2019/11/23CMEグループ ツアー選手権

畑岡奈紗は9位に浮上 キム・セヨンが首位キープ

◇米国女子◇CMEグループ ツアー選手権 2日目(22日)◇タイバーアンGC(フロリダ州)◇6556yd(パー72) 単独首位スタートのキム・セヨン(韓国)が「67」をマークし、通算12アンダーで
2019/11/22CMEグループ ツアー選手権

畑岡奈紗は5打差17位 キム・セヨンが単独首位発進

◇米国女子◇CMEグループ ツアー選手権 初日(21日)◇タイバーアンGC(フロリダ州)◇6556yd(パー72) 精鋭60人が出場のシーズンの最終戦でキム・セヨン(韓国)が「65」で回り、7
2019/11/18パナソニックオープン インディア

韓国の17歳キム・ジュヒョンが優勝

キム・ジュヒョン(韓国)が「65」をマークし、通算13アンダーとして優勝した。 シブ・カプールとセナッパ・チッカランガッパの地元インド勢が通算12アンダーの2位。テリー・ピルカダリス(オーストラリア)が11アンダーの4位で終えた。
2019/11/15VISA太平洋マスターズ

今平周吾は今季初の予選落ち回避 ライバル不在の週末へ

。13番(パー3)もアイアンショットをピンに絡め、4ホールで3バーディの荒稼ぎでカムバックした。 賞金ランキング2位のチャン・キム(米国)が不在、同3位の石川遼は予選落ちと賞金レースのライバルたちがい
2019/11/10タイランドオープン

キャトリンが三つ巴のプレーオフ制す 水野眞惟智は19位

を外国勢が制したのは2015年のキム・キョンテ(韓国)以来。 3アンダー26位から出た水野眞惟智は「69」をマークして通算5アンダーの19位タイ。関藤直熙は57位タイから「70」で回り、イーブンパーの48位タイで終えた。
2019/11/10TOTOジャパンクラシック

強い、強い、鈴木愛 「夢みたい」な米ツアー初制覇

「67」で回って通算17アンダーとし、2位のキム・ヒョージュ(韓国)に3打差をつけて、2週連続での完全優勝を成し遂げた。「本当に夢みたい。いままでの優勝の中でも、1番か2番に印象に残る試合になった」と
2019/11/10HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

今平周吾は今季5度目の2位「優勝しないと意味ない」

してやっていきたい。やっぱり、優勝しないと何も意味がないですよね」と厳しい表情を見せた。 それでも賞金2000万円を獲得し、賞金ランキング2位のチャン・キム(米国)に約3000万円差をつける同1位を
2019/11/10TOTOジャパンクラシック

鈴木愛が逃げ切りで米ツアー初優勝 渋野日向子は13位

に築いた3打のリードをハーフターンまでに5打にひろげた。バックナインはパーを並べ、独走のままノーボギーで最終18番(パー5)をバーディで締めた。 鈴木と3打差の通算14アンダー2位にキム・ヒョージュ
2019/11/09TOTOジャパンクラシック

鈴木愛が単独首位で今季6勝目に王手 渋野日向子は6打差7位

つけた。通算8アンダー3位に今季海外メジャー覇者のハンナ・グリーン(オーストラリア)、キム・ヒョージュ(韓国)の2人。通算7アンダー5位にミンジー・リー(オーストラリア)、フォン・シャンシャン(中国
2019/11/08富士フイルム シニア チャンピオンシップ

ウィラチャンが首位浮上 深堀圭一郎は6位に後退

バリー・レーン(イングランド)が並んだ。 キム・ジョンドク(韓国)が通算5アンダー5位。初日トップの深堀圭一郎は「73」と落として後退、鈴木亨、グレゴリー・マイヤーと並んで通算4アンダー6位となった。
2019/11/08TOTOジャパンクラシック

鈴木愛が首位発進 渋野日向子は2打差9位

ツアーとの共催で世界ランキングポイントも高く、鈴木の心を鼓舞する要素は十分だ。 1打差の3位に、ジェニファー・カップチョ、ギャビー・ロペス(メキシコ)、テレサ・ルー(台湾)、キム・ヒョージュ(韓国
2019/11/08TOTOジャパンクラシック

【速報】渋野日向子は「69」ホールアウト時点で首位と2打差

。 ホールアウトした選手では、リディア・コー(ニュージーランド)、キム・ヒョージュ(韓国)らが4アンダー「68」で続く。勝みなみ、松田鈴英、三ヶ島かな、ペ・ソンウ(韓国)、エンジェル・インらが3
2019/11/07HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

奇跡のノーボギー 宮本勝昌「全てがうまくいった」

(319.60yd)のチャン・キム(米国)が記録した321ydを抜いた。 「満足です。チャン・キムも『47歳とは思えない。体はまだまだ20代』と褒めてくれました。気持ちよかった」。残り160ydから9
2019/11/07HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

宮本勝昌が首位タイ発進 石川遼は出遅れ95位

を主戦場としている平塚哲二が池田勇太、重永亜斗夢、木下稜介らと並んで1打差の4アンダー5位タイにつけた。 賞金ランキング1位の今平周吾はイーブンパー47位、ランク2位のチャン・キム(米国)は前週優勝の
2019/11/05HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

宮里優作が帰国参戦 賞金レースは残り5戦

ランキング1位、同2位に17年大会覇者のチャン・キム(米国)、同3位に今季2勝の石川遼がつける。賞金レースにも注目が集まる。 予選ラウンドは、前週大会優勝のハン・ジュンゴン(韓国)と2位に終わった今平、若手ホープの星野陸也が注目組。石川は秋吉…