ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 全英オープン
期間:07/18〜07/21 ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)

シェーン・ローリーが逃げ切り メジャー初制覇

◇メジャー第4戦◇全英オープン 最終日(21日)◇ロイヤルポートラッシュ(北アイルランド)◇7344yd(パー71)

2位と4打差の首位から出たシェーン・ローリー(アイルランド)が4バーディ、5ボギーの「72」でプレー、通算15アンダーで後続に6打差をつけて逃げ切り、メジャー初優勝を果たした。アイルランド勢の全英オープン優勝は2007、08年に大会連覇したパドレイグ・ハリントンに続く2人目。68年ぶりに北アイルランドで開催された大会でクラレットジャグを手にした。

最終18番で短いウイニングパットを決めると両手を突き上げた。周辺を埋め尽くした熱狂的なギャラリーから「オーレ、オレオレオレー」の大合唱が起きた。午後に一時強い雨が降り、突風が吹き荒れたが、前半を3バーディ、3ボギーのイーブンパーで折り返した。後半15番のバーディで後続に6打差をつけると勝利を確信。18番グリーンに向かう途中でキャディと抱き合い、満面の笑みを浮かべてギャラリーに応えた。

6打差の2位にトミー・フリートウッド(イングランド)、通算7アンダー3位にトニー・フィナウが入った。

2人が決勝ラウンドに進んだ日本勢は、ともにメジャー初出場の浅地洋佑が「76」で通算6オーバー67位、稲森佑貴は「80」と大きく崩れ、通算9オーバーで72位に終わった。

<上位成績>
優勝/-15/Sh.ローリー
2/-9/T.フリートウッド
3/-7/T.フィナウ
4T/-6/L.ウェストウッドB.ケプカ
6T/-5/R.マッキンタイアT.ハットンD.ウィレットR.ファウラー

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。