国/14
2018/09/21ミヤギテレビ杯ダンロップ女子

小祝さくらが今季4度目の首位発進 香妻琴乃は47位

、酒井美紀、大江香織、佐伯三貴と並び、今季4度目の首位発進を決めた。 3アンダーの6位に野澤真央とキムハヌル(韓国)。2アンダーの8位にアン・ソンジュ(韓国)、エイミー・コガ、木村彩子、石川明日香ら
2018/09/16マンシングウェアレディース

香妻琴乃が涙の初優勝

、イ・ミニョン(ともに韓国)、岡山絵里、新垣比菜の4人。通算12アンダーの6位にアマチュアの安田祐香(兵庫・滝川第二高3年)、鈴木愛、キムハヌル(韓国)の3人が並んだ。通算11アンダーの9位に永峰咲希
2018/09/15マンシングウェアレディース

ささきしょうことセキ・ユウティンが首位 鈴木愛ら1打差3位

打差の通算9アンダー3位に賞金ランキング3位の鈴木愛と、同2位のアン・ソンジュ(韓国)、今季2勝目を目指す新垣比菜のほか、キムハヌル、イ・ミニョン(ともに韓国)の5人が並んだ。 2打差の通算8