2016/09/03ヨーロピアンツアー公式

ランガスキューが首位タイに浮上

満足だよ」。 首位の3人と1打差にはスウェーデンのアレックスノレン、豪州のスコット・ヘンド、そしてカナダのリチャード・T・リーがつけた。ノレンはロンガスク同様、2日目を「63」でプレーした。 34歳の
2016/08/07ヨーロピアンツアー公式

ノレンとウォールが日曜の決勝へ進出

「アバディーンアセットマネジメント ポール・ローリーマッチプレー」は、ここ2カ月でスコットランドでの2勝目を狙うスウェーデンのアレックスノレンが、イングランドのアンソニー・ウォールと決勝で雌雄を
2016/10/18ヨーロピアンツアー公式

ポルトガルマスターズの知っておくべきアラカルト

には先週の「ブリティッシュマスターズ」で今季3勝目挙げた目下絶好調のスウェーデンのアレックスノレン、スペインの飛ばし屋アルバロ・キロス、そして同じくスペインのホセ・マリア・オラサバルらが顔を揃える
2016/11/19ヨーロピアンツアー公式

ステンソンが年間王者に向けて好位置をキープ

・ステンソンは2日目を「69」でラウンドし、通算3アンダーと、このままいけば年間王者になる位置をキープした。同じく2日目を3アンダーでラウンドしたアレックスノレンはステンソンンの1打前方につけている
2016/10/25ヨーロピアンツアー公式

「WGC HSBCチャンピオンズ」の知っておくべきアラカルト

順位が9位から4位にジャンプアップした、今もっとも波に乗るスウェーデンのアレックスノレンも出場し、更なるランキングの上昇を狙うことになる。 この他にも、日本の松山英樹、そして南アフリカ出身のメジャー
2017/05/05ウェルズファーゴ選手権

石川遼は出遅れ 首位にF.モリナリ、復帰のDJは15位

バーディ、2ボギーの「66」でプレーして、6アンダー単独首位でスタートした。 5アンダーの2位にグレイソン・マレー、ブライアン・キャンベル、アレックスノレン(スウェーデン)、J.B.ホームズの4人。4
2017/05/07ウェルズファーゴ選手権

パトリック・リードが1打差首位 世界1位DJは14位浮上

アンダー2位で追うのは、ともに「69」でプレーした世界ランキング12位のアレックスノレン(スウェーデン)、同13位のホン・ラーム(スペイン)の2選手。 初日から首位のフランチェスコ・モリナリ
2016/09/13ヨーロピアンツアー公式

ユースト・ラウテンの勝利が示すこれだけのこと

・フィッツパトリック(ノルデアマスターズ)、ヘンリック・ステンソン(BWMインターナショナルオープン及び第145回全英オープン)、アレックスノレン(アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープン
2016/07/09ヨーロピアンツアー公式

ノレンがキャッスル・スチュワートで首位に浮上

「アバディーンアセットマネジメントスコットランドオープン」は2日目を終え、キャッスル・スチュワートゴルフリンクスの後半を見事「31」でラウンドしたスウェーデンのアレックスノレンが単独首位で大会を
2016/06/05ノルデアマスターズ

フィッツパトリックが首位快走 5打差リードで最終日へ

・コルサーツ(ベルギー)と前年優勝のアレックスノレン(スウェーデン)。ノレンは4連続を含む7バーディを量産し、大会連覇へ望みをつないだ。 今大会は7月「全英オープン」の予選会を兼ねており、有資格者を除く上位
2016/09/01ヨーロピアンツアー公式

オメガヨーロピアンマスターズで注目すべき3選手

、山々に囲まれた地でしっかりと結果を残している。彼はその前年もこの大会で3位タイに入っている。 ■対抗: アレックスノレン 直近の4大会では優勝と2位を1回ずつ記録している2009年の大会王者である
2016/09/03オメガ・ヨーロピアン・マスターズ

首位争いは3人が並ぶ混戦 川村昌弘は39位

し、通算9アンダーとしてリチャード・ブランド(イングランド)、リチャード・グリーン(オーストラリア)と並び首位に立った。 「63」でプレーしたアレックスノレン(スウェーデン)、スコット・ヘンド
2016/09/11ヨーロピアンツアー公式

好調・ヘンドが首位に浮上

首位迎えたヘンドだったが、この時はアレックスノレンにプレーオフで競り負けた。今週は雪辱を果たすべく、今季2勝目を目指して最終日に臨む。 ヘンドは3月の「タイランドクラシック」で優勝したほか、自国を
2016/06/05ヨーロピアンツアー公式

ストックホルムでフィッツパトリックが独走状態に

ディフェンディングチャンピオンのアレックスノレンがつけており、3日目を「67」でラウンドした地元スウェーデンのノレンはここ6年で3度目の勝利を目指して最終日を迎えることとなった。 2015年は「ブリティッシュ
2016/08/07アバディーンアセットマネジメント ポール・ローリーマッチプレー

A.ノレンとA.ウォールが決勝戦に進出

6試合が行われ、アンソニー・ウォール(イングランド)とアレックスノレン(スウェーデン)が決勝戦進出を決めた。 準々決勝では、1試合目のオリバー・フィッシャー(イングランド)がマキシミリアン・キー
2017/03/25WGCデルテクノロジーズ マッチプレー

谷原秀人がベスト16に進出 池田と松山は予選敗退

・フィッシャー(53位) グループ5:谷原秀人(60位) グループ6:ケビン・ナ(52位) グループ7:ホン・ラーム(25位) グループ8:アレックスノレン(11位) グループ9:ブルックス・ケプカ