2016/08/30フジサンケイクラシック

優勝明けの石川遼が4年ぶりに富士桜へ 金庚泰が連覇を狙う

国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」は9月1日から4日間、山梨県の富士桜カントリー倶楽部で開催される。前年大会は、2日目に首位に立ったキムキョンテ(韓国)が、そのまま逃げ切りシーズン3勝目を
2010/05/29ダイヤモンドカップゴルフ

金庚泰が独走態勢に! 片山が2位、石川遼は16位に浮上!

ホールアウトした直後に本降りの雨となった。 2位に5打差をつけてスタートした庚泰(韓国)は、前半こそパーを重ねる展開となり後続の追い上げを許したが、後半14番からの4連続バーディで再びリードを広げる
2015/11/17ダンロップフェニックストーナメント

松山英樹が連覇を狙う キム・キョンテは賞金王獲得なるか

トニー・フィナウ(米国)が参戦。石川遼も急きょ出場を決めている。 残り3試合となったツアーの賞金レースは佳境に入った。キムキョンテ(韓国)は前週「三井住友VISA太平洋マスターズ」を体調不良で欠場した
2010/10/31マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント

矢野東、チップインイーグルで勢いに乗ったが・・・

、バリエーション豊かなボールコントロールで攻めのゴルフに転じ好スコアを出してきた。 そして最終日もショットの調子は完璧で、序盤から同組でラウンドする庚泰(韓国)を圧倒した。1番でがバーディを奪い11
2012/11/22カシオワールドオープンゴルフトーナメント

藤田7位タイ発進!今週にも賞金王決定か!?

いる石川遼は3バーディを奪い、キムキョンテ(韓国)、藤本佳則らと並び13位タイとまずまずのスタート。アマチュアとして5試合連続トップ10入りのかかった松山英樹は、2バーディ、2ボギーのイーブンパーで
2010/07/25長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント

3人のプレーオフを制し、小山内護が2006年以来の優勝

た平塚哲二が、スコアを伸ばすことができず序盤から混戦模様に。 平塚をかわし中盤首位に浮上したのは韓国の庚泰キムキョンテ)。前半に2つのバーディを奪ったが、通算14…
2010/12/05ゴルフ日本シリーズJTカップ

キム・キョンテが韓国人として初の賞金王に輝く

今季国内ツアー最終戦となった「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で、最終日に「65」で回って通算10アンダー、5位タイで終えたキムキョンテが、韓国人としては初めて、また外国人選手としても23年ぶりの
2015/09/06フジサンケイクラシック

5年前の再現へ 金庚泰が賞金王奪還へ前進

国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」最終日。4打差リードの首位からスタートしたキムキョンテ(韓国)は2バーディ、4ボギー「73」(パー71)と崩しながらも、後続を1打差で振り切り今季3勝目を
2012/10/04石川遼に迫る

石川遼、今季ベストの4位発進!

がコースを舞った初日。ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)、キムキョンテ(韓国)とインコースから出た石川は前半13番(パー5)でバーディを先行させながらも、続く14番(パー3)でグリーン左からの
2011/10/12石川遼に迫る

遼、メジャー初Vへ「ほぼ最高」の仕上がり

ラウンドは昨年覇者のキムキョンテ(韓国)、そして今年の日本アマチャンピオンである櫻井勝之と同組で回る。「1日、4つ5つのボギーは仕方ないと思ってやりたい。ノルマは4バーディ。ボギーが多くてもパープレーでやっていきたい」と等…
2015/10/30マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント

選手コメント集/「マイナビABCチャンピオンシップ」2日目

キムキョンテ 6バーディ、4ボギー「69」 通算7アンダー首位 「(最終18番は3パットボギー)1mちょっとの距離を外してしまったけど、きょうはパットがすごく良かったです。最後は惜しかったけど
2010/12/05ゴルフ日本シリーズJTカップ

藤田が逃げ切りV!賞金王はキム・キョンテ

タイどまり。初日の出遅れを巻き返したが、賞金ランキングでは藤田に抜かれて3位となった。 今シーズンの賞金王に輝いたのは、通算10アンダーの5位タイで終えたキムキョンテ。外国人選手としては1987年のデビッド石井以来23年ぶ…
2012/06/24~全英への道~ミズノオープン

B.ケネディがツアー初勝利 「全英」出場者が決定!

。 【全英オープン出場選手とその資格】 ・2012年5月20日付の世界ランキング50位以内の選手 :ベ・サンムン ・2011年度「プレジデンツカップ」に選出された選手:石川遼、キムキョンテ ・2011年賞金
2012/05/25ダイヤモンドカップゴルフ

韓国の次なるブレーク候補最右翼?キム・ドフン

2010年キムキョンテ、2011年ベ・サンムンと2年連続で韓国人賞金王が誕生している日本男子ツアー。この12年シーズンでも開幕3戦目の「中日クラウンズ」でI.J.ジャンが7年半ぶりとなる勝利を挙げ