2019/08/26ヨーロピアンツアー公式

ファンローエンがスウェーデンで劇的勝利

、米国のシワン・キム、フランスのアレクサンダー・レビ、豪州のウェイドオームスビー、そして地元スウェーデンのセバスチャン・セーデルベリが入った。
2018/05/07ヨーロピアンツアー公式

仲良しアイルランドコンビ 「ゴルフシックス」を初制覇

を組んだ韓国が2番、4番、そして5番でバーディを奪い、豪州を3-0で下した。 準々決勝ではサム・ブラゼルとウェイドオームスビーの豪州は2-0で欧州女子チームに勝利し、韓国は2-1でタイを下していた。
2017/05/20ヨーロピアンツアー公式

復調のキロス シチリアで単独首位に浮上

グループには、2つイーグルを奪って「64」をマークした南アフリカのヘイドン・ポルテウス、同じく南アフリカのジェイビー・クルーガー、マーカス・フレイザーとウェイドオームスビーの豪州コンビ、スウェーデンの
2017/11/30ヨーロピアンツアー公式

モーリシャスとオーストラリアで注目の3人

今週のヨーロピアンツアーは通常の週とは異なり、「アフラシアバンクモーリシャスオープン」と「オーストラリアPGA選手権」の同時開催となる。シーズン初戦の「UBS香港オープン」を制したウェイド
2020/01/12香港オープン

オームスビー完全優勝 関藤直熙と大槻智春が7位

◇アジアンツアー◇香港オープン 最終日(12日)◇香港GC(香港)◇6701yd(パー70) 2打差の単独首位から出たウェイドオームスビー(オーストラリア)が、最終日も4アンダー「66」で通算17
2020/01/11香港オープン

大槻智春が9位へ浮上 オームスビーが3日間首位キープ

◇アジアンツアー◇香港オープン 3日目(11日)◇香港GC(香港)◇6701yd(パー70) 完全優勝に向けて、ウェイドオームスビー(オーストラリア)が首位を守った。この日もきのうに続き4アンダー
2020/02/06ヨーロピアンツアー公式

ロウはP.ローリーの助言を得てタイトル防衛へ

。 28歳のロウは1年前、最終ホールでイーグルを奪い、それまで首位の座を守っていたウェイドオームスビーとブラッド・ケネディ(ともにオーストラリア)に1打差をつける劇的な逆転勝利で大会制覇を遂げ
2017/08/19フィジーインターナショナル

ウェイド・オームスビーが首位 竹安俊也が16位に浮上

◇欧州男子◇フィジーインターナショナル 3日目(19日)◇ナタドラベイチャンピオンシップゴルフコース(フィジー)◇6947yd(パー72) 8位から出たウェイドオームスビー(オーストラリア)が7
2018/02/28ヨーロピアンツアー公式

「WGCメキシコ選手権」で知っておくべき5つのこと

メキシコ選手権」に出場する。ディーン・バーメスター、ホルヘ・カンピージョ、ポール・ダン、ディラン・フリッテリ、ガビン・グリーン、李昊桐、ウェイドオームスビー、クリス・ペイズリー、シュバンカー・シャルマ
2018/04/25ヨーロピアンツアー公式

「ボルボ中国オープン」で知っておくべき5つのこと

中国の首都でその才能を存分に発揮することになる。 8人のうち、「オメガドバイデザートクラシック」を制した中国の李昊桐、オマーンで優勝したユースト・ラウテン、香港で優勝したウェイドオームスビー
2018/11/21ホンマ香港オープン

欧州ツアーは香港で新シーズン開幕 宮里、川村、小林が出場

なる。 昨年はウェイドオームスビー(オーストラリア)が、混戦を制して欧州ツアー初優勝を達成した。ミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)はトーナメントレコードに並ぶ「63」をマークして通算9アンダー6位
2017/11/26UBS香港オープン

オームスビーが欧州ツアー初制覇 谷原秀人は31位

◇欧州男子◇UBS香港オープン 最終日(26日)◇香港GC(香港)◇6703yd(パー70) 最終組の最後のパットまでもつれた優勝争い。この日「68」で回ったウェイドオームスビー(オーストラリア
2017/06/23BMWインターナショナルオープン

オームスビー「64」で首位 ガルシア3位発進

、ツアー未勝利のウェイドオームスビー(オーストラリア)。8バーディ、ノーボギーにまとめる「64」をマークし、後続に1打リードの8アンダー単独首位で飛び出した。 7アンダーの2位にベルギーのトーマス
2013/12/07香港オープン

マンリーが単独首位に浮上! 片岡大育は15位に後退

)とウェイドオームスビー(オーストラリア)。さらに1打差の4位にスティーブ・ウェブスター(イングランド)と、ホセ・マニュエル・ララ、昨年覇者のミゲル・アンヘル・ヒメネスのスペイン勢2人が続いている。
2013/12/07香港オープン

マンリーが単独首位に浮上! 片岡大育は15位に後退

ウェイドオームスビー(オーストラリア)。さらに1打差の4位にスティーブ・ウェブスター(イングランド)と、ホセ・マニュエル・ララ、昨年覇者のミゲル・アンヘル・ヒメネスのスペイン勢2人が続いている。