2018/03/01HOTLIST2018

パワフルで伝統的な打感 ウィルソン D300 アイアン

ウィルソン D300 総評 特大サイズのD300には、C200アイアンで初めて実用化された“パワーホール”と呼ばれるフェースのたわみを向上させる機能が、トップラインからトウ、そしてソールにかけて使用されている。この穴により、ボディとフェースが接触するエリアがわ…
2018/03/01HOTLIST2018

上級者が求める打感 スリクソン Z765 アイアン

スリクソン Z765 総評 数値化し難い打感の特性を進化させようという試みは、ときとして無駄な抵抗に終わることがあるかもしれない。しかし、Z765アイアンは1020カーボン・スチール製のキャビティバックに新しい熱処理を加えることで、上級者が求める打感を実現した…
2018/03/01HOTLIST2018

100ドルでダーク仕様に PXG 0311T アイアン

PXG 0311T 総評 背面のウェートは見た目が良く、機能的役割も果たしているが、このクラブのテクノロジーの重要性は内部構造にある。エラストマー(弾力ゴム)が注入された中空構造にすることで、PXGの技術者たちは、弾力性の高い薄くて強じんなスチール製フェースを…
2018/03/01HOTLIST2018

ソフトな打感とかたい打音 テーラーメイド P770 アイアン

テーラーメイド P770 総評 稼ぐためにプレーをしていなくてもP770の恩恵に授かることはできる。3番から7番の軟鉄鍛造のクラブヘッドには、背面キャビティとソールにたっぷり70グラムある2ピースのタングステン製ウェートを配置。高弾道と寛容性の向上を実現してい…
2018/03/01HOTLIST2018

ゴージャスなクラブ ピン i ブレード アイアン

ピン i ブレード 総評 極薄フェースに注目が集まるが、背景にある技術は同様に重要である。フェースを薄くすればするほど、打音と打感を妥協しなければならなくなるため、ピンの技術者はエラストマー(弾力ゴム)のインサートでヒールからトウにかけたフェースの広いエリアを…
2018/03/01HOTLIST2018

匠の技を結集 ミズノ ミズノプロ 518 アイアン

ミズノ ミズノプロ 518 総評 ミズノの研究開発チームが3年間、比類ないレベルの匠の技を発揮した結果が、MP-18ファミリーで最も技術的に洗練されたこのアイアンである。ミズノはチタン鍛造をカーボン・スチール製のヘッドに取り入れることで、寛容性を高める重量配分…
2018/03/01HOTLIST2018

本物の上級者向け キャロウェイ X フォージドアイアン

キャロウェイ X フォージドアイアン [総評]] 新たな着想ではなく新たな実行をという格言が、正に当てはまるクラブだ。このクラブをXフォージド2013年モデルの“生まれ変わり”と位置づけたキャロウェイは、5年間にわたりその性能が実証されてきた一体成形型鍛造アイ…
2018/03/01HOTLIST2018

とにかく飛んだ ブリヂストン ツアーB X-CB アイアン

ブリヂストン ツアーB X-CB 総評 ツアーB-X-CBは、伝統的ルックスとコンテンポラリーな技術が効果的にミックスされている。1020カーボン・スチールで鍛造されたアイアンには、フェースの裏にウェートパッドがあり、打感の良さを高めている。ロフトは上級者向け…
2018/03/01HOTLIST2018

豊かな操作性と低重心 エポン AF-303 アイアン

エポン AF-303 総評 他人にバッグをのぞかれ、何を使っているのかと思わせるのを楽しむマイナー志向の上級者は一考すべきクラブである。アスリート向けのアイアンとしては、ソールの幅は広い方だが、トップラインはアスリート向けクラブとして矛盾している点はない。また…
2018/03/01HOTLIST2018

飛距離と精度をバランス良く ウィルソン FG ツアー V6 アイアン

ウィルソン FG ツアー V6 総評 今日的なアスリート向けアイアンは、飛距離と精度という、両立させるのが難しい特性に焦点が絞られている。FGツアーV6アイアンは、複数の素材を使い、番手毎に最適な重心位置を定めることで、このバランスが良く取れている。3番、4番…
2018/02/27マーク金井の試打インプレッション

