2019/12/07香港オープン

抗議活動で延期 「香港オープン」2020年1月に開催

欧州ツアーアジアンツアーは6日、香港の反政府デモによる影響で延期になっていた「香港オープン」(香港GC)を、2020年の1月9日から12日までの4日間にわたり開催すると発表した。 61回目の開催と
2019/12/06アフラシアバンク・モーリシャスオープン

大混戦の幕開け 水野眞惟智は35位スタート

◇欧州&アジアン◇アフラシアバンク・モーリシャスオープン 初日(5日)◇ヘリテージGC (モーリシャス) ◇7111yd(パー72) インド洋に浮かぶ島国モーリシャスで開幕した大会初日は大混戦の
2019/12/03アフラシアバンク・モーリシャスオープン

舞台はモーリシャス 欧亜共催に水野眞惟智が出場

◇欧州&アジアン◇アフラシアバンク・モーリシャスオープン 事前情報◇ヘリテージGC (モーリシャス) ◇7111yd(パー72) 欧州ツアーアジアンツアーの共催競技が5日(木)から4日間…
2019/11/30GDOEYE

はじまりは手作りのゴルフ場 クウェイルの原風景

入る。 193㎝の長身から繰り出される300yd級の1Wショットが一番の武器。プロ2年目の2018年に日本ツアーに参戦し、まだ優勝がない。昨年の「中日クラウンズ」での2位タイ、アジアンツアー「フィジー
2019/11/24サバマスターズ

4人のプレーオフで決着 水野眞惟智は39位

アジアンツアー◇サバマスターズ 最終日(24日)◇スーテラハーバーG&CC (マレーシア)◇6902yd(パー71) 通算13アンダーで首位に並んだ4人によるプレーオフとなり、2ホール目で決着を
2019/11/21サバマスターズ

20年ぶりに昇格のマレーシア大会 日本勢3人が出場

アジアンツアー◇サバマスターズ 事前情報◇スーテラハーバーG&CC (マレーシア)◇6902yd(パー71) 21日(木)から4日間、今季3試合目となるマレーシア大会が開催される。舞台は
2019/11/20ISPS・ハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメント

41万円差で逆転賞金王のウィラチャン お気に入りは成田と水戸

』と。きのうはバーディが1つもなかった(ホールインワンは達成)。きょうにとっておいたんだ」とカムバックに成功した。 レギュラークラスのアジアンツアーで2回、タイツアー1回に続く賞金王のタイトルとなり
2019/11/18パナソニックオープン インディア

韓国の17歳キム・ジュヒョンが優勝

アジアンツアー◇パナソニックオープン インディア 最終日(17日)◇クラシックG&CC (インド)◇7114yd(パー72) 54ホール競技に短縮され、18ホールの決勝ラウンドを行った。17歳の
2019/11/16パナソニックオープン インディア

第1ラウンドが終了 水野眞惟智は39位で週末へ

アジアンツアー◇パナソニックオープン インディア 2日目(15日)◇クラシックG&CC (インド)◇7114yd(パー72) 初日の悪天候により第1ラウンドをスタートできなかった後半組60人が
2019/11/15パナソニックオープン インディア

悪天候により変則スタート 水野眞惟智は暫定20位

アジアンツアー◇パナソニックオープン インディア 初日(14日)◇クラシックG&CC (インド)◇7114yd(パー72) 悪天候と濃霧によりスタートが4時間以上も遅れ、前半組の60人が1番、6番
2019/11/14VISA太平洋マスターズ

欧州再挑戦の情熱を胸に 宮里優作が首位タイ発進

、なかなか思うように振れなくて。スイングも変えて、クラブも替えて、迷宮入りしてました」。努めて明るい口調で振り返るが、悔しさはにじむ。 来年2月のアジアンツアーのQスクール(タイ)挑戦を視野に入れる。欧州
2019/11/13パナソニックオープン インディア

舞台はインド 水野眞惟智が出場

アジアンツアー◇パナソニックオープン インディア 事前情報◇クラシックG&CC (インド)◇7114yd(パー72) インド北部のハリヤーナー州にあるクラシックG&CCを舞台に40万米ドル(約
2019/11/10タイランドオープン

キャトリンが三つ巴のプレーオフ制す 水野眞惟智は19位

アジアンツアー◇タイランドオープン 最終日(10日)◇タイCC(タイ)◇7198yd(パー71) 通算11アンダーの首位で並んだ3人のプレーオフを米国のジョン・キャトリンが制した。最終ラウンドは3
2019/11/10タイランドオープン

チャウラシアが首位タイ 水野眞惟智26位

アジアンツアー◇タイランドオープン 3日目(9日)◇タイCC(タイ)◇パー71 ともに首位と1打差の3位で出たSSP.チャウラシア(インド)とアンドリュー・マーティン(オーストラリア)が「68」で