2020/01/17ダイヤモンドリゾート トーナメントofチャンピオンズ

畑岡奈紗が5位発進 米ツアー2020年開幕戦

通算3勝のダニエル・カンが9バーディ、1ボギーの「63」で回り8アンダーの首位発進を切った。朴仁妃(韓国)やギャビー・ロペス(メキシコ)、アンジェラスタンフォードが6アンダーの2位。 日本人で唯一出場
2018/09/18世界ランキング

香妻琴乃は127ランク上昇で205位/女子世界ランク

アンジェラスタンフォードは46ランクアップで30位に浮上。同大会を16位で終えた畑岡奈紗は2ランクダウンの17位に後退した。 日本勢最上位は畑岡で、以下は26位に鈴木愛(1ランクダウン)、44位に比嘉
2018/09/17エビアン選手権

最終18番で悲劇 ダブルボギーでメジャー初優勝スルリ

・オルソンは1打リードの単独首位で入った最終ホールをダブルボギーとし、優勝スコアに1打届かない通算11アンダーの2位で終戦。1組前でプレーを終えていたアンジェラスタンフォードに逆転を許し、ツアー初優勝を
2018/09/16エビアン選手権

首位にA.オルソン 畑岡奈紗は7打差11位で最終日へ

10アンダーの3位にモー・マーティン。通算9アンダーの4位に、朴仁妃(韓国)、アンジェラスタンフォード、「全英リコー女子オープン」からのメジャー2連勝がかかるジョージア・ホール(イングランド)の3人が
2018/07/15マラソンクラシック

B.ヘンダーソンが単独首位 野村敏京は39位

(カナダ)が5バーディ、3ボギーの「69」。4月の「ロッテ選手権」以来となるツアー7勝目に向けて、通算11アンダーで単独首位に浮上した。 1打差の2位にアンジェラスタンフォードとブリタニー・リンシコム
2017/05/22キングスミル選手権

L.トンプソンが完全V 野村敏京は56位

悔しい敗戦から、完全復活をアピールした。 通算15アンダー2位にチョン・インジ(韓国)。通算11アンダー3位にアンジェラスタンフォードが続いた。世界ランク1位のリディア・コー(ニュージーランド)は
2017/05/07ロレーナ・オチョア マッチプレー

ジュタヌガン、ウィらが準決勝へ コーは3回戦敗退

3&2 シドニー・クラントン ミッシェル・ウィ 5&4 マリナ・アレックス エンジェル・イン 3&2 サンドラ・ガル カリン・イシェール 1アップ アンジェラスタンフォード キム・セヨン 3&1 チャーリー・ハル
2017/05/06ロレーナ・オチョア マッチプレー

上原彩子は2回戦敗退 リディア・コーらがベスト16

。 「リオ五輪」金メダリストでランク6位の朴仁妃(韓国)は、ランク61位のアンジェラスタンフォードに3&2で敗退。ストローク戦で行われた前年優勝のカルロタ・シガンダ(スペイン)も2回戦で姿を消した。 3日目は16人による3…
2016/11/14ロレーナ・オチョア招待

シガンダが4戦2勝 宮里藍24位 横峯さくらは29位

シーズン終盤に好調だ。 通算11アンダーの2位タイには首位から出たオースティン・アーンストのほか、アンジェラスタンフォード、サラ・ジェーン・スミス(オーストラリア)、カリン・イシェール(フランス
2016/11/13ロレーナ・オチョア招待

アーンストが2年ぶり勝利へ首位 宮里藍は20位に後退

)が追う。ハー・ミジョン(韓国)とアンジェラスタンフォード、カリン・イシェール(フランス)が通算8アンダーの4位で続いた。 宮里藍は4バーディ、4ボギーの「72」で通算1アンダーと伸ばせず、20位に後退した。横峯さくらは一…
2016/07/01ポートランドクラシック

前年覇者のヘンダーソン首位 上原彩子が3差5位

でツアー初優勝を挙げたブルック・ヘンダーソン(カナダ)が9バーディ、2ボギーの「65」をマークして、7アンダーの単独首位でスタートした。 2打差の5アンダー2位にアンジェラスタンフォード、デミ
2016/06/27NW アーカンソー選手権

リディア・コーが今季3勝目 日本勢は最終日に後退

、キャンディ・クン(台湾)に3打差をつけて逃げ切り、4月のメジャー初戦「ANAインスピレーション」以来となる今季3勝目を飾った。 通算13アンダーの4位タイに、サンドラ・ガル(ドイツ)、アンジェラ
2016/06/25NW アーカンソー選手権

上原彩子が「62」で首位発進 宮里藍3位 野村敏京はエース

アンジェラスタンフォード、ミンジー・リー(オーストラリア)、ユ・ソヨン(韓国)、モーガン・プレッセルら14選手が、6アンダーの3位グループを形成した。 宮里美香が5バーディ、1ボギーの「67」で
2015/11/14ロレーナ・オチョア インビテーショナル

横峯さくらが11位に浮上 ルーキーのミンジー・リーが首位

クリスティナ・キム、すでにルーキー・オブ・ザ・イヤーを決めているキム・セヨン(韓国)、首位から後退した朴仁妃(韓国)、アンジェラスタンフォードの4選手が続く。 36人に絞られたフィールドで日本勢ただ1
2015/11/13ロレーナ・オチョア インビテーショナル

タイトル独占のコーが不在 朴仁妃が首位、横峯さくらは12位発進

アンダー単独首位発進を決めた。 1打差の3アンダー2位にはスーザン・ペターセン(ノルウェー)、アンジェラスタンフォード、ツアールーキーのミンジー・リー(オーストラリア)の3選手。1アンダー5位にユ・ソヨン
2015/11/10世界ランキング

節目の20勝目でアン・ソンジュが世界ランク22位に上昇

日本女子ツアーが特別公認する米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」は、アン・ソンジュ(韓国)が李知姫(韓国)、アンジェラスタンフォードとのプレーオフを制して今季2勝目。日本女子ツアー通算では