2018/10/19マスターズGCレディース

あふれ出る涙 イ・ボミは大会初の予選落ち

◇国内女子◇NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 2日目(19日)◇マスターズGC (兵庫)◇6528yd(パー72) 大会を主催する延田グループ所属のボミ(韓国)は35位から
2018/10/19マスターズGCレディース

安田祐香は予選落ちで新記録ならず 東浩子が首位浮上

記録は10試合で途切れ、諸見里しのぶ、芳賀ゆきよをこえるツアー新記録樹立とはならなかった。 アン・シネ(韓国)は通算1アンダーの51位、大会を主催する延田グループ所属のボミ(韓国)は59位で予選落ちした。
2018/10/18マスターズGCレディース

ツアー3勝のカン・スーヨン 「マスターズGC」を最後に現役引退

ボミ、申ジエ、知姫、アン・ソンジュら韓国勢が集まり、コースのクラブハウスで食事会が催された。日本人選手たちも別れを惜しむ気持ちは同じだ。複数の日本人選手がカンのもとに歩み寄り、次々と惜別のハグを
2018/10/16マスターズGCレディース

1億8000万円をめぐる高額大会 賞金&シード争いに変動は

「富士通レディース」で今季3勝目を飾り、4日間大会にも強い同4位の成田美寿々がその中心となるか。大会3勝の大山志保、ホステスプロのボミ(韓国)らが出場する。アン・シネ(韓国)は7月「センチュリー
2018/10/07スタンレーレディス

韓国で受けた衝撃 2勝目へ新垣比菜の成長

スコアでコルダを上回った。「海外のほかの選手も、飛距離が出なくてもスコアを出しているなと思った」と自信になった。 長年ボミ(韓国)の相棒だった清水キャディには、6月の国内ツアーで初めてキャディバッグを
2018/10/03スタンレーレディス

賞金ランクトップ5が不在 節目の30回大会を制すのは

は終盤の自滅により1打差で惜敗した藤本麻子、米ツアーを主戦場にする横峯さくらが出場する。 ディフェンディングチャンピオンの吉田は初日、2015年大会覇者のボミ(韓国)、表純子と同組でプレー。今季11試合目となる横峯は、金…
2018/09/28日本女子オープン

畑岡奈紗が2打差の2位に浮上 フェービー・ヤオが首位

)と14年覇者のテレサ・ルー(台湾)。通算5アンダーの7位に・ナリ、ユン・チェヨン(ともに韓国)、菊地絵理香が続いた。 鈴木愛は通算1アンダーの23位。ボミとチョン・インジ(ともに韓国)は通算1
2018/09/26トップ杯東海C

小平智は2カ月ぶり国内ツアー WGC出場権獲得に照準

。「クラブもあまり持ちませんでした。球打ちをあまりしていなかったんですけど、きのう(25日)結構打った」と、感覚を戻しているところでもある。今大会は夏場までボミ(韓国)のバッグを担いだ清水重憲
2018/09/22ミヤギテレビ杯ダンロップ女子

佐伯三貴が暫定首位 日没で51人がホールアウトできず

は、通算5オーバーの暫定67位でホールアウト。イーブンパーでスタートしたボミ(韓国)は「78」と大きく崩れ、通算6オーバーの暫定70位と予選通過は厳しくなった。 第2ラウンドの再開はあす23日(日)の午前7時、最終ラウン…
2018/09/20ミヤギテレビ杯ダンロップ女子

緻密から大雑把へ イ・ボミが大胆なキャディ起用

◇国内女子◇ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 事前情報◇利府GC (宮城)◇6,534yd(パー72) 思わず、ボミ(韓国)は頭を抱えて座り込んだ。開幕前日に行われたプロアマ戦。大事な
2018/09/15マンシングウェアレディース

ささきしょうことセキ・ユウティンが首位 鈴木愛ら1打差3位

打差の通算9アンダー3位に賞金ランキング3位の鈴木愛と、同2位のアン・ソンジュ(韓国)、今季2勝目を目指す新垣比菜のほか、キム・ハヌル、・ミニョン(ともに韓国)の5人が並んだ。 2打差の通算8
2018/09/14マンシングウェアレディース

新垣比菜の持ち味は素直な心 イ・ボミの元相棒も称賛

女王のボミ(韓国)と過去6シーズンにわたってコンビを組んでいた清水重憲キャディと今週で4戦目のタッグ。清水キャディは新垣比菜の長所について「素直ですね」と説明する。この日は後半10番を終えて小雨と
2018/09/12マンシングウェアレディース

イ・ボミ、川岸史果ら復調を目指す 申ジエは右手首痛で欠場

をつかみたい。 賞金ランクトップの申ジエ(韓国)は2007年の全美貞(韓国)以来、史上2人目となる3週連続優勝がかかっていたが、右手首痛のため欠場する。 主催する(株)デサントとウェア契約を結ぶ