2018/09/16マンシングウェアレディース

香妻琴乃が涙の初優勝

まで何度も優勝争いを演じながら、この2シーズンはシードを確保できていなかった。今季は6位で終えた8月「CAT Ladies」から調子を上げ、初優勝につなげた。 通算14アンダーの2位に、アンソンジュ
2018/09/15マンシングウェアレディース

ささきしょうことセキ・ユウティンが首位 鈴木愛ら1打差3位

打差の通算9アンダー3位に賞金ランキング3位の鈴木愛と、同2位のアンソンジュ(韓国)、今季2勝目を目指す新垣比菜のほか、キム・ハヌル、イ・ミニョン(ともに韓国)の5人が並んだ。 2打差の通算8
2018/09/14マンシングウェアレディース

復帰2戦目の鈴木愛が首位発進 香妻琴乃と並ぶ

アンダーの3位に新垣比菜、4アンダーの4位にイ・ミニョン(韓国)がつけた。藤本麻子、福田真未、権藤可恋、15年大会覇者キム・ハヌル(韓国)が3アンダーの5位タイに続いた。 賞金ランク2位のアンソンジュ
2018/09/09日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

申ジエが9打差圧倒でメジャー2連勝 賞金ランクトップに

3600万円を加算した。賞金総額を約1億2400万円とし、鈴木愛を抜いてランキングトップに躍り出た。 通算7アンダー2位にジョン・ジェウンとアンソンジュの韓国勢。日本人トップの通算5アンダー4位で
2018/03/13世界ランキング

鈴木愛は30位に 横峯さくら68人抜き/女子世界ランク

12日付の女子ゴルフ世界ランキングが発表され、国内女子ツアー「ヨコハマタイヤ PRGRレディス」を制したアンソンジュ(韓国)は11ランク上がり、54位となった。 プレーオフでアンに敗れた鈴木愛は
2018/08/01全英リコー女子オープン

比嘉真美子と成田美寿々にトラブル クラブ届かず調整難航

契約フリーの成田は、この日はキャディとともに、プロアマ戦を回ったアンソンジュ(韓国)の組に帯同してコースをチェックした。 比嘉とは異なり、自ら代用クラブを見つけないといけない立場。事前ラウンドや練習
2018/08/24ニトリレディス

青木瀬令奈が首位 有村智恵は2位

)、森田遥の4人が並んだ。前年覇者の申ジエ(韓国)は通算4アンダーとし、比嘉真美子、アンソンジュ(韓国)と並んで8位になった。 イ・ボミ(韓国)は通算6オーバーの74位で予選落ちした。 台風20号から変わった温帯低気圧の影響を避けるため、3日目は第一組のスタート時刻を午前10時45分にした。
2018/08/15CATレディース

鈴木愛が右手首痛で欠場 2連覇中イ・ボミは復調なるか

。2015、16年の賞金女王は今季賞金ランク93位と低迷中だが、相性のいい舞台で復調のきっかけをつかみたい。初日は小祝さくら、菊地絵理香とアウトコースからティオフする。 14年大会覇者・上田桃子は13年優勝のアンソンジュ(韓国)と新垣比菜とともに初日のスタートを切る。
2017/03/05ダイキンオーキッドレディス

アン・ソンジュが開幕戦制し23勝目 川岸史果2位

◇国内女子◇ダイキンオーキッドレディス 最終日(5日)◇琉球GC(沖縄県)◇6617yd(パー72) 2位からスタートしたアンソンジュ(韓国)が4バーディ、5ボギーの「73」でプレーし、通算6
2017/07/19センチュリー21レディス

「全米」帰国組が早くも戦線へ アン・ソンジュ3連覇に挑む

瀬田ゴルフコースに舞台を移して開催。本格的な夏場を前に、全38試合が組まれたシーズンは21日(金)開幕の3日間大会から後半戦に突入する。 前年大会は、最終日に2打差をひっくり返したアンソンジュ(韓国
2018/07/18センチュリー21レディス

女王不在で賞金レースに変化は? アン・シネが5月以来の出場

、賞金レースの動向にも注目が集まりそうだ。同ランク3位のアンソンジュ(韓国)、前週「サマンサタバサレディース」で6年ぶりの復活優勝をとげた同ランク10位の有村智恵も不在となる。 シーズン後半は米国
2018/07/26大東建託・いい部屋ネットレディス

アマチュア安田祐香が1打差2位 復帰イ・ボミは40位

切った。 1打差の6アンダー2位にアマチュアの安田祐香(兵庫・滝川第二高3年)がつけた。 2打差の5アンダー3位に比嘉真美子、イ・ミニョン(韓国)が並んだ。3打差の4アンダー5位に森田遥、アンソンジュ
2018/06/24アース・モンダミンカップ

5人に「全英リコー」出場権 岡山絵里は初の海外メジャー

の比嘉真美子、同4位のアンソンジュ(韓国)、同5位の申ジエ(韓国)、同6位の岡山絵里が「全英」行きのチケットを手にした。 5月末の「リゾートトラストレディス」でツアー初優勝を飾った岡山はメジャー初
2018/07/04全英リコー女子オープン

鈴木愛、畑岡奈紗らが参戦 「全英女子オープン」は日本勢7人

、テレサ・ルー(台湾)、成田美寿々、比嘉真美子、アンソンジュ(韓国)、岡山絵里、フェービー・ヤオ(台湾)が出場。国内ツアー賞金ランキング上位5人の資格で出場権を得ていた申ジエ(韓国)が辞退し、繰り上がった
2018/06/21アース・モンダミンカップ

勝みなみは全英出場に迷い 新垣比菜は「一緒に出られたら」

、辞退者が出ればさらに資格は繰り下がる。 現時点で圏内にいるのは、2位の比嘉真美子、3位のアンソンジュ(韓国)、4位の申ジエ(韓国)、5位の成田美寿々、6位の菊地絵理香まで。次点の7位にはツアー
2018/07/06ニッポンハムレディス

20歳の勝みなみが首位発進 永井花奈が1差で続く

テレサ・ルー(台湾)、アンソンジュ(韓国)、酒井美紀、福田真未、佐伯三貴が続いた。 2週前の「アース・モンダミンカップ」で今季2勝目を挙げた成田美寿々は、4打差の9位タイから連勝を狙う。アマチュアの