2004/07/15全英オープン

全英オープン観戦ガイド

、ヤング・トム・モリスらが優勝を飾っていったが、1864年までは賞金も支給されず、まさに栄誉を手に入れるための大会だった。 全英オープンの発展 <貧しかった大会を急成長させたのはアーノルドパーマーだっ
2012/08/02WGCブリヂストンインビテーショナル

モンスター攻略 ~ファイヤーストーンCC16番パー5~

1960年。命名したのは同大会でトリプルボギーを叩いたアーノルドパーマーだった。 その一方で75年「全米プロ」では記憶に残る好プレーも生まれている。ジャック・二クラスが同ホールで3日目に記録した奇跡
2002/07/29全英シニアオープン

全英シニアオープン観戦記(後編)

。しかし、2001年の大会はアーノルドパーマー、ゲーリー・プレイヤー、そしてジャック・ニクラスがそろい踏みし、青木功プロも参加して大いに盛り上がった。アメリカのシニアPGAツアーのメジャーの一つであるザ
2013/03/11PGAコラム

WGC キャデラック選手権 最終日 レビュー

語られるようになった。しかしその心配には及ばなかった。 ウッズはこの1年で5勝を記録した。その数は他のどの選手よりも多い。そして彼は2週間後の「アーノルドパーマーインビテーショナル」で優勝すれば
2013/04/10マスターズ

タイガー、世界1位に復帰して臨むオーガスタ

優勝。タイガーはその2週間後「アーノルドパーマーインビテーショナル」でも優勝を挙げた。ストリッカーは、タイガーがチッピングの練習量が多い影響で構えが左体重だったことを矯正。また、手の位置がパターヘッド
2015/04/15RBCヘリテージ

ジョーダン・スピースについて知るべき19のこと

の稼ぎはいくら? USゴルフダイジェストの調査では、(賞金以外の収入も含む)年収トップ50において18位。タイガー・ウッズやフィル・ミケルソン、ロリー・マキロイ、アーノルドパーマーといったクラスの下
2013/06/19PGAコラム

遂に癌を克服したJ.ライルがツアー復帰へ始動

選手でもあり、ゴルフチャンネルでコメンテーターを務めるトリップ・アイゼンアワーをも動かす事となった。2週間後にアーノルドパーマー授賞式への出席が決まっていたアイゼンアワーは、多くの選手からのメッセージ
2002/06/27全米シニアオープン

全米シニアOPに臨むチャンピオンたちの想い:H.アーウィン

by小松直行 6月3日に57歳になったヘール・アーウィンはもはや古い世代なのだろうか。ジャック・ニクラスとアーノルドパーマーという二人の偉大なる先導者が去ろうとしている今、誰がゴルフ界を代表しうる
2016/05/25佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑201>ジェイミー・ラブマーク

ファウンデーションで6位タイ、3月にはアーノルドパーマー招待では6位タイに入った。5月のチューリッヒクラシックでは、プレーオフでブライアン・スチュアードに敗れて惜しくも2位タイと、リーダーボードに度々登場して
2004/01/23

アーノルド・パーマーPGA50周年!

アーノルドパーマーがPGAツアー入りしてから50周年を迎える。1954年、全米アマチュアを優勝し、その年にプロ入り。PGAツアー62勝の内、初優勝はルーキーだった1955年のカナディアン・オープン
2014/01/01

2014年の誓い 松山英樹の不動心

(笑)。『お前、出なくていいよ』なんて言われたら出ないし!(友人らに)相談じゃないですけど、聞いてみて、どうするかみたいな感じかな。その週はベイヒルで試合(アーノルドパーマーインビテーショナル)が
2021/03/09進藤大典ヤーデージブック

“根拠ある自信” デシャンボーはただの飛ばし屋にあらず

僕がキャディだったら、心の中で「ラッキーだな」とつぶやいていたと思います。「アーノルドパーマー招待」最終日の後半16番。首位に立つブライソン・デシャンボーのティショットは左のフェアウェイバンカーの
2012/12/19

GDO編集部が選ぶ 2012年海外男子ツアー10大ニュース

・マキロイ ・頂上決戦はマキロイに軍配!王者の意地見せた ■■■ 第2位 ■■■ <タイガー完全復活!シーズン3勝&ニクラス越え> タイガー・ウッズが待望の完全復活です!3月の「アーノルドパーマー
2016/10/18ヨーロピアンツアー公式

ポルトガルマスターズの知っておくべきアラカルト

につけ、事実上来季ヨーロピアンツアーのシード権を確定させているリカルド・ゴウベイアらが出場する。 ■コース アーノルドパーマー設計で2004年に開場したビクトリアGCは全長7,209ヤード、パー72
2013/03/09PGAコラム

WGCキャデラック選手権 2日目 レビュー

ている。もしそうなれば、数年前にウッズとマクドウェルが最終日に長時間の闘いを見せた「アーノルドパーマーインビテーショナル」(協賛:マスターカード)を思い起こさせるだろう。 「あれは基本的には
2013/04/13マスターズ

タイガーは7位タイ 会心のショットからまさかの不運

カスタノ(GFC)。この2人、今年はタイガーが優勝した「アーノルドパーマーインビテーショナル」で第3ラウンドを一緒に周り、タイガーが「66」、GFCは「68」だった。タイガーにとっては後半でまだバーディが穫れて