2017/03/25WGCデルテクノロジーズ マッチプレー

谷原秀人がベスト16に進出 池田と松山は予選敗退

・フィッシャー(53位) グループ5:谷原秀人(60位) グループ6:ケビン・ナ(52位) グループ7:ホン・ラーム(25位) グループ8:アレックスノレン(11位) グループ9:ブルックス・ケプカ
2017/03/21WGCデルテクノロジーズ マッチプレー

松山は“死の組”か 池田&谷原は予選同グループで直接対決

<グループ8> アレックスノレン、フランチェスコ・モリナリ、ベルント・ヴィースベルガー、トンチャイ・ジェイディー <グループ9> パトリック・リード、ブルックス・ケプカ、ケビン・キスナー、ジェイソン
2017/02/15ヨーロピアンツアー公式

新しい試みを楽しみにするノレン

今週のヨーロピアンツアーは舞台を西オーストラリアへ移し、「ISPS HANDAワールドスーパー6パース」が開催されるわけだが、スウェーデンのアレックスノレンは同大会で採用される新しい試みを心待ちに
2017/02/14ヨーロピアンツアー公式

「ISPS HANDAワールドスーパー6パース」の大会アラカルト

ランキングが高いのはアレックスノレンであり、2017年シーズンもソリッドなスタートを切った世界11位のノレンは初めて西オーストラリアを訪れることになる。 2016年に一大旋風を巻き起こしたスウェーデンの
2017/02/14ワールドスーパー6パース

欧亜豪共催の新フォーマット 谷原秀人、川村昌弘が覇を競う

11位のアレックスノレン(スウェーデン)、メジャータイトルホルダーで前年覇者のルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)がエントリー。17年シーズン4戦目の「UBS香港オープン」でツアー初優勝を挙げた地元オーストラリア出身のサム…
2017/01/28コマーシャルバンク・カタールマスターズ

首位9人の大混戦 2打差以内に26人/欧州ツアー

(イングランド)ら7人。世界ランク10位のアレックスノレン(スウェーデン)、アーニー・エルス(南アフリカ)ら10人が通算6アンダーの17位グループを形成し、首位から2打差以内に26人がひしめいている
2017/01/25コマーシャルバンク・カタールマスターズ

カタールで中東シリーズ第2戦 好調ノレン、序盤の戦いに注目

。前週のデザートスイング初戦を制したトミー・フリートウッド(イングランド)、昨季4勝と好調で前週を13位で終えたアレックスノレン(スウェーデン)が大会初制覇を狙う。 アジアからはワン・ジョンフン、イ・スミンの韓国勢、中国の…
2017/01/22ヨーロピアンツアー公式

ハットンが首位 上位に実力者多数で混戦の最終日へ

ヘンリック・ステンソン、2016年に4勝を挙げたアレックスノレン、そしてツアー23勝のリー・ウェストウッドらが含まれる。 「上位にはビッグネームがたくさんいるから、明日はとにかく自分のゴルフに集中し
2017/01/17ヨーロピアンツアー公式

「アブダビHSBC選手権」の大会アラカルト

。 ■2017年大会のフィールド なんという顔ぶれだろうか。世界のトップ4に名を連ねるダスティン・ジョンソンとヘンリック・ステンソン、世界10位のアレックスノレンと「マスターズ」王者のダニー
2017/01/05ヨーロピアンツアー公式

ゴルファーにとって最高の手紙「マスターズの招待状」

トン、アレックスノレン、そしてトーマス・ピータースは、かの有名なマグノリアレーンを初めて通り抜け、オーガスタデビューを果たすことになる。 2016年シーズンの「レース・トゥ・ドバイ」で4勝を挙げ
2016/12/31ヨーロピアンツアー公式

2016年 人生が最も変わった男とは?

2016年シーズンの欧州ツアーは、包括的に見ると、スウェーデン勢の成功が大勢を占めたといっても過言ではなかろう。すなわち、アレックスノレンの驚くべき復活劇と、「レース・トゥ・ドバイ」を制した
2016/12/29ヨーロピアンツアー公式

ワールドランクから見る今年のゴルフ界

. ジョーダン・スピース 6. 松山英樹 7. アダム・スコット 8. パトリック・リード 9. アレックスノレン 10. バッバ・ワトソン 世界ナンバーワンとして今年を終えるのは豪州のデイだが、2016
2016/12/26世界ランキング

池田勇太に6年ぶり3回目の「マスターズ」出場権

ぶり3回目の出場権を獲得した。 池田のほか、同ランク9位のアレックスノレン(スウェーデン)、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)、ビル・ハースらが新たにオーガスタ行きのチケットを手にした。 同ランク
2016/12/26ヨーロピアンツアー公式

2016年を振り返る:ティレル・ハットン編

スウェーデンのアレックスノレンに次ぐ2位に入った。 これは必ずしも彼の望んでいた結果ではなかった、その後、スコットランドを再訪した際にはこの経験が存分に活かされ、「アルフレッド・ダンヒルリンクス選手権」での
2016/12/23ヨーロピアンツアー公式

2016年に学んだ10のコト(後編)

ことだろう。しかし、アレックスノレンは、その殆どのゴルファーに該当しなかった。6月の時点で世界108位だったスウェーデンのノレンは、その後、ヨーロピアンツアーで4勝を挙げ、世界9位まであがってシーズン
2016/12/15ヨーロピアンツアー公式

2016年ヨーロピアンツアー年間最優秀選手はステンソン

後半だけで4勝を挙げて世界ランキングのトップ10に上り詰め、ヨーロピアンツアーの意義を良い形で示してくれたアレックスノレンなど、多くの優秀な候補者がいました」。 「しかし、2016年で最も傑出した選手