2020/09/17プラス1

「秋のむくみ」を予防するには?

長時間同じ姿勢でいると、ふくらはぎのポンプ作用が機能せず、足に血液や水分がたまったままになります。 そのため、以前紹介した足首を上下に動かすエクササイズや足の指を広げる&伸ばすエクササイズを実践しましょ
2020/09/10プラス1

これで疲れ知らず? バテない体を作る筋力トレーニング

ラウンド終盤になると、疲れからスイングが安定せず、飛距離や方向性が落ちることはありませんか? それらを防ぐためには、スイング中の関節の可動域を正しくコントロールする「安定性」が重要となります。 関節を正しく使うことができないと、可動域を超えた動きが生じ、スイン…
2020/08/13プラス1

スイングをパワフルに! 関節を柔軟に動かす自宅トレーニング

:右手を戻し、右ひざを左腰に近づけます。 4:反対側も同じように行いましょう。 これらのエクササイズで最も重要なポイントは、上半身と下半身を分離させて身体の可動域を広げつつ、体幹を安定させることです。体幹を鍛えれば、腰痛予防にもつながりますの…
2020/06/25プラス1

「背骨」意識してますか? 正しい姿勢でスコアアップ

。 そこで今回は、背骨の可動域を広げるエクササイズを3つ紹介します。 背骨回旋&合掌エクササイズ 1:両ひざを床につき正座の姿勢をとり、身体を前に倒して両ひじと手を床につけます。 2:腰を回転させて左肩の外側
2020/06/11プラス1

骨盤を回そう! 自宅で飛距離UPエクササイズ

、クラブ軌道がばらつきやすくなります。 その結果、十分なパワーがクラブに伝わらず、飛距離が出ない、打球が散らばる、といったミスショットにつながります。 そこで、今回は「骨盤」にフォーカスしたエクササイズ
2020/05/21プラス1

“体幹”を鍛えよう! 簡単おうちトレーニング方法

前回は腹筋やお尻を鍛えるトレーニングでした。今回は体幹にフォーカスし、自宅で簡単に鍛えることができるメニューをご紹介します。最近、運動不足だと感じているゴルファーの方は必見ですよ! ウォールストレッチ 太ももの前やお腹、脇の下の筋肉をストレッチしましょう。 1…