ニュース

米国男子WGCフェデックス セントジュード招待の最新ゴルフニュースをお届け

東京五輪直後の松山英樹は26位 イングリッシュが初優勝の地で首位発進

◇世界選手権シリーズ◇WGCフェデックス セントジュード招待 初日(5日)◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7233yd(パー70)

2020―21年シーズン最後の世界選手権シリーズが開幕。今季2勝のハリス・イングリッシュがコースレコードにあと1つに迫る「62」をマークし、8アンダーの単独首位でスタートした。2013年にツアー初優勝をマークしたコースでWGC初タイトル獲得への期待が膨らんだ。

<< 下に続く >>

6アンダーの2位にジム・ハーマンマシュー・ウルフイアン・ポールター(イングランド)に加え、前週「東京五輪」に出場したカルロス・オルティス(メキシコ)が並んだ。

前回大会を制したジャスティン・トーマスは3アンダーとしてコリン・モリカワルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)ら13人が並ぶ13位で初日を終えた。

東京で惜しくもメダル獲得を逃し、米国にとんぼ返りした松山英樹は4バーディ、2ボギーの「68」で回り、2アンダーの26位で滑り出した。金メダリストになったザンダー・シャウフェレは最終18番でバーディを奪い1アンダーの36位。

「日本ツアー選手権 森ビル杯」優勝により出場の木下稜介は2バーディ、6ボギー「74」で4オーバー。66人のうち64位と出遅れた。大会は全選手が4日間プレーする。

2021年 WGCフェデックス セントジュード招待 初日 松山英樹 ハイライト
2021年 WGCフェデックス セントジュード招待 初日 松山英樹 ハイライト
この動画は日本国内のみで視聴が可能です。US
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 WGCフェデックス セントジュード招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!