2013/07/01ギアニュース

ヨネックスから2つの『レクシス』登場

により、大幅な軽量化と高強度化を両立。インパクトでの先端が加速する剛性分布とし、軽量ながらも鋭い弾き感を発揮するという。 また、従来の軽量シャフトにありがちな「ただ軽いだけ」、「シャフトが頼りない
2019/05/17ほけんの窓口レディース

金澤志奈は申ジエに自ら志願 パットを習い首位発進

安定したプレーが光った。 今週に入り、「リズムがすごいと思う」という申ジエ(韓国)に、自ら志願してパッティングを習った。申からは「バックスイングが大きくて、インパクトで緩んでしまう癖がある」との指摘を
2013/07/11ギアニュース

石川遼vsG・プレーヤー、「飛距離で負けるか」

マーケティングディレクターの倉島隆夫氏は次のようにコメント。 「開発のコンセプトとしては、浅い、低重心設計でバックスピン量を抑えることに重点を置きました。このコンセプトにより、インパクトでフェースが上を向き過ぎ
2003/11/30

パットの名手にショットメーカーはいない!?

、ペルツによると完璧なパットは常に直線状である。 しかしアトリーにとって、パターとは弧に沿わなければならない。バックスウィングでは少し内側に弧を描き、フェースをオープンに持っていく。フェースはインパクト
2009/01/27ギアニュース

初速最速でシリーズ最大の飛び!

つるやは3月初旬、最大のデュアルインパクト効果で飛距離を伸ばすという『アクセルデュアルインパクトZ-HM-ドライバー』(価格:8万4000円)を発売する。 「アクセル デュアルインパクト」は
2015/08/18ギアニュース

「オレンジスピーダー」は飛距離と操作性を両立!

インパクトでの強烈な弾き感が増した人気シャフトシリーズ 藤倉ゴム工業株式会社(東京都江東区)は9月11日より、国内の男女ツアーで高い評価と使用率を誇るの飛びに、高い操作性を両立した新モデル
2019/05/19ツアーギアトレンド

アダム・スコットに見るボール選びの難しさ

が飛んでいくのは不自然。もう少し低く打たねば!」という反応を示していたのだ。 その結果、身体が低く打ち出そうと無意識に反応してしまい、アドレスやインパクトが低く打ち出すためのスイングへと微調整されてい
2019/11/21サイエンスフィット レッスン

そうじゃない!「タメとリリース」の誤解(後編)

「タメとリリース」はインパクトでヘッドを走らせる上でも、安定した弾道を得る上でも重要です。しかし、タメとリリースは自然に得るべきもので、意識的に作るものではありません。多くのアマチュアが、タメを作ろ
2020/01/23サイエンスフィット レッスン

体の回転でつかまえる「Fタイプ」スイング(後編)

ことが可能です。 前回の解析で、受講者はテークバックで左手首のヒンジが、手の甲側に折れることが発覚しました。プロの左手首の動きを見ると、テークバックからインパクトまで、ずっと手のひら側に折れ続けていき
2012/12/21週刊GD

タイガーになるには「お尻を中へ」が肝心!?

実際には「回転がうまくできない」「インパクトでバランスを崩してしまう」というアマチュアの声もチラホラ。体の回転にキレを生み、飛距離アップにもつながる動作「テールボーン・プッシュ』について、ツアープロの
2019/12/17マーク金井の試打インプレッション

大型ヘッドでやさしい軟鉄鍛造「ミズノプロ 920 アイアン」

さR。シャフト重量は70グラム台と、スチールとしては非常に軽い。 まずは9番アイアンから打ってみた。スパーンとボールを包み込むインパクト音とともに、スピンが効いた高弾道。打感はソフトで、フェースが
2019/04/20KKT杯バンテリンレディス

「目覚めが遅かった」原英莉花は終盤チャージで5位浮上

、師匠であるジャンボ尾崎の自宅で練習に打ち込んだ。「クラブが寝てしまう傾向があるから、(クラブが)立ったままでインパクトゾーンを長く保てるように」とアドバイスをもらったという。「球がフェースにくっついて
2012/04/09マスターズ

“タイガーチャージ”は最後まで不発 「練習が必要」

コースで打ち上げのティショットやつま先上がり、つま先下がり、左足下がりのアイアンショットなどの練習を重ねていくうちに、バランス感、ボールポジションなどがずれてきて、インパクトでのクラブフェースアングルの
2014/02/10ツアーギアトレンド

「AT&Tペブルビーチ」でプロが使った道具

)、ボールとフェースの摩擦を増やし、ボールの回転が良くなったり、インパクト時の打音を緩和する。 ハイコントラストなバーサのデザインをヘッドに施したミケルソンのパターには、ソール部分に2つの調節可能な
2012/03/05WORLD

【WORLD】怖かった優勝インタビュー S.グスタフソン〈1〉

女性がいたの。本当に素敵だったの。子供たちにこういったインパクトをもっと与えられるようにしたいわ」。 グスタフソンは(ソルハイムカップの)会場となったキリーン・キャッスルで4勝0敗とし、ヨーロッパ
2014/12/26ツアーギアトレンド

2014年PGATOURギアトレンド(2)キャロウェイ

パターのフェースには、メタルXロール・テクノロジーが盛り込まれている。 フェースに直接刻み込まれた多数の楕円形のくぼみにより、ボールとフェースの摩擦が増し、ボールの転がりが良くなると共に、インパクトの打