2016/05/16江澤亜弥のストレッチ先生

[PR] vol.2 疲れにくいストレッチ

アドレスの姿勢もなんだか張りを失って、いかにもミスショットしそうなムードです・・・。今回のテーマは疲れにくい体をつくるストレッチ。足に疲れを感じる前に、こまめにストレッチ!さあ、リズムに合わせて先生
2015/12/23サイエンスフィット レッスン

テークバックの"2時間"で大きく変わる!

フェースが開く人、体が突っ込む人・・・ 多くのアマチュアのスイングの問題点を突き詰めていくと、大半の原因はアドレスを6時とした、8時までのテークバックが乱れていることにあります。6時から8時まで
2016/01/20女子プロレスキュー!

“「ライン出し」で狙い打ち!” 井上希

.01】 フォローを「肩の高さ」で止める! アドレスではクラブを短く持ち、スタンスもやや狭め。そしてポイントなるのがフォローです。インパクト以降はずっとフェース面を変えないように、ヘッドが腰の高さにき
2016/02/24女子プロレスキュー!

“ショートパットは外さない!” 山村彩恵

終わりの中途半端なフォローでは、ボールの転がりが悪くなり、カップに蹴られることも少なくありません。しっかりフォローを出すための練習として、アドレスの状態からそのままボールを押し出すドリルを試してみて
2016/01/21サイエンスフィット レッスン

頭が動かないと飛びません!

。もっと、上体を十分に回していきましょう。 スイング軸を保つために意識すべきは、右膝です。アドレスで軽く曲げた右膝が、伸びきってしまわない範囲で、曲げた角度を保って、上体を回すこと。意識するのは右膝だけ
2015/12/09サイエンスフィット レッスン

2つのアクションでトップの位置が自然に決まる!

アドレス時のクラブの位置を6時として、8時まではおヘソだけを回すこと。 8時からトップまでは、体も回り続けますが、そこにコックが入り、クラブヘッドを上げる動作を加えていきます。これがアクション2です
2015/08/19サイエンスフィット レッスン

確かなテークバックにするたった2つのポイント

常です。ハーフバックやトップといった、特定の部分の形を意識するのではなく、テークバックの本質的なアクションを知るべきです。 テークバックは2アクション テークバックはアドレス時を6時とした8時までと
2016/01/14サイエンスフィット レッスン

リバーススイングはこう直す!

な人は、右のお尻を真後ろに動かす感じでもOK。ポイントは、アドレスで曲げた右膝の角度が伸びきらない範囲で腰を回すことです。 では、今回のレッスンのポイントを動画で御覧ください! 右にスウェーしている
2015/11/25サイエンスフィット レッスン

引っ掛けを嫌うほど引っかかる理由

れて当然。特に、ダウンスイングで修正の効かないショートアイアンになるほど、引っ掛けが強くなるものです。 スイングのデータ分析でも、引っ掛ける要素が明確に分かりますが、アドレスを見るだけでも、ハンド
2016/03/02女子プロレスキュー!

“上り下りのグリーン攻略” 山村彩恵

保ちやすくなります。また、両肩のラインも地面と平行になりやすく、正確なアドレスが取りやすかったり、左手が下となることでフォローが低く出しやすく芯に当たりやすかったりします。 どちらのグリップも上り下り
2010/11/02サイエンスフィット

コースでなぜミスる?コースの落とし穴 アドレス編

ホールを終える…。そんな、コースで頻発するミスを一つ一つ徹底検証。今回は、アベレージゴルファーが特に陥りやすい、アドレスの罠について、ラウンドレッスンでじっくり考察いたします! 【撮影協力】フォレスト鳴沢
2016/02/04サイエンスフィット レッスン

コースで陥りやすいミスを撲滅!(前編)

れるところはアドレスです。前編では、アドレスのお話を中心にしつつ、シチュエーション別に、もっとも陥りやすいミスを撲滅するためのポイントをご紹介していきます! 右サイドの視界が狭まっていませんか
2015/06/10サイエンスフィット レッスン

右腕のたたみ方のイメージを改めよう!

右肘のたたみ方を正しテークバックを改善! サイエンスフィットでは、テークバックをとてもシンプルに考えています。ポイントは2つだけ。1つは、アドレス時の正面を6時としたとき、8時までのわずか2時間を
2015/05/13サイエンスフィット レッスン

大型ヘッドでつかまらない人は・・・

、インパクトの瞬間のフェースの開きを直ちに改善するには、単純にトップでのフェース向きを変えてしまえばいいのです。トップの状態でグリップを回して、フェースが真上かやや体の正面方向に傾く向きに直して、またアドレス
2010/12/08サイエンスフィット

アドレスとグリップでスイング安定度UP!

ショットが左右にバラついて、特に左に引っかけることに悩むのが今回の受講者。スイングでの体の使い方は、一見すると良いが、なぜかショットは不安定…。問題の根本は、アドレスとグリップという、とてもシンプル
2015/10/07サイエンスフィット レッスン

ヘッドスピードが今ひとつな場合

グリップを、アドレス中に絶対握り直さないことがポイントです。 アドレスも自然に変わります! シャットフェース・グリップ法で握ると、左グリップに対するフェースの向きが、少し閉じた状態になり、トップではフェース