2017/11/25UBS香港オープン

チャウラシアが3日間首位キープ 谷原は52位

たものの、通算10アンダーとして3日続けて首位をキープ。1打差の2位には、ラファ・カブレラベロー(スペイン)とウェイドオームスビー(オーストラリア)の2人が続いた。 風が止んで穏やかな天候となった3
2020/01/10香港オープン

オームスビーが首位キープ 浅地7位 大槻15位

◇アジアンツアー◇香港オープン 2日目(10日)◇香港GC(香港)◇6701yd(パー70) 2017年大会覇者のウェイドオームスビー(オーストラリア)が2日目も4アンダー「66」とスコアを伸ばし
2019/02/08ISPS HANDA ヴィックオープン

池田勇太33位、川村昌弘44位 石川遼は3日目に進めず

アンダーとしたニック・フラナガンとジェイソン・スクリブナーの地元オーストラリア勢が、首位タイで大会を折り返した。通算13アンダー3位のウェイドオームスビーがつけるなど上位5人を地元勢が占めた。 初日に
2013/04/05パナソニックオープン インディア

シード復帰を狙うL.チービンが首位タイ発進

・プラットとウェイドオームスビー、そしてフィリピンのラム・チービンが「67」をマークして5アンダーの首位タイで滑り出した。 チービンは昨年、賞金ランキング72位に終わりシード権を喪失。「ツアーカードを失っ
2019/07/05アイルランドオープン

47歳ハリントンが母国で首位発進 川村昌弘は54位

た。 1打差の2位にツアー未勝利のザンデル・ロンバルド(南アフリカ)。5アンダー3位タイにミシェル・ロレンゾベラ(フランス)、エディー・ペパレル(イングランド)、ウェイドオームスビー(オーストラリア
2014/11/14トルコ航空オープン

50歳ヒメネスが最年長優勝へ首位発進!

・ポールター。7アンダーの3位タイにティレル・ハットン(イングランド)、ウェイドオームスビー(オーストラリア)、ブレンドン・デ・ヨング(ジンバブエ)の3選手が続いている。 現在、レース・トゥ・ドバイ
2019/12/21オーストラリアPGA選手権

スコットが単独首位で最終日へ 堀川未来夢は後退

、1ボギーの「69」でプレーし、通算10アンダーの単独首位に浮上した。最終18番のバーディで混戦を一歩抜け出し、母国タイトルに前進した。 通算9アンダーの2位にウェイドオームスビー(オーストラリア
2019/12/21オーストラリアPGA選手権

スコットは3位浮上 堀川未来夢が5打差9位に

ウェイドオームスビー(ともにオーストラリア)と並んで7アンダー3位タイで続いた。 大会3連覇がかかるキャメロン・スミス(オーストラリア)は89位からの出遅れを「65」で取り戻し、5アンダー7位タイで
2019/12/19オーストラリアPGA選手権

アダム・スコットが地元で15位発進 堀川未来夢は43位

「67」でプレーし、5アンダーの首位に並んで滑り出した。 ウェイドオームスビー、ミンウ・リー(ともにオーストラリア)ら5人が1打差の4アンダー3位で続いた。 前週の「プレジデンツカップ」に世界選抜
2018/11/22ホンマ香港オープン

宮里優作が首位発進 ルーキー川村昌弘は72位

アンダー4位で続いた。 前年覇者のウェイドオームスビー(オーストラリア)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)はイーブンパーの41位。日本を主戦場とするアンジェロ・キュー(フィリピン)は1オーバーの53位で初日
2019/02/09ISPS HANDA ヴィックオープン

池田勇太と川村昌弘は最終ラウンドに進めず

し、3位から「70」で回ったウェイドオームスビー(オーストラリア)が通算15アンダーの単独首位に浮上。後続に2打のリードを築き、母国タイトルに前進した。 通算13アンダーの2位にマシュー
2019/09/01オメガ・ヨーロピアン・マスターズ

アンドレ・ロメロが首位 谷原秀人は21位に後退

ボギー1ダブルボギーの「66」でプレーし、通算14アンダーの単独首位に立った。2017年以来のツアー3勝目に向け、後続に1打差で最終日に臨む。 ウェイドオームスビー(オーストラリア)が通算13アンダー2
2019/02/10ISPS HANDA ヴィックオープン

D.ロウがツアー初優勝 日本が主戦場のケネディ2位

、首位から出たウェイドオームスビー(オーストラリア)と、日本ツアーを主戦場にするブラッド・ケネディ(オーストラリア)が続いた。 通算16アンダーの4位にジャスティン・ハーディング(南アフリカ)。通算
2013/12/06香港オープン

J.クルーガーが首位浮上! 片岡は3差6位で決勝Rへ

に浮上した。 通算6アンダーの2位にはスチュワート・マンリー(ウェールズ)、通算5アンダーの3位にはシブ・カプール(インド)、アレックス・チェイカ(ドイツ)、ウェイドオームスビー(オーストラリア)の
2013/12/06香港オープン

J.クルーガーが首位浮上! 片岡は3差6位で決勝Rへ

した。 通算6アンダーの2位にはスチュワート・マンリー(ウェールズ)、通算5アンダーの3位にはシブ・カプール(インド)、アレックス・チェイカ(ドイツ)、ウェイドオームスビー(オーストラリア)の3選手
2014/11/08パナソニックオープン インディア

谷昭範は5打差11位で最終日へ ガンジーが首位堅守

、初日からの首位を守った。 シディクール・ラーマン(バングラディシュ)、ミサン・ペレラ(スリランカ)、シャハンカー・シャルマ(インド)の南アジア勢と、ウェイドオームスビー(オーストラリア)の4人が
2018/02/08ISPS HANDA ワールドスーパー6パース

片岡大育が4位発進 宮里&小平33位 谷原は出遅れ

。 片岡大育は5バーディ、ノーボギーの「67」でプレーし、5アンダー。キラデク・アフィバーンラト(タイ)、ウェイドオームスビー(オーストラリア)らとともに9人の4位グループを形成した。 宮里優作と小平智は2アンダーの33位…
2019/08/24スカンジナビア招待

フィッツパトリックが首位浮上 川村昌弘は22位で決勝へ

ボギーの「65」でプレーし、通算11アンダーとして首位に躍り出た。 「62」をマークしたヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、呉阿順(中国)が通算9アンダーの2位で続いた。首位スタートのウェイド
2019/08/25スカンジナビア招待

ファンローエンが首位浮上 川村昌弘は43位

「64」をマークし、通算13アンダーとして首位に立った。 首位で出たマシュー・フィッツパトリック(イングランド)、呉阿順(中国)、ウェイドオームスビー(オーストラリア)が1打差の12アンダー2位につけ