2020/02/17ギアニュース

イ・ボミ契約の「WAAC」が日本上陸

、国内男子ツアーのチャン・キム(ともに米国)らがいる。イは昨季に未勝利ながらトップ10に7回入り、賞金ランキング21位で賞金シードに復帰。昨年末に結婚し、公私ともに充実した新シーズンに向けて、2選手の
2019/12/13中古ギア情報

中古で買える?男子ツアーの実力派ドライバー

ドライバー」。パク・サンヒョン、ジェイビー・クルーガー、キム・キョンテが使う米国男子ツアーでも人気のモデル。タイトリストだからといって特別に難しいわけではないが、ボールをつかまえることができる人向き
2019/11/05優勝セッティング

ピン契約2年目で4季ぶり勝利 ハン・ジュンゴンの14本

メーカーは「自分の中ではミスヒット時のズレが少なく感じるし、安定した距離が打てる。それらは自分の長所になっている部分だと思う」と評価した。 1Wは、2週前の「日本オープン」を制したチャン・キム(米国)と
2019/10/21優勝セッティング

6817ydをドライバーで制圧 チャン・キムの勝利の14本

大会名:日本オープンゴルフ選手権競技 日時:2019年10月17日(木)~21日(日) 開催コース:古賀ゴルフ・クラブ(福岡) 優勝者:チャン・キム 連日の日没サスペンデッドで、決勝ラウンドに進出し
2019/06/10優勝セッティング

変更ウェッジでチップイン 上田桃子の優勝ギア

勝目を挙げた。1打差の3位から出て「65」で回りキム・ヒョージュ(韓国)と石井理緒を逆転。54ホール中9ホールでパーオンを逃したが(パーオン率83%)、スコアを落としたのは2ホールだった。 前回優勝し
2019/06/03優勝セッティング

7番アイアンが2本 契約フリー池田勇太がこだわる14本

勝目を飾った。最終日を2位チャン・キム(米国)と1打差の単独首位から出て、その座を譲ることなく逃げ切った。2016年からクラブ契約フリーの池田。キャディバッグの中はこだわりが溢れていた。 舞台はツアー
2019/05/13ツアーギアトレンド

「フラッシュサブゼロ」ツアープロは4種のヘッドからチョイス

な男子プロ(5月9日時点のデータ) (A) ショーン・ノリス、H.W.リューら (B) 深堀圭一郎、ブレンダン・ジョーンズ、アンソニー・クワイエル (C) 石川遼、中里光之介 (D) 丸山茂樹、池田勇太、岩田寛、キム・ヒョンソン
2018/12/27ツアーギアトレンド

年間勝利数が最も多かったドライバーは?/国内女子

ライフプラネッツが展開するロッディオで初優勝したほか、オノフ使用の黄アルムが3勝をあげた。 前年は7勝だった本間ゴルフは、契約するキム・ハヌル、イ・ボミ(ともに韓国)が未勝利に終わったこともあり1勝にとどまった
2018/04/18ツアーギアトレンド

“ドラコン界”の有名シャフト ツアープロも愛用中

◇国内男子◇東建ホームメイトカップ◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7081yd(パー71) 今年からテーラーメイドと1Wの使用契約を結んだキム・ヒョンソン(韓国)が『M4 ドライバー』に
2018/04/10ツアーギアトレンド

「マスターズ」覇者の1W 国内男子プロの使用状況は

優作が使うほか、契約プロの多くが手にする人気モデルだ。 3種類がラインアップされたG400シリーズの低スピンモデルで、男子契約プロでは昨季のドライビングディスタンス1位のチャン・キム、同4位で日本人
2018/01/07ツアーギアトレンド

キャロウェイ新1Wが米ツアー登場 新人王ら使用

から同社と用具契約を結んだ昨季新人賞のザンダー・シャウフェレをはじめ、アダム・ハドウィン(カナダ)、ケビン・キズナー、キム・シウー(韓国)らがキャディバッグに入れている。 新ドライバーは日本では9日
2017/07/18優勝セッティング

初出場・初優勝を支えた14本 キム・ヘリムの優勝ギア

大会名:サマンサタバサレディース 日時:2017年7月14日(金)~7月16日(日) 開催コース:イーグルポイントゴルフクラブ(茨城) 優勝者:キム・ヘリム 主催者推薦枠から日本ツアーに初出場した
2017/07/11ギアニュース

ツアーで話題のピン新型ドライバー「G400」が解禁

.88ydを記録する圧倒的なパワーで優勝したチャン・キムが「G400 LSテック ドライバー」を使用して話題となったクラブだ。 ドライバーは、球のつかまりがいい順に「G400 SFテック ドライバー
2017/07/10優勝セッティング

“鬼に金棒” チャン・キムが未発売の最新1Wで2勝目

日時:2017年7月6日(木)~7月9日(日) 開催コース:ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(北海道) 優勝者:チャン・キム 1打差を追って最終日をスタートしたチャン・キム(米国)が「66」をマーク