中空構造ならではのやさしさ「タイトリスト 718 AP3 アイアン」

タイトリストから昨年発売された「タイトリスト 718 AP3 アイアン」は、アスリートゴルファーに人気の「AP2アイアン」に、さらなる飛距離と許容性を両立させて大ヒットしているようだ。マーク金井が試打し、アマチュアゴルファー目線でインプレッションする。 ・飛距…
2018/02/13マーク金井の試打インプレッション

シャープな見た目でミスに寛容 「タイトリスト 718 AP2 アイアン」

世界中のツアープロが使用し、日本のアスリートゴルファーにもファンが多いタイトリストのAPシリーズ。昨年発売された新モデル「タイトリスト 718 AP2 アイアン」はプロが求める操作性に加え、寛容性をさらに追求したという。マーク金井がその性能を探るべく試打を敢行…
2018/02/07topics

クラブは“顔”が命! 2018年 最新アイアン9本

弾道をイメージさせる “顔”に注目 年明けから続々と新製品がリリースされる中、アイアンを選ぶにあたり、構えたときの“顔”を重視する人は多いはず。そこで今回は2018年1月から2018年4月までに発売された(る)アイアンの構えた時の画像を集めてみた。 キャロウェ…
2018/02/06マーク金井の試打インプレッション

飛距離プラス高い操作性「ブリヂストン ツアーB JGR HF2 アイアン」

飛距離モンスターというキャッチコピーにふさわしい「ブリヂストン ツアーB JGR HF1 アイアン」は、圧倒的な飛距離が欲しいゴルファーに人気だが、兄弟モデルの「JGR HF2 アイアン」は飛距離に加え、打感と操作性も高いレベルで両立させたことでセミアスリート…
2018/01/30マーク金井の試打インプレッション

安心感のあるぶっ飛び 「ブリヂストン ツアーB JGR HF1 アイアン」

飛距離モンスターのキャッチフレーズで大ヒットした、ブリヂストンのツアーB JGRシリーズ。同シリーズの「HF1 アイアン」がブリヂストンのアイアン史上、最高の飛距離性能だと話題になっている。マーク金井がその噂の飛距離を検証すべく試打を敢行し、どんなゴルファーに…
2018/01/26ギアニュース

ロフトは立てすぎない ピン G700アイアンが4月に発売

コースで使える“飛び系アイアン” ピンゴルフジャパン(本社・埼玉県戸田市)は、「G700 アイアン」を4月5日に発売すると発表した。同社がこれまでに取り込めていなかった飛距離を求める50歳以上のゴルファーを狙う。 “飛距離アップ”は前提条件だが、アイアンに求め…
2018/01/24新製品レポート

フォージドなのに飛び系 プロギア egg アイアン PF

スッキリとした形状でも高弾道で飛ばせる 【ミーやん】 前回は『egg アイアン PC』を試打しましたが、今回は兄弟モデルの『egg アイアン PF』を試打します。こちらはS45Cの軟鉄鍛造ボディに、薄肉のニッケルクロムモリブデン鋼をフェース素材に採用したモデル…
2018/01/21新製品レポート

7番で200yd超え! プロギア egg アイアン PC

球がつかまって上がる、超・飛び系アイアン 【ミーやん】 egg(エッグ)シリーズのアイアンには、飛びを追求して開発された2モデルが用意されています。今回試打するのは、ラージヘッドで深いポケットキャビティが特徴の『egg アイアン PC』です。7番アイアンでロフ…
2018/01/18ギアニュース

池田の新アイアン「EZONE CB 501 フォージド」は3月発売

ヨネックス(東京都文京区)は「EZONE CB 501 フォージド アイアン」を3月下旬に発売すると発表した。前週行われた欧州アジア対抗戦「ユーラシアカップ」で池田勇太が使用したモデルだ。 以前から同社の「N1-CB フォージドアイアン」を使用していた池田は「…
2018/01/16マーク金井の試打インプレッション

硬派ながら柔らかな打感 「ミズノプロ 518 アイアン」

ミズノではプロモデルというとMPシリーズが有名だが、ミズノプロブランドが復活し、新たなアイアンが3種類発売された。打感、構えやすさ、やさしさのチタンマッスル構造が大きく進化した「ミズノプロ 518 アイアン」をマーク金井が徹底試打。硬派だが打ちやすいというその…