2019/05/12topics

ウェッジの選び方は? 最新マトリックス図を一挙公開

跳ねてしまいスピン量が減ることがあります。そのため、バウンス低めやソール幅が狭いウェッジを選ぶと良いでしょう」 フェースの溝は消耗品 メッキ加工のあるなしも判断材料に スピン量を決めるもうひとつの要素
2019/05/28優勝セッティング

アプローチが安定 勝みなみの優勝ギア

オープンレディース」からクラブの変更はなし。3日間で最も活躍したクラブについては「PW」と語った。最終日17番2打目122ydから、続く18番2打目123ydからそれぞれ3mにつけてパーセーブした
2019/10/26クラブ試打 三者三様

NSプロ 950GH neo/ヘッドスピード別試打

105』に近いナチュラルなしなり感。ただ、全体的な印象は『950GH』の軽快感そのままで、インパクトの感じはまた『モーダス3』 シリーズに近い操作性の良さを感じます」 ―いろいろなもののミックス
2019/06/04マーク金井の試打インプレッション

ソフトな打感と飛距離性能が両立「キャロウェイ APEX アイアン」

しなやかなしなり感を味わえる。シャフト全体の剛性はそれほど高くなく、ヘッドスピードがそれほど速くない人、ダウンブローに打ち込まない人の方が、挙動をコントロールしやすいだろう。 ヘッドの大きさはやや小ぶり
2015/01/21シャフトでこんなに変わるんだ!

女性もフィッテングで飛ぶようになる!

・テーラーメイド 初代グローレ 純正シャフト GL450 R やや長さのあるクラブを、誰でも打てるように設計された穏やかなしなりを見せるシャフト。しなり量も適度でそこまで大きくない ■おすすめシャフト4本の特長
2019/07/27クラブ試打 三者三様

シュアアウト2 ウェッジ/ヘッドスピード別試打

、「楽に高さが出てくれるので、どんな状況でも距離感を合わせやすい」と“万能型”に1票。HS50台の万振りマンは、「バウンスが砂に弾かれてバンカーショットでも距離が出すぎてしまう…」と“どちらもなし派”に
2019/03/09ツアーギアトレンド

再起をかける原江里菜 クロー専用グリップに好感触

」と5mのチャンスを決めたほか、最終9番では7mを沈めるバーディフィニッシュ。3バーディ、ボギーなしの「69」にまとめ、通算4アンダーの3位と首位争いに加わった。 昨年末のファイナルQTトップ通過により
2019/03/29ツアーギアトレンド

弟にパターを抜かれ…河本結は新スタイル決意で2位発進

一日だった」とボギーなしに笑みを浮かべた。 球の転がりに不安を覚え、開幕前の27日(水)に用具契約を結ぶキャロウェイの担当者から新たにオデッセイ トゥーロン アトランタ パターを受け取った。今大会で
2019/05/04クラブ試打 三者三様

NSプロ レジオ フォーミュラ M+/ヘッドスピード別試打

難点を挙げた。 それぞれのスイングタイプで、異なるレビュー内容。三者三様のインプレッションは次頁からチェックしよう。 西川みさと「手元が硬くてしなりにくい」 ―率直な印象は? 「手元が硬くて、全体的なし
2019/03/30クラブ試打 三者三様

M6 ドライバー/ヘッドスピード別試打

振りやすいです」 ―見た目の違いは? 「見た目はほとんど一緒で、違いはありません。ただ、心なしかちょっと『M6』のほうが大きく見える印象です。それは、『M6』のほうがやや振り心地が軽く感じられるぶん
2018/12/04マーク金井の試打インプレッション

しっかりたたけてねじれない「本間ゴルフ TW747 455 ドライバー」

小さいだけであるが、形状は体積以上に異なる。フェースは面長で、やや洋なし形状。トウ側にボリュームがあるので、フッカー好みの顔つきだ。 モデルチェンジによって変わったのがクラウンの素材。チタンよりも比重が
2018/08/14マーク金井の試打インプレッション

力強いしなり戻りで飛距離アップ「UST マミヤ ジ・アッタス」

。ワッグルした時と同じく、切り返しで手元はあまりしならない。ただしガチガチに硬いというのではなく、ほんのわずかなしなりは感じ取れる。 ダウンスイングの途中から後半にかけてのシャフトのしなり量は控えめだ
2014/05/27マーク金井の試打インプレッション

ナイキ VR_S コバート 2.0 ツアードライバー

からも高い評価を獲得している。その高評価の中身を具体的にクラブアナリストのマーク金井が徹底試打検証する。 ・左のミスを避けたいフッカー ・洋なし形状のヘッドが好きな人 ・弾道調整機能を求めるゴルファー
2010/06/08マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド バーナー スーパーファスト ドライバー

。ディープフェース効果で、有効打点距離(スイートスポットからフェース上端までの距離)が長そうだ。メーカー側の意図通り、低スピンで飛ぶ弾道がオートマチックに打てる。 直進性の高さも文句なし。ややフックフェース