2018/05/06テキサスLPGAシュートアウト

デンマークの24歳が暫定首位 上原彩子は5打差

ラウンドをホールアウトできないまま、最終日を迎える。 ニコラ・ラーセン(デンマーク)が14ホールを終えて、7アンダーとし暫定首位に立った。1打差の6アンダーでアディティアショク(インド、14ホール終了)とギャビー・ロペス(メキシコ、11ホール終了)が続いた。 上原彩子は1アンダーで最終ラウンドに臨む。