ニュース

米国男子フェデックス セントジュードクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ダスティン・ジョンソンが6打差圧勝 劇的イーグル締め

◇米国男子◇フェデックス セントジュードクラシック 最終日(10日)◇TPCサウスウインド(テネシー州)◇7244yd(パー70)

首位タイから出た世界ランク2位のダスティン・ジョンソンが1イーグル3バーディ、1ボギーの「66」でプレーし、2位に6打差をつける通算19アンダーで圧勝した。1月の「セントリートーナメントofチャンピオンズ」以来となるツアー18勝目を挙げ、次週のメジャー「全米オープン」に弾みをつけた。

ウィニングパットのない勝利だった。ジョンソンは後続に4打差で、最終18番を迎えた。右のファーストカットから放った残り170ydからの第2打はピン手前に着弾し、2バウンドしてカップに入った。劇的なイーグル締めにギャラリーは総立ちで拍手。ジョンソンは「なんてクールな終わり方なんだ」とほほ笑んだ。

アンドリュー・パットナムはツアー初勝利を目指し、首位タイから出たものの、スタートホールの1番でダブルボギーをたたくなど、「72」と伸ばせず、通算13アンダー2位。通算8アンダー4位にスチュワート・シンクリッチー・ウェレンスキが続いた。

49位から出たフィル・ミケルソンは「65」と伸ばし通算6アンダー12位。10位で出たブルックス・ケプカは「73」と落とし30位で終えた。

関連リンク

2018年 フェデックス セントジュードクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~