2018/06/11記録

「全米オープン」出場選手&資格

9.2018年BMW PGA選手権(欧州ツアー)優勝者 フランチェスコ・モリナリ 10.2017年全米シニアオープン優勝者 ケニー・ペリー 11.前年大会10位タイまでの選手 トミー・フリート
2018/06/11全米オープン

「全米オープン」最終ラウンド組み合わせ

) ディーン・バーメスターブライアン・ハーマン 10:11(23:11) パトリック・カントレーサム・バーンズ 10:22(23:22) ピーター・ユーラインルイス・ギャグニー (a) 10:33(23
2017/11/26カシオワールド

近藤共弘、星野英正、深堀圭一郎らがシード喪失

龍一(特別保障制度申請中)、カートバーンズ、竹谷佳孝(優勝による複数年シード保持)、岩本高志、ハン・リー、スコット・ストレンジ、チャプチャイ・ニラト、星野英正、J.B.パク、増田伸洋、平塚哲二
2017/08/02ISPSハンダマッチプレー選手権

宮本勝昌、片山晋呉ら3回戦進出 宮里優作は敗退

2アップで勝利。岩田はデービッド・ブランスドン(オーストラリア)を1アップとして下した。 ストローク戦で行われていた2015年大会を制した武藤俊憲は、2イーグルを奪うなどカートバーンズ
2017/05/21関西オープン

今平周吾が完全優勝でツアー初V 後続を6打差圧倒

に片岡大育。通算2アンダーの3位にスンス・ハン(米国)。北村晃一と、デービッド・ブランスドン、カートバーンズ、ブラッド・ケネディのオーストラリア勢3人が通算1アンダーの4位に入った。 3週連続優勝の
2017/05/20関西オープン

今平周吾が独走首位!5打リードで初優勝に王手

引き寄せた。 通算3アンダーの2位にオーストラリアのカートバーンズ。通算2アンダーの3位で片岡大育、高山忠洋、ブラッド・ケネディ、デービッド・ブランスドン(ともにオーストラリア)、スンス・ハン(韓国
2017/05/19関西オープン

伏兵・小野田享也が「65」 今平周吾と首位を並走

に4バーディを集めて「69」。ツアー初優勝へ絶好のポジションで決勝ラウンドに駒を進めた。 通算3アンダーの3位にデービッド・ブランスドン、マシュー・グリフィン、ブラッド・ケネディ、カートバーンズ
2017/04/04マスターズ

タイガー・ウッズの伝説的勝利から20年 1997年の当事者たち

、あるいは我々全員の内奥に潜んでいた何かが口を滑らせて出てきた言葉だったのである(こういうのは、往々にしてうっかり口に出してしまうものである)。これにより、ナイスガイのゼラーはKマートとのスポンサー契約と
2016/11/10三井住友VISA太平洋マスターズ

【速報】凱旋出場の松山英樹は連続バーディ発進

パーとして、4番をプレー中。 約1270万円差の賞金ランク2位で追う池田勇太は、同じ10番ティから1組前の同9時25分にスタート。3ホールを終えてすべてパーとしている。 カートバーンズ(オーストラリア)が7ホールを終えて3バーディとし、3アンダーで単独首位を走っている。
2016/08/15ジョンディアクラシック

ムーアが逃げ切りV シード権かかる岩田寛は56位

ボギーと安定感あるプレーを披露した。 2打差の通算20アンダー2位にベン・マーティンが続いた。モーガン・ホフマン、キム・ミンフィ(韓国)が3位で並んだ。リッキー・バーンズケリー・クラフト、ジョンソン
2016/07/26ヨーロピアンツアー公式

全米プロゴルフ選手権の知っておくべきアラカルト

口サイズの大会史> 第1回「全米プロゴルフ選手権」は100年前に開催され、この時はニューヨーク州ブロンクスビルのシワノイCCでジム・バーンズが優勝を遂げた。1916年に大会を制したバーンズには、優勝
2016/07/23RBCカナディアンオープン

D.ジョンソンら首位堅守 岩田寛は31位で決勝へ

首位をキープし、トーナメントを折り返した。 通算6アンダー3位にケリー・クラフト、ホン・ラーム(スペイン)と、アマチュアのジャレッド・デュトア(カナダ)の3人。通算5アンダーの6位にリッキー・バーンズ
2016/01/15ソニーオープンinハワイ

首位から3打差に31人 谷原&片岡が20位、石川32位で発進

・シン(フィジー)、ブラント・スネデカー、リッキー・バーンズ、モーガン・ホフマン、ケビン・キスナーの5人が「63」でプレーし、7アンダーとしてトップ発進を決めた。 日本勢では、谷原秀人と片岡大育が
2015/10/29マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント

キム・キョンテが首位スタート 稲森佑貴が1打差の2位

◇国内男子◇マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント 初日◇ABCゴルフ倶楽部(兵庫県)◇7130yd(パー71) 今季4勝を挙げ賞金ランクトップに立つキム・キョンテ(韓...