2010/01/10

欧州選抜がタイトル奪還! 石川遼は連日の敗北

、6組目の石川、7組目のガガンジートブラーが連敗。欧州が1ポイントリードしたまま、決着は最終組のトンチャン・ジェイディとヘンリック・ステンソンの対戦に委ねられた。 ジェイディが1UPで最終ホールを
2019/03/15ケニアオープン

南アの31歳らが首位 チェ・ホソン75位 川村昌弘は棄権

マークし、7アンダーとして首位で発進した。 ガガンジートブラー(インド)が1打差の6アンダー3位で続いた。 チェ・ホソン(韓国)は4バーディ、6ボギーの「73」とし、2オーバーの75位で初日を終えた。 日本から唯一出場の川…
2010/01/10ザ・ロイヤルトロフィ

欧州選抜がタイトル奪還! 石川遼は連日の敗北

、6組目の石川、7組目のガガンジートブラーが連敗。欧州が1ポイントリードしたまま、決着は最終組のトンチャン・ジェイディとヘンリック・ステンソンの対戦に委ねられた。 ジェイディが1UPで最終ホールを迎え
2017/02/09メイバンク選手権マレーシア

ウォーレンが無傷の「63」で首位 川村ら日本勢は出遅れ

)ほか、ピーター・ユーライン(米国)、マルセル・シーム(ドイツ)、サム・ブラゼル(オーストラリア)、ガガンジートブラー(インド)の6人がひしめく混戦。 日本勢は4人が出場。午前組で出た今平周吾が1
2013/11/29インドネシアオープン

R.グーセンが暫定10位浮上 中里は暫定68位タイ

◇アジアンツアー◇インドネシアオープン 2日目◇ダマイ・インダG&CC パンタイ・インダ・カプックC(インドネシア)◇パー71 大会2日目はサスペンデッドとなり、首位から出たインドのガガンジート
2010/02/07アジアンツアーインターナショナル

平塚哲二は2打及ばず、単独3位/アジアンツアー最終日

タイのスワンゴルフ&カントリークラブで開催されている、アジアンツアーの2010年シーズン開幕戦「アジアンツアーインターナショナル」の最終日。9位タイからスタートしたガガンジートブラー(インド)が
2015/10/20UBS香港オープン

香港にD.ジョンソンら強豪が集結 日本から川村昌弘が出場

欧州男子ツアーとアジアンツアー共同開催の「UBS香港オープン」が22日からの4日間、香港の香港GCで開催される。前年大会は、当時アジアンツアー5勝の実績だったオーストラリア出身のスコット・ヘンドが、アンジェロ・キュー(フィリピン)とのプレーオフを制し、欧州共催…
2013/04/02パナソニックオープン インディア

強豪インド勢が母国タイトル防衛に挑む

。 今年もインドのエリートゴルファーたちがデリーゴルフクラブに集結。ディフェンディングチャンピオンのシンを始め、ジーブ・ミルカ・シン、ガガンジートブラー、ジョティ・ランダワら、日本でも馴染み深い実力者
2018/06/30クイーンズカップ

新木豊は52位で決勝へ タイ出身の22歳が首位浮上

、ミゲル・タブエナ(フィリピン)、ガガンジートブラー(インド)の4人が続いた。 日本勢は2人が出場。62位からスタートした新木豊は4バーディ、1ダブルボギーの「69」と2つ伸ばし、通算3アンダーの52位で
2014/12/20ドバイオープン

逆転シード狙う片岡大育が7位浮上 上位にインド勢

アンダーで首位に並んだ。インドのガガンジートブラーのほか、同国初の米ツアー覇者であるアージュン・アトワルがベストスコアの「65」をマークして1打差の3位タイにつけている。 52位から出た日本の片岡大育
2012/10/25CIMB アジアパシフィッククラシック

タイガーは7位タイの好発進!小林正則は21位タイ

にはトム・ギリス、ロバート・ガリガス、ガンジート・ブラー(インド)が並んだ。5アンダーの7位タイには、今大会参戦に注目が集まったタイガー・ウッズほか、ジェイブ・クルーガー(南アフリカ)、グレッグ
2013/11/30インドネシアオープン

タイの18歳が首位タイに浮上 ブラーを捕える

、決勝ラウンドがスタート。54ホールを終えてタイのジャズ・ジャンワタノンドがガガンジートブラー(インド)と並び首位タイに立った。 ジャンワタノンドは今月26日に18歳の誕生日を迎えたばかり。2週前の
2013/03/17アバンサマスターズ

T.エイケン、逃げ切りで2シーズンぶりの勝利!

を飾った。 母国での戦いとなったガガンジートブラー(インド)がこの最終ラウンドを「64」で回り通算20アンダーの単独2位フィニッシュ。リャン・ウェンチョン(中国)は7番(パー3)でホールインワンを
2013/10/01マーキュリーズ台湾マスターズ

今週の舞台は台湾 シーズン後半突入で賞金王争いも本格化

、ツアー2勝目を飾った。 そのツァイは大会連覇を懸けて今年も参戦を表明。そのほかの注目選手ではキラデク・アフィバーンラト(タイ)、ガガンジートブラー(インド)ら賞金ランク上位陣だ。アフィバーンラトは
2018/07/01クイーンズカップ

J.ジェーンワタナノンドがツアー2勝目 新木豊は60位

バーディ、2ボギーの「67」。通算19アンダーで2017年の「バシュンダラ・バングラデシュオープン」以来となるツアー2勝目を飾った。 同じく首位から出たガガンジートブラー(インド)は3バーディ、3
2018/06/30クイーンズカップ

タイの22歳が首位キープ 新木豊は67位

の「68」でプレー。2017年の「バシュンダラ・バングラデシュオープン」以来となるツアー2勝目を目指し、ガガンジートブラー(インド)とともに通算15アンダー首位で最終日を迎える。 1打差3位に