2018/09/15マンシングウェアレディース

ささきしょうことセキ・ユウティンが首位 鈴木愛ら1打差3位

打差の通算9アンダー3位に賞金ランキング3位の鈴木愛と、同2位のアンソンジュ(韓国)、今季2勝目を目指す新垣比菜のほか、キム・ハヌル、イ・ミニョン(ともに韓国)の5人が並んだ。 2打差の通算8
2018/09/14マンシングウェアレディース

復帰2戦目の鈴木愛が首位発進 香妻琴乃と並ぶ

アンダーの3位に新垣比菜、4アンダーの4位にイ・ミニョン(韓国)がつけた。藤本麻子、福田真未、権藤可恋、15年大会覇者キム・ハヌル(韓国)が3アンダーの5位タイに続いた。 賞金ランク2位のアンソンジュ
2018/09/10優勝セッティング

UTは「パターみたい」 申ジエは信頼の14本で2連勝

アンソンジュ、ジョン・ジェウンと同じ韓国勢に9打差をつける圧勝。週末2日間はいずれも豪雨だったが、通算16アンダーまでスコアを伸ばし、大会の最多アンダーパー記録を樹立した。 クラブセッティングとボール
2018/09/09日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

「こだわる」鈴木愛 賞金女王争いはトップ陥落

オーバーの26位タイで終えた。申ジエが今季3勝目を挙げて賞金ランキングトップに、アンソンジュ(ともに韓国)が2位に浮上し、昨年度の賞金女王は“定位置”からランク3位に陥落した。 アウトスタート全体
2018/09/09日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

申ジエが9打差圧倒でメジャー2連勝 賞金ランクトップに

3600万円を加算した。賞金総額を約1億2400万円とし、鈴木愛を抜いてランキングトップに躍り出た。 通算7アンダー2位にジョン・ジェウンとアンソンジュの韓国勢。日本人トップの通算5アンダー4位で
2018/09/07日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

申ジエが2週連続Vへ単独首位 小祝さくらは5差2位

。 通算5アンダー6位に岩橋里衣、木村彩子、菊地絵理香、ジョン・ジェウン(韓国)、石川明日香の5人。6番(パー3)でホールインワンを決めた有村智恵はアンソンジュ(韓国)、大出瑞月とともに通算4アンダー
2018/08/26ニトリレディス

アン・ソンジュが今季4勝目 2位に渡邉彩香

◇国内女子◇ニトリレディスゴルフトーナメント 最終日(26日)◇小樽CC (北海道)◇6628yd(パー72) 首位から出たアンソンジュ(韓国)が5バーディ、3ボギーの「70」でプレー。通算7
2018/08/25ニトリレディス

アン・ソンジュが首位 三ヶ島、有村ら1打差追う

◇国内女子◇ニトリレディスゴルフトーナメント 3日目(25日)◇小樽CC (北海道)◇6628yd(パー72) 「71」で回ったアンソンジュ(韓国)が通算5アンダーの首位に立った。 通算4アンダー
2018/08/24ニトリレディス

青木瀬令奈が首位 有村智恵は2位

)、森田遥の4人が並んだ。前年覇者の申ジエ(韓国)は通算4アンダーとし、比嘉真美子、アンソンジュ(韓国)と並んで8位になった。 イ・ボミ(韓国)は通算6オーバーの74位で予選落ちした。 台風20号から変わった温帯低気圧の影響を避けるため、3日目は第一組のスタート時刻を午前10時45分にした。
2018/08/15CATレディース

鈴木愛が右手首痛で欠場 2連覇中イ・ボミは復調なるか

。2015、16年の賞金女王は今季賞金ランク93位と低迷中だが、相性のいい舞台で復調のきっかけをつかみたい。初日は小祝さくら、菊地絵理香とアウトコースからティオフする。 14年大会覇者・上田桃子は13年優勝のアンソンジュ(韓国)と新垣比菜とともに初日のスタートを切る。
2018/08/01全英リコー女子オープン

比嘉真美子と成田美寿々にトラブル クラブ届かず調整難航

契約フリーの成田は、この日はキャディとともに、プロアマ戦を回ったアンソンジュ(韓国)の組に帯同してコースをチェックした。 比嘉とは異なり、自ら代用クラブを見つけないといけない立場。事前ラウンドや練習
2018/07/26大東建託・いい部屋ネットレディス

アマチュア安田祐香が1打差2位 復帰イ・ボミは40位

切った。 1打差の6アンダー2位にアマチュアの安田祐香(兵庫・滝川第二高3年)がつけた。 2打差の5アンダー3位に比嘉真美子、イ・ミニョン(韓国)が並んだ。3打差の4アンダー5位に森田遥、アンソンジュ
2018/07/24マーク金井の試打インプレッション

打点がずれても芯ヒットの飛び「プロギア RS ドライバー」

ルール適合ギリギリの反発性能を追求し、さらに高初速エリアが広がったプロギアの新「RS ドライバー」。契約プロを始め、契約フリーの池田勇太やアンソンジュ、三浦桃香などが使ったことで話題となっている
2018/07/18センチュリー21レディス

女王不在で賞金レースに変化は? アン・シネが5月以来の出場

、賞金レースの動向にも注目が集まりそうだ。同ランク3位のアンソンジュ(韓国)、前週「サマンサタバサレディース」で6年ぶりの復活優勝をとげた同ランク10位の有村智恵も不在となる。 シーズン後半は米国