ニュース

米国男子WGCフェデックス セントジュード招待の最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹、シャウフェレら五輪→WGC連戦 世界1位ラームは欠場

◇世界選手権シリーズ◇WGCフェデックス セントジュード招待 事前情報◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7233yd(パー70)

プレーオフ3試合を目前に控え、今季最後の世界選手権シリーズ(WGC)が5日(木)に開幕する。2年前は「全英オープン」翌週、昨季は「全米プロ」前週とメジャーと隣り合わせだったカレンダーもオリンピックイヤー仕様。前週「東京五輪」に出場していた各国の代表選手が休む間もなくテネシー州メンフィスへ飛んだ。

<< 下に続く >>

金メダルに輝いたザンダー・シャウフェレ、銅メダルをかけたプレーオフに敗れたコリン・モリカワロリー・マキロイ(北アイルランド)、松山英樹ポール・ケーシー(イングランド)、前年覇者ジャスティン・トーマスといったビッグネームが2週続けて予選カットのない4日間競技を戦うことになった。

昨年78人だったフィールドは66人に。米国代表として来日するはずが、新型コロナ陽性と判定されて欠場を余儀なくされたブライソン・デシャンボーが復帰した。一方で6月以来、自身2度目の陽性が出ていた世界ランキング1位のジョン・ラーム(スペイン)は五輪に続いて欠場。世界ランキングトップ50以内ではラーム、クリスティアン・ベゾイデンハウト(南アフリカ)の2人だけが不在となる。

日本からは木下稜介も「日本ツアー選手権」優勝の資格で参戦。初の海外メジャーだった3週前の「全英」後にそのまま渡米し、前週から会場のTPCサウスウィンドでも調整。WGCデビューを果たす。

<主な出場予定選手>
ジャスティン・トーマスポール・ケーシーブライソン・デシャンボートミー・フリートウッドビクトル・ホブランダスティン・ジョンソン木下稜介ブルックス・ケプカ松山英樹ロリー・マキロイフィル・ミケルソンコリン・モリカワパトリック・リードザンダー・シャウフェレジョーダン・スピースジャスティン・トーマス

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 WGCフェデックス セントジュード招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!