2019/10/17日本オープン

好リカバリー実らず 石川遼はショット低調で72位

ダブルボギー。左バンカーの“目玉”のライからの2打目が、わずかにグリーンに届かずラフに。アプローチを1mに寄せながら、ボギーパットを外した。 1W以外のクラブを握っても、ティショットが左に曲がるケースが多かっ
2019/10/16日本オープン

6817ydをワイドに 石川遼の古賀GC攻略のカギ

上りのアプローチになる。下手に手前から50ydを残すよりはいいかもしれない」。狭いコースをワイドに使う視野とマネジメントも求められそうだ。 予選ラウンドはディフェンディングチャンピオンの稲森佑貴、賞金
2019/10/16ザ・CJカップ

3年目の米韓ツアー共催「CJカップ」ってどんな大会?

ほか、アプローチショットによる的当てや、子供も楽しめる小さなパターコースが設置されている。 コース内の設営物は、“本場”の米国開催大会に負けないスケールの大きなものだ。リゾートコースならではの広大な敷地
2019/10/11ブリヂストンオープン

藤田寛之が船長に 釣り旅か、それとも「ZOZO」か

。「最大のピンチ」だった後半4番は、第2打でアゴの高いバンカーからPWで脱出。ラフからのアプローチをピンそば2mにつけ、1パットでボギーを免れ、粘り強くバーディ合戦に加わった。 今大会の上位3人は
2019/10/10スタンレーレディス

河本結が米ツアー予選会へ 来季の出場権目指す

畑岡奈紗、元世界ランキング1位の朴仁妃(韓国)と同組になった。パッティングやアプローチに悩んだ時期と重なり「100yd以内が全然違う。難しいショットを簡単に寄せてくる」と力の差を感じた。 「なっさー
2019/10/09佐藤信人の視点~勝者と敗者~

ウィークポイントは克服するべきか?見すごすべきか?

ます。バンカー越えや長いラフでない限り、ほとんどがパター。考えられる理由は2つ。ひとつはパッティングでの距離感が絶妙であること。もうひとつは、ウェッジでのアプローチが大の苦手ということです。 彼が日本
2019/10/07シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

開幕2連戦「優勝できると思って来た…」 松山英樹は最終日『65』

にはまだまだ」というものの、1Wのミスは左へと限定され、「感覚としては悪くない」とうなずいた。 アプローチをタップインにつけた9番(パー5)から、チップインを決めた13番(パー5)まで5連続バーディと
2019/10/06シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

「何を持っても…」松山英樹は最終日へショット修正2時間

からはどうしようもない状態だった」と打ち明けた。「何を持っても、まっすぐ飛ぶ気がしなかった。アプローチでも、ミスをしそうな雰囲気が出ていた」という。 209ydの第2打を6Iでピンに絡めた16番(パー
2019/10/05日本女子オープン

ドライバーも復調 大里桃子が首位浮上

出た大里桃子が4バーディ、ボギーなしの「68」でプレー。通算15アンダーで畑岡奈紗と並び、首位へ浮上した。「スコアのことはあんまり考えてなかった。後半はアプローチがうまく寄ってくれて耐えることができた
2019/10/05シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

小平智 2週連続予選落ちも“日本”へ前向き

ホール目の11番で、2打目をグリーン奥にこぼした。砲台状グリーンのショートサイドに切られたピンへのアプローチは、ラフから1回、コレクションエリアからもう1回、手前へと戻ってきて結局5オン2パットの
2019/10/04トップ杯東海C

際立つ安定性と未勝利のはざまで 今平周吾が首位ターン

2打目はグリーン手前に落としたが、これもアプローチで寄せてパーでしのいだ。 前週までの今季15試合で10回のトップ10に入り、前週の「パナソニックオープン」を含めて2回の2位フィニッシュを記録。途中
2019/10/04シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

松山英樹が続ける1Wの探求 きょうのナイスショットは『1/3』

2.5mのバーディパットがカップに蹴られ、17番(パー3)も下りスライスの3mが曲がらずにカップの左を通り抜けた。クッションを使ったアプローチが予想以上に止まってしまい、16番(パー5)もチャンスを
2019/10/03進藤大典ヤーデージブック

ラスベガスのイーグルチャンス 砂漠地帯で飛距離を読め

計算した繊細な3打目になるでしょう。グリーンは中央部分が一番近く、左右にふられると、フェアウェイからは遠くなる形状。正確な距離感が求められます。 特にピンが右側に立つ日は、グリーン左奥からアプローチ
2019/09/30

米澤蓮と桂川有人 首位スタートから流れに乗れず

の1番を挙げた。1Wでの1打目を左のラフに落とし、2打目もピン奥のラフへと転がっていった。アプローチで寄せ切れず、2パットのボギーを喫した。「追い詰められていく中で、決めきれない自分の弱さが非常に
2019/09/29パナソニックオープン

今平周吾2位 石川遼3位「武藤さんがすごすぎる」

アゲンストの風に当てていこうとしたら、引っかかってしまった」。深いラフにはまり、アプローチミスが続いてダブルボギーをたたいた。 「6番までは競っていけるかなと思っていましたけど、7番のダボで武藤さんに
2019/09/29ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン

カッチーン連発 渋野日向子は3連続ボギーで22位

作り出せず後半に失速した。 20ydのアプローチを残した11番(パー3)は4mを外した。グリーン奥のバンカーから3mに寄せた12番では「(第3打は)良い感じで打てたけど、パットがかすりもしなかった」と