2019/08/14NEC軽井沢72

渋野フィーバーが本州上陸 避暑地・軽井沢で熱戦

が国内ツアー復帰戦。 現在賞金ランキング2位につける渋野のほか、申ジエ、ミニョン(ともに韓国)、河本結、上田桃子、成田美寿々、原英莉花らランク上位陣も揃い踏みだ。前週「北海道meijiカップ」で
2019/09/06ゴルフ5レディス

浅井咲希が首位発進 1差2位に臼井麗香

が10バーディ、1ボギーの「63」をマークし、9アンダー単独首位でスタートした。後半14番からの5ホールで4バーディを奪い、混戦のリーダーボードから一歩抜け出した。 8アンダーの2位にミニョン
2019/09/08ゴルフ5レディス

楽天ポイント50万円分ゲット 高橋彩華は最多バーディ賞

ていたが、自分でも(上位に)行けると思えるようになった」と自信がついたようだ。 終わってみれば3日間で18個のバーディを積み上げており、優勝したミニョン(韓国)とともに最多バーディ賞を獲得した
2019/08/31ニトリレディス

渋野日向子は1億円より記録 「あわよくば」優勝

含めれば5番目。記録は破るためにある。(北海道小樽市/石井操) <国内女子ツアー生涯獲得賞金1億円突破までの試合数> 名前/試合数 申ジエ/15試合 フォン・シャンシャン/17試合 朴仁妃/19試合 アン・ソンジュ/21試合 ミニ…
2018/07/29大東建託・いい部屋ネットレディス

黄アルムが9季ぶり優勝 アマチュア安田祐香は3位

◇国内女子◇大東建託・いい部屋ネットレディス 最終日(29日)◇鳴沢GC(山梨県)◇6685yd(パー72) 黄アルム(韓国)が通算14アンダーで並んだミニョン(同)をプレーオフで破り、優勝した
2017/11/26ツアー選手権リコーカップ

【速報】女王争いの行方は?テレサ・ルー3打リードで後半へ

ホールを終了。首位から出たテレサ・ルー(台湾)が1つ伸ばして通算14アンダーとし、逆転賞金女王には優勝が最低条件となる2位のミニョン(韓国)に3打リードの単独首位でサンデーバックナインへ向かった
2019/08/03大東建託・いい部屋ネットレディス

【速報】濱田茉優が4打差首位で決勝へ 第2ラウンド終了

茉優が「67」でプレーし、通算11アンダーの4打差首位で決勝ラウンドに進んだ。 通算7アンダーの2位に有村智恵、藤田さいき、黄アルム(韓国)の3人。6アンダーの5位で・ボミ、ミニョンの韓国勢と木村
2019/08/18NEC軽井沢72

渋野日向子は3位 最終ホールボギーで優勝逃す

アンダーで並んだミニョン(韓国)をプレーオフ1ホール目で振り切り、優勝した。 ※編注:最終の試合結果を踏まえ、12時57分配信の「渋野日向子は3位 最終ホールボギーで優勝逃す」の本文を差し替えました。
2019/08/18NEC軽井沢72

穴井詩がPO制し3勝目 渋野日向子は3位

。通算14アンダーで並んだミニョン(韓国)をプレーオフ1ホール目で下し、2017年「センチュリー21レディス」以来となるツアー3勝目を挙げた。 首位と1打差の2位で出た渋野日向子は5バーディ、1ボギー
2017/12/08日立3ツアーズ選手権

今年の最強ツアーは? 最多6勝のJGTOが連覇を狙う

となる小平智は、前年MVPに輝くなどチームの優勝に大きく貢献した。大会連覇に向けて今年もJGTOの中核を担う。 LPGAはキム・ハヌル、ミニョン(ともに韓国)、川岸史果の3人が初出場という
2017/11/19大王製紙エリエールレディス

鈴木愛は賞金女王へ前進 最終戦単独6位で初戴冠

差を1982万9631円にひろげ、タイトル獲得の可能性を大きく膨らませた。 最終戦の優勝賞金は2500万円。賞金女王の可能性を残すのは、鈴木、キム、同3位のミニョン(韓国)、同4位の申ジエ(韓国
2019/08/04大東建託・いい部屋ネットレディス

成田美寿々が逆転で通算13勝目 1打差に有村智恵ら

・ソンウ(韓国)と並んで2位。昨年覇者の黄アルム(韓国)は通算9アンダー4位に終わった。 通算7アンダー5位に藤田さいきとミニョン(韓国)。通算6アンダー7位に小野祐夢が入った。2週連続優勝を目指していた稲見萌寧は通算7…
2019/07/17サマンサタバサレディース

豪華イベント盛りだくさん 有村智恵が連覇に挑む

2勝目を挙げ、賞金ランキング2位につける渋野日向子、同4位のミニョン(韓国)、6位の上田桃子、7位の勝みなみらがエントリーした。 ランク上位の申ジエ(1位)、鈴木愛(3位)、河本結(5位)、原英莉
2019/07/18サマンサタバサレディース

渋野日向子は「全英」前の一戦「1億稼いだら税金が怖い」

ら賞金ランキング上位の選手が不在。同ランクトップ10のうち出場するのは、2位の渋野、ミニョン(韓国・4位)、上田桃子(6位)、勝みなみ(7位)、穴井詩(9位)の5人。“鬼の居ぬ間”の一戦となったが