2019/11/05優勝セッティング

ピン契約2年目で4季ぶり勝利 ハン・ジュンゴンの14本

メーカーは「自分の中ではミスヒット時のズレが少なく感じるし、安定した距離が打てる。それらは自分の長所になっている部分だと思う」と評価した。 1Wは、2週前の「日本オープン」を制したチャン・キム(米国)と
2019/11/03マイナビABC選手権

今平周吾は痛恨の紛失球 イーグル締めも実らず惜敗

。 約390万円差の2位にいた賞金ランキングではチャン・キム(米国)を抜いてトップに返り咲き、同週開催の世界ゴルフ選手権「HSBCチャンピオンズ」の辞退をタイトル争いの前進につなげたが、「今週はいい位置に
2019/11/03スウィンギングスカート台湾選手権

ネリー・コルダがプレーオフ制し連覇 渋野日向子39位

ブルック・ヘンダーソン(カナダ)、ハー・ミジョン(韓国)、キム・セヨン(同)の3人が並んだ。 47位から出た渋野日向子は6バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「69」でプレー。米ツアー2戦目は通算3アンダー39位。横峯さくらは「73」でプレーし…
2019/11/03GDOEYE

WGCはいつまで日本ツアーの賞金ランク対象外なのか

キムや石川遼、浅地洋佑らは逆に日本ツアーを軽視しているように見られるかもしれない。 結局、日本ツアーの目指すべき方向性が不明瞭だ。「賞金レース」に“何をにじませるか”、このタイトルでファンに何を訴えるか
2019/11/02樋口久子 三菱電機レディス

初の逆転Vを視野 キム・ハヌルは首位と3打差で最終日へ

◇国内女子◇樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 2日目(2日)◇武蔵丘GC(埼玉)◇6585yd(パー72) 9位から出たキム・ハヌル(韓国)が4バーディ、ボギーなしの「68」で回り、通算
2019/11/02樋口久子 三菱電機レディス

鈴木愛が単独首位 プロデビュー戦の古江彩佳は予選落ち

。通算10アンダーで首位を守った。 同ランキング1位の申ジエ(韓国)は「66」でプレー。小祝さくら、岡山絵里と並んで通算9アンダー2位。通算7アンダー5位にキム・ハヌル、ペ・ソンウ(ともに韓国)、大江
2019/11/01スウィンギングスカート台湾選手権

渋野日向子「74」で34位に後退 ハー・ミジョンが首位守る

11アンダー2位で続いた。 キム・インキョン(韓国)、ミンジー・リー(オーストラリア)の2人が通算10アンダー3位につけた。横峯さくらは「71」でプレーし、通算4オーバー63位で2日目を終えた。
2019/11/01樋口久子 三菱電機レディス

鈴木愛と蛭田みな美が首位発進 プロデビュー戦の古江彩佳43位

9位に賞金ランキング1位の申ジエ(韓国)、キム・ハヌル(同)、金田久美子、原英莉花、大山志保、葭葉ルミらがつけた。前年覇者ささきしょうこは2アンダー19位とした。 元賞金女王の森田理香子をキャディに
2019/10/31マイナビABC選手権

岩田寛が首位発進 今平周吾は17位

・キョンナム、Y.E.ヤン、ハン・ジュンゴン(いずれも韓国)の3人が続いた。 5アンダー6位にキム・ヒョンソン(韓国)、デービッド・ブランスドン(オーストラリア)、香妻陣一朗の3人。4アンダー9位グループに
2019/10/30マイナビABC選手権

選択は吉と出るか 今平周吾が日本に残ったワケ

れない。賞金ランクは現時点で、トップのチャン・キム(米国)に約390万円差の2位と好位置をキープ。「いい位置にいるし(賞金タイトルの)チャンスもあるので、頑張っていきたい」と、改めてタイトル防衛に向け
2019/10/29マイナビABC選手権

賞金トップ10の半数不在 タイトル争いに変動は

」(中国・上海)に出場。1位のチャン・キム(米国)、3位の石川遼、4位のジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)、6位の堀川未来夢、7位の浅地洋佑が不在となる。 キムを約390万円差の2位で追う今平周吾は
2019/10/26福岡シニアオープンゴルフトーナメント

白潟英純が首位発進 伊澤利光が2打差で追う

、加瀬秀樹、室田淳、久保勝美、清水洋一、キム・ジョンドク(韓国)の6人が並んだ。 前年覇者の鈴木亨は2アンダーの11位。シニアデビュー戦の篠崎紀夫は2オーバーの40位で初日を終えた。
2019/10/25

キム・ビオの韓国ツアー出場停止処分が1年に短縮

試合中にギャラリーに対して不適切な態度で怒りを表したとして、韓国プロゴルフ協会(KPGA)から3年間のツアー出場停止を言い渡されていたキム・ビオ(韓国)の処分が1年間に短縮された。 23日(水)に
2019/10/24マスターズGCレディース

イ・ボミ「この大会で勝てたら…」 恩返しへの好発進

…」と佐藤賢和キャディと目を丸くした。 同じくホステスプロのキム・ハヌル(韓国)や稲見萌寧と並ぶトップで迎えた、最終9番では10mから3パットさせ、唯一のボギーをたたいた。2季ぶりの首位発進を逃し
2019/10/24マスターズGCレディース

キム・ハヌルと稲見萌寧が首位 イ・ボミ1打差3位

◇国内女子◇NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 初日(24日)◇マスターズGC(兵庫)◇6510yd(パー72) 大会を主催する延田グループとスポンサー契約を結ぶキム・ハヌル(韓国
2019/10/22佐藤信人の視点~勝者と敗者~

終盤の大ブレーキはどうすれば食い止められたのか?

た堀川未来夢選手、最後まで戦う姿勢を貫き見事勝利をつかんだチャン・キム選手(米国)。彼らそれぞれの立場、それぞれの思いが交錯し、大きなドラマを生んだ大会となりました。 2位に4打差をつけて最終ラウンド
2019/10/21優勝セッティング

6817ydをドライバーで制圧 チャン・キムの勝利の14本

大会名:日本オープンゴルフ選手権競技 日時:2019年10月17日(木)~21日(日) 開催コース:古賀ゴルフ・クラブ(福岡) 優勝者:チャン・キム 連日の日没サスペンデッドで、決勝ラウンドに進出